仕事の悩み

会社で仕事が暇なときにすることは?会社への貢献か時間つぶしのどちらを選ぶかで未来も変わる

  • 仕事がなく、暇でつらい。暇なときにすることってあるの?
  • 仕事がひまな時、どのように過ごしたら良いかがわからない
  • 会社でネットサーフィンとかするとばれるの?

こんな質問や悩みにお答えします。

この記事を読めば、暇なときこそネガティブではなくポジティブな考え方をしていくことが重要ということがわかります。

 

僕自身も仕事が少なく暇な会社で働いていたこともありますし、会社の中で仕事が与えられずにぼーっとしている社員も何人も見てきました。

そしてその暇な時をどのように過ごしていくかによって、その人に対する評価や、その後の会社での立ち位置が大きく異なってしまうという事がわかってきました。

仕事がなかった人がその間に前向きに取り組むことによって、会社に認められて一部署のマネージャーになった人もいます。

逆に暇なときにネガティブな考えしかせずにネットサーフィンをしたり、ネットゲームをしたりして社内ニート化してしまい、二度と上に引き上げられないような立場になってしまった人もいます。

会社で仕事がない、暇でやることがない、そんな時こそ、その人の真価が問われてきます。

 

仕事がなく暇になる人や会社の特徴・原因

仕事がなく暇な場合というのは色々なパターンがあります。

もちろん自分自身に責任がある場合もありますが、実はそうでない場合も多くあります。

まずはなぜ仕事がない状態、暇な状態になってしまうかを見ていきましょう。

仕事が少ないのに対し人が多い

会社では人員の確保が繁忙期を基準にしている場合が多くあります。

繁忙期に人手が足らなくなってしまったときに人員を確保するとなるとかなりリスキーになってしまうため、そうならないように繁忙期にうまくまわるか、もしくはギリギリまわるくらいの人員を確保します。

そのため閑散期になってくると逆に人手が余ってしまうようになり、暇な社員が出てきてしまうのです。

その時は仕事の奪い合いになってしまいがちなのですが、権力のある社員が仕事を独り占めしてしまうため、末端の社員、派遣スタッフなどが仕事がなくなったり暇になったりしてしまいます。

会社の運営状況が悪くなってきている

会社の経営が好調な場合はオーバーワークになるのを防ぐため、業務の拡張を行うために積極的に人を雇うようになります。

ただ業績というものは常に右肩上がりとはいかないものです。

ちょっとした景気の変動で不景気になったり、受注量が激減してしまって仕事量が少なくなってしまうこともあります。

それでも会社としては簡単にクビを切るようなことができないため、どうしても仕事が回らない社員やスタッフが出てきてしまうことになります。

こういった場合一時的なものであれば問題はありませんが、1年2年も同じような状況が続いているという場合は、その業界や会社の将来性などをしっかりと見極めることが重要になってくるでしょう。

仕事の処理スピードが速すぎる

仕事が暇で悩んでいる人に多いのが、その企業にとって優秀すぎる人です。

新しく入社してきた人に対しては、過去に入社してきた人がこなしてきた平均的な仕事量を分担させる事が多いですが、優秀な人というのは処理能力も高く、簡単に仕事を終えてしまうという場合も少なくありません。

