【現役人事がオススメ】失敗しない転職サービス!

転職エージェントとは?リクナビネクスト、ハローワーク、マイナビ転職との違いや仕組みを解説

「ブラック企業から脱出したい!」
「新しい環境でチャレンジしたい!」
「職場の人間関係が嫌で転職したい!」

転職の理由は人それぞれですよね。

またそれと同じ様に、転職の手段も人それぞれです。

  • リクナビネクストで求人検索する
  • 転職サイトに登録しまくってオファー待ちをする
  • ハロワでよさそうな所を紹介してもらう

もちろん転職サイトやハローワークを使っての転職活動も悪くはないかもしれません。

僕はこれまでに7回の転職を経験しており、最初の4回の転職は全て転職サイトもしくはハローワークを利用して転職しましたが、結果としては以下のような感じでした。

1回目…ハロワ利用。自分に合わない。パワハラなどもあり1年で退職

2回目…リクナビネクスト利用。求人内容と実際の条件が全く違い2か月でばっくれる

3回目…リクナビネクスト利用。1日目に詐欺まがいの仕事と分かりばっくれる

4回目…ハロワ利用。入社後にブラック化したが、約8年勤務

このように、リクナビネクストやハロワの求人を利用した転職で成功する確率っていうのははっきり言って10パーセントもありません。

ただこれは僕のようなあまり有能でない、スキル、資格もない人間の場合です。

優秀でスペシャルな人材であれば僕のようにはならないと思いますし、すぐにでも超ホワイト企業に転職できると思います。

ただ現実的にはそんな人材はそれほどいないのが実情ですし、そもそもそういった人は最初からホワイト企業にいる場合が多いので、転職など考えてる事自体がないかもしれません。

僕の場合は、転職成功率は0パーセント!

今から振り返ってみると、「オレなにしてたんだ一体」と思うくらいです。

毎日毎日、何時間も使って求人情報とにらめっこして、応募して、面接を受け、何度も転職活動した僕が出した結論は、

転職をするなら、転職エージェントを使え!という事でした。

今回はこの転職エージェントとは何か? 転職エージェントを使うメリットは何か?

またリクナビネクスト、マイナビ転職などの転職サイトとの違い、ハローワークとの違いなどを話していきます。

目次

転職エージェントとリクナビネクスト・マイナビ転職など転職サイト、ハローワークとの違い

まずは転職サイト、ハローワークとは何かをみていきます。

転職サイトとは?

WEBサイトを通じて、企業の求人内容を検索・比較して応募をします。
公開されている企業であれば、どの企業にも応募する事ができますが、自分一人の力で検索、応募、面接日程の調整、年収などの条件調整をしないといけません。
転職情報なども多く、転職の基本を学ぶ事ができます。

ハローワークとは?

国が管理、全国に設置されている公的機関で「公共職業安定所(職安)」とも言います。
職業紹介事業を行っており、無料で就職相談、面接対策なども行っています。
端末で自分で検索したり、求人の紹介をしてもらい、面接日程はハローワークが行ってくれますが、面接後は各個人で条件調整等をしていかないといけません。

カンタンに説明すると、このようになります。

何の問題もないように感じますが、実際に利用してみると、はっきり言ってどちらも利用価値がないという事が分かります。

普通はすぐに分かるものですが、僕のように頭が悪いと3回くらい同じような状況にならないと分かってきません。

とにかく求人がクソすぎます。

ブラック企業当たり前、ウソッパチの求人内容に、条件。

もうどれだけだまされたかわからないくらいです。

よくリクナビネクストやマイナビ転職に、青春まっさかり!ドーン!とういうような笑顔はじけて楽しそうな写真が載っていますが、はっきり言ってそんな会社であるほど、中身は人間関係最悪、上司からのパワハラなんて日常茶飯事という場合が多いですので注意してください!

僕が2回の転職の際に応募した会社がまさにそうでした。

その会社は以下のような条件でした。

月給30万円以上、年間休日120日

「めっちゃホワイト企業みつけたったで応募したろ」と思い、あれよあれよと言う間に最終面接に合格、いざ入社したら、全く条件が違う会社でしたよ。

入ってみたら、基本給9万円、解禁手当3万円、それに+契約が取れたらインセンティブ。

うまく行けば月30万いくけど、ノルマ達成できなければ土曜日出勤という、とんでもないブラックな会社でした。

みなさんはそんなダマしに引っかからないでくださいね(ひっかかるのは僕のような人間くらいでしょうけど)

もちろん中にはホワイトな企業の情報もあるかもしれませんが、明らかにホワイトと分かるような求人の場合は応募が殺到して、すぐに募集終了になりますし、ブラックな企業が多いがために「この企業ももしかしたらブラックかもしれない」と思って応募をためらってしまう場合もあったりします。

逆にこの会社は大丈夫だろうと思って応募した会社が入社したらブラックだった!という事もよくある話で、もう何を信じたらい良いかわからなくなってしまいます。

ハローワークも優良求人がありはするもののその数は少なく、ご存じのとおりブラック企業の巣窟となっており、企業が「次の社畜はまだかまだか」と手ぐすね引いて待っている状態です。

就職相談、面接対策もしてはくれますが、しょせんお役所仕事、通り一辺倒の内容しか教えてくれないため、実践で使える場合はほぼありません。

転職サイトでも履歴書の書き方や、面接の答え方など掲載されていますが、サイトごとに言っている内容が違っていたり、実際はあまり役に立たない情報の方が多いです。

自分が知りたいのは、応募した企業との面接でどうアピールしていったりいいかという事なのですが、結局そこは分からずじまいになってしまいます。

ハローワーク、転職サイトを利用した転職は効率が悪い

繰り返しますが、ハロワ、リクナビネクスト、マイナビ転職も優良求人はありますし、うまくいけばホワイト企業に入る事もできるかもしれませんが、確率論からしてみればかなり低いと思って下さい。

転職活動をしている人の中には会社が終わってから時間を作って求人検索をしているという人もいると思いますが、自分の大事な時間を使って何時間も検索して結局良さそうな所がどこもなかったら時間の無駄ですよね。

それを1日だけでなく何日も、人によっては何週間、何か月、もしかしたら1年以上検索し続ける人だっているかもしれません。

でもよく考えてみて下さい。

それって、めちゃくちゃ人生ムダにしてませんか?

1日1時間求人検索をすると仮定すると、一週間で7時間、一ヶ月で30時間、1年で365時間も、自分の時間をムダにしてるワケなんですよ。

1日8時間労働とすると、1年で45日分もムダに働いていると同じなんです。

それだけの時間があれば自分の趣味や勉強などの時間にあてた方がよっぽどいいですよね。

他にも転職サイトやハローワークでの応募はこんなデメリットがあります。

  • いちいち自分にあった求人を探すのが難しい。そもそも不可能
  • ウソが多く、ブラック企業である可能性のある企業がある
  • 面接日時の調整が面倒くさい
  • 年収などの条件交渉がしにくい

自分一人の力で転職活動をするには限界がある

結局、自分一人で転職活動をするというのには、かなり大変な事で、自分一人で転職を成功させるっていうのは本当に大変な事なんですよね。

自分は「この会社いいなあ」と思って応募したとしても、会社からしてみれば「なんでこいつこの能力で応募してきた?」となる場合も多いですし、履歴書や職務経歴書の内容がその企業と合っていなければ「人はいいかも知れないけど、うちには合わないな」