もし同期のメンバーと比べてみて、自分に与えられる仕事量が特段少ないというわけでないのであれば、そこまで仕事が少ないということを気にすることはありません。

それはあなた自身が優秀であることの証明です。

ただそこで空いた時間を使ってネットサーフィンとかネットショッピングとかしたりすると問題になってきます。

処理速度が高いということが仇になって自分にブーメランのように帰ってきてしまう場合もありますので、その点は気をつけましょう。

上司が優秀すぎる・もしくは無能のいずれか

よくあるパターンの一つが上司が優秀すぎる、もしくは無能すぎるパターン。

上司が優秀なのか無能なのかは実は紙一重なところがあって、

  • 仕事はできるけど、人に仕事を任せるのが苦手
  • 全ての仕事を自分でかかえてしまう
  • 人を信頼できず、自分でやらないと気がすまない

上記のようになっている場合も少なくありません。

部下としては仕事を回してほしいと思っていますが、自分1人でその仕事をかかえてしまっているパターンです。

プレイヤーとしては優秀だった人が管理職になった途端に、会社のお荷物となってしまうということも珍しいことではありません。

新人の場合

全く気にすることがないのが新人で、仕事を振られずに暇な場合。

教育システムがしっかりと構築されている場合はそうなることはありませんが、中小企業では自分の仕事をしながら新人教育をしていくというところも少なくありません。

新人の教育だけに手をかけている暇はありませんので、どうしても新人の手が空いてしまう場合も出てきます。

「時間が空いてボーッとしていると周りから変な目で見られるんじゃないか?」

なんて思ったりしますが、そんなことはありませんので心配することはありません。

ただ与えられた仕事が終わったのに、終わっていないフリをしていると

「あいつはトロい社員」

「あいつは処理能力が小学生以下」

なんて陰口を言われることになったりしますので、作業が終わったということをアピールすることだけは忘れないようにしましょう。

会社・上司に嫌われている場合

もちろん会社や上司から嫌われていて、仕事が与えられないということもあります。

またやる気がない社員と思われている、完全な戦力外としてしか考えられていない、会社のお荷物としか見られていないという場合もあったりします。

この場合、あなたに何かしらの問題行動があった可能性もあります。

一度崩れた信用、信頼というのはそれを立て直すためにはかなりの苦労が必要になってきます。

まずは自分自身の過去の行動や、仕事が与えられなくなった時期・原因などを見つめ直すことも必要です。

 

暇になった際の考え方が大事になってくる

上記の通り、仕事がない、やることがなくて暇というのも色々なパターンがあるということがわかったと思います。

ここで重要になってくるポイントですが、どのようなパターンであっても後ろ向きに考えることはしてはいけないということです。

このときの考え方は以下の二通りのいずれかになる場合がほとんどです。

やる気を無くすパターン
  • 仕事がなくても誰にも相談しない
  • 時間があっても指示があるまで何もしない
  • 意固地になってこちらから積極的に仕事をもらおうとしない
前向きに考えるパターン
  • 何か仕事がないかを上司に確認する
  • 時間があれば、何か手伝えることがないか探す
  • 積極的に仕事を受けて、成長したいということをアピールする

こうしてみてみると全然違いますよね。

会社や上司から見た時にどちらの従業員に仕事を振りたいと思うかは、言わなくてもおわかりですよね。

それに会社はそういったところを実によく見ています。

会社も従業員に対して給料を支払っているわけですので、全く働かない社員にお金を払いたくはありません。

わざと仕事を与えていないという場合は実際のところそれほど多くありませんので、そういった時にどう乗り越えていくか、どう考えていくか、ということを見ているのです。

 

有効な暇つぶし方法とは?

それではここから暇な時間ができた際の有効な暇つぶし方法を紹介します。

暇つぶしというと聞こえが悪いですが、基本的には「会社の役に立つ」暇つぶしです。

後々、自分のためにもなり、また会社から感謝もされる、そんな暇つぶしをしていくことが今後のために必要になります。

仕事の復習

入社して間もない時期や、他の部署から異動してきた場合、先輩社員が忙しくて教育に手が回らないことも少なくありません。

そんな時はそれまでに教えてもらった仕事を復習し、教えてもらった仕事に関しては完璧にこなせるようにしておきましょう。

それぞれの会社独自の機械や、会計ソフト、受発注システムが導入されていることがほとんどで、まずはその使い方から覚えるというケースもあります。

こういったものは反復して作業を行うことによって身についてくるものです。

最初はメモをしたノートを見ながら作業をしますが、何も見ずに完璧にこなせるようになれば、次のステップに行くのも早くなるはずです。

先輩社員を見て仕事を覚える

キャリアの長い社員の中には、仕事を教えるということに対してあまり積極的でない人もいます。

そういう人は大体が「仕事は人から盗むもの」「仕事は自分で覚えるもの」といった昔気質の考え方をしているものです。

ただそれも一概に全てが間違っているということでもありません。

実際自分から求めていって得たものというものは身につきやすくなっていますし、それを自分なりの形に昇華させ、よりよい仕事ができるようになったりもします。

特に技術職の場合は積極的に先輩社員の動きを研究し、それを真似て、どんどんと仕事を吸収していくようにしましょう。

マニュアル作成をする

新人時代にほったらかしにされることが多い会社というのは、やる事は多いのにマニュアルがしっかり整備されていないという事があります。

そんなときに「マニュアルがない」と嘆くのではなく、「ないのなら自分でマニュアルを作ろう」と思ってみましょう。

マニュアルさえあれば新人が自分自身で勉強をしていくことができるようになるので、今後入社してくる後輩のためにもなるのではないでしょうか。

「マニュアル作りなんてなんだか大変そう…」

そう思ったりもするかもしれませんが、マニュアル作りなんてめちゃくちゃ簡単です。

これまでに先輩社員から教えてもらってノートにメモしたものをわかりやすく清書するか、文書作成ソフトで打ち込めばいいだけの話です。

それが会社の宝物になっていきますので、先輩社員から教えてもらったことは、一字一句漏らさないようにメモをするようにしていきましょう。

仕事の効率化の方法を考える

次は新人でも、ある程度経験のある従業員にも有効な暇つぶし方法です。

仕事をしていくとどうしてもムダな部分というものが出てきてしまうのが実際のところ。

作業的なムダ、時間的なムダ、経費のムダなど様々なものがあるはずです。

それらをイチから見直していくことによって、本当に必要な作業があぶり出されていきます。

もし作業の中で不必要な箇所があればどんどんそれをカットしていくべきです。

会社では新しいルールというものは作られやすいですが、その反面それまでにあったルールというものは、たとえそれが間違ったものであったとしてもなくなることなく慣習的に継続されてしまっているということもあります。

そういったムダな部分がないかを見つけて、提案していけば、上司や会社もあなたに対する見方を変えていくことになります。

他の社員に積極的に聞いていく

自分で考えることが苦手な人がいるかもしれませんが、そういった場合は積極的に人に聞くようにしましょう。

直接の上司が忙しく「後にして」とか「ちょっと待ってて」というような時は、他の社員に声をかけたとしても問題ありません。

(ただ、まずは直属の上司に一声かけるようにしましょう)

その時は

(上司の)○○さんが忙しそうで時間が出来たので何かお手伝いできることありませんか?

などと声をかけてみましょう。

他にも、

「これがあったらいいと思うものはありませんか?」

ということを聞いてみるのも良い方法です。

例えば「ファックスを送信するときの添え状をいつも手書きで書いているから、ワードで作ってみて」などの依頼をされる可能性もあります。

そういったものは仕事の効率化にもつながってくる内容ですので、他の社員に感謝されることにも繋がってきます。

困っている人がいれば積極的に動く

暇な人は暇にしていると腰が重くなってきて、フットワークが悪くなってくるものです。

時間があるときこそ積極的に動くようにしていきましょう。

誰かが何か探しものをしている、何か機械の調子が悪く困っている、など何か困りごとがあるときは積極的にクビを突っ込むようにしましょう。

「クビを出したとしても何の解決にもならないからそんなのムダ」とは思わないことが大事です。

「ちょっと工具箱もってきてもらえる?」とか「ちょっと手伝ってもらえる?」と言われることだってあるでしょう。

特に、困っているのに誰も助けようとしないような雰囲気の会社でそんな行動をする社員がいるとすれば、それは会社にとっても大事にしたい社員になるはずです。

売上げアップにつながる企画を考える

中堅社員クラスで、仕事がなくて暇すぎるという人は、何か会社の業績アップにつながる企画を考えましょう。

中堅社員になってくると自分の仕事の守備範囲が決まってしまって、それ以外のことをやりたくなくなるという傾向があります。

そこで、「暇なのは会社の売上が悪いから」と結論付けてしまえばそこで終わりです。

そんな時こそ、何か会社に貢献できるようなことを考えていってはどうでしょうか。

もしかしたらあなたの企画したものが採用されて、それがヒットして会社の業績アップにつながる可能性も十分にあります。

営業はとにかく外回り

もし営業社員で「仕事が暇でやることがない」というような人は、即刻外回りにいきましょう!

営業なら暇なんてことは基本的にはありえません。

同じ取引先でも何度も顔を出して、仕事や注文をもらえるような信頼関係を作っていきましょう。

また取引先で何か問題を抱えているのであれば、その解決のヒントとなるべきものを提案していったりする事によってより深い関係をつくることができる場合もあります。

「やることがなくて暇すぎる」といっているような営業社員は会社にとってはお抱え荷物と思われてしまいがちなので、そうならないように注意が必要です。

と言っても、外に出たのはいいものの、営業車を公園に止めて昼寝をするようなぐーたら社員にならないようにしましょう。

派遣の場合は事務作業を積極的に

派遣社員の場合は暇な時は正社員に仕事を取られてしまって、時間を持て余したりする場合があります。

そんな時は事務方の部署のリーダー的存在に何か手伝えることがないかを聞くのが効果的です。

事務のリーダーは仕事が多く年中忙しい場合が多いので、大体の場合は何かしらの仕事をもらえます。

ある程度の関係ができてこれば、優先して仕事を回してもらえるような関係性にもなってきますので、ここは積極的にいきましょう。

仕事をしていく上で役に立つ資格の勉強をする

必ず確認してから行う必要がありますが、資格の勉強をするという方法もあります。

建築関係であれば、一級建築士の資格、貿易関係であれば通関士の資格など、仕事に直結した資格の勉強をするのが好ましいです。

ただ他の人が仕事をしているにも関わらず、1人だけ資格の勉強をしているという状況をあまり好ましく思わない社員も出てきますので、必ず上司の確認をとること、そして周りの雰囲気にも注意しながら行うようにしましょう。

 

やってはいけない暇つぶし

最後に絶対にやってはいけない暇つぶしも紹介します。

どれも業務時間中にやろうと思えばできるものですが、見つかった時にどうなるかわからないというリスクが付いて回ります。

具体的には、以下のようなものです。

やってはいけない暇つぶし例
  • 転職活動
  • ネットサーフィン
  • ネットショッピング
  • 副業
  • 居眠り
  • 読書

会社によってはサーバー管理をしているところもあり、調べれば簡単にインターネット利用状況を調べることができたりします。

またもしそれが見つかった場合は、懲戒解雇としての条件を満たすことになるため、会社をクビになってしまう可能性もあるでしょう。

なによりもお金をもらって会社にいるわけですから、「給料泥棒」と言われても反論することもできない状況になってしまうことは避けるようにしましょう。

 

苦しいときは転職をするのも一つの方法

中には今回のような努力をしたとしても、何も認められないような会社もあるかもしれません。

特に「会社や上司からわざと仕事を与えられない場合」などです。

仕事を与えずに社員を孤立化させたり、精神的な苦痛を与えることは間違いなくパワハラに該当します。

また会社の業績が右肩下がりで今後の回復が見込めないような場合もあるでしょう。

そんな場合は転職をした方がやりがいのある仕事に就くことができ、そちらの方が幸せかもしれません。

社内ニート化してしまっていたり、長期間にわたり上司からの仕事が与えられないという苦痛を与えられている場合、今後その状況が好転していくということは難しいのが現実です。

これからは「人生100年時代」となり、最低でも70歳前後までは仕事をしないといけないような時代になってくるでしょう。

まだ20代、30代でまだまだこれからという場合は、早い段階で転職をして、自分にあった仕事を見つけることも大事になってきますよ。

転職を成功するために転職サービスを利用しよう

でも気をつけないといけないのが、逆に転職に失敗してしまうと、人間関係がギスギスで、労働環境も最悪の「ブラック企業」に転職してしまう可能性もあるということ。

どうやって転職をするかということが大きなポイントになってきますので、慎重な選択が必要になります。

転職に失敗しないためには転職エージェントを使った転職活動をするのがいいでしょう。

僕もこれまで何度か転職をしていますが、転職エージェントを活用して行った転職先は待遇もいいですし、何もかも納得できるものでした。

転職エージェントは転職のプロがその人の適正やキャリア、求める条件に最も適した仕事を紹介してくれるサービスで、完全無料で利用することができます。

また転職に至った経緯なども聞いてくれるため、紹介する企業とのミスマッチがありません。

そのため、満足度の高い転職ができるようになっています。

転職は会社を退職しないとできないように思う方もいらっしゃいますが、会社を辞めなくても転職活動はできますし、不安な方は今の仕事をしながら転職活動をして、条件や雰囲気を比較して決めればいいだけです。

すぐ転職しなくても登録だけしておいて、良い条件の求人があれば考える、といった使い方もできます。

転職エージェントでは定期的に企業訪問もしているため、企業の雰囲気や考え方も熟知しており、その情報ももらえますので、自分に合っているかどうかということが応募前に分かるというのがメリットです。

残業時間がどれくらいか、パワハラなどがあるのかなど、ブラック企業なのかどうかも事前に分かりますし、そもそも転職エージェントに求人の依頼をしている企業でブラックなところはありません。

それに今の会社にバレたりする事もありませんので、安心して利用をして下さい。

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しておきます。

どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

リクルートエージェント 国内NO.1エージェント
国内最大手の転職エージェント。非公開求人20万件以上と圧倒的な情報量。年齢層、業界も幅広く、誰にでもおすすめできる転職エージェント

doda 業界NO.2 サービスに定評
業界第2位の転職エージェント。非公開求人も10万件以上と多く、かつサービスにも定評があります。求人件数、サービスの質のバランスが最も取れた優良転職エージェント

マイナビエージェント 20代の方・未経験職におススメ
新卒の就職に強いマイナビが運営する転職エージェント。特に20代の方、未経験職への転職に強い。優良中小企業、トップベンチャーの求人も多く若手のキャリアアップを応援しています。

転職エージェントを使うメリットは以下のように数えきれないほどあります。

転職エージェントを利用するメリット

  1. 利用料は完全無料(企業が成功報酬として負担をしている)
  2. 専任のアドバイザーが適正に合った求人を紹介してくれる
  3. 現在の年収をベースにするため年収アップの可能性が高い
  4. 休日、残業時間、通勤時間など希望の条件で探してくれる
  5. 検索をする手間がなく、時間を有効に使い活動ができる
  6. 履歴書・職務経歴書の作成サポートもしてくれる
  7. アドバイザーの推薦状が付くため、書類選考が通過しやすい
  8. 面接日程の調整、年収交渉なども行ってくれる

「転職は絶対に失敗したくない!」

そう思っている方こそ転職エージェントに登録するべきです。

また転職に成功している人はいくつかの転職エージェントをかけもちしている人がほとんどです。

転職エージェントの実力は一般の転職サイトに掲載されていない「非公開求人」が何件あるか、そしてさらに大事なのがそのエージェントだけに企業が依頼をしている「独占案件」がいくつあるかによります。

この独占案件は各企業がもっとも信頼している一エージェントにしか出していない求人のため、条件がとてもいいです。

この独占案件の数が多ければ多いほど転職の成功にもつながりますので、余裕がある分だけは登録しておきたいです。

転職が初めての人は不安な点もあると思いますが、心配する事はありません。

転職エージェントは転職のプロですのでしっかりとあなたをサポートしてくれますし、今のあなたのキャリアで転職が成功するかどうかの判断もしてくれますので、成功する事はあっても失敗する事はありません。

転職に必要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

これには運やタイミングもありますので、そういった機会を逃さないように登録だけでもしておくのがいいですよ。

正直なところ転職は年をとればとるほど面倒になってきますし、転職するなら若ければ若い方が有利になります。

悩んで歳を取るくらいなら、1歳でも若いうちに動いた方がいいですよ。

ぶっちゃけ転職は、希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

20万件の求人があれば、何件かあなたにぴったりマッチする会社もあるはずです。

ただどんどん採用がされ、募集終了となっていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

登録して、一回面談すれば後はアドバイザーの方があなたに最適な仕事を紹介してくれます。

どうするか迷っているのであれば、登録して、面談の場で紹介求人を見て決めて下さい。

  • 会社全体で働き方改革を推し進めている会社
  • 今の会社とは比べ物にならない位、労働環境が整った会社
  • 人間関係が良く、ストレスフリーの会社

面談の場では、こんな求人紹介が10件以上紹介されます。

そしてそれはアドバイザーが転職できる可能性がある思って紹介してくれている企業なのです。

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

それから本格的に転職活動をするかどうかを決める事もできます。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

\ 国内NO.1転職エージェント /

リクルートエージェントに登録する

 利用料完全無料!

\ 転職者満足度NO.1 /

doda に登録する

 利用料完全無料!

\ 20代・30代に強い /

マイナビエージェントに登録する

 利用料完全無料!

 

まとめ:仕事が暇なときは、会社に貢献できることを実行しよう!

今回は会社で仕事がなく暇なときにできる方法について解説してきました。

仕事が暇だといってふてくされ、マイナス的に考えるということは簡単です。

会社によっては、ネットサーフィンや副業をしていても何もいわれないようなところもあるかもしれません。

でもそれは自分自身にとっても何のプラスにもなりません。

それよりも誰かのためになるような事をした方が自分自身の満足感にもつながっていくはずです。

どうしても苦しくてその環境から脱却したいという方は転職の方向なども検討していくのも一つの方法になります。

しっかりと現状を見極めていき、自分自身ができる行動を取っていくようにしましょう!

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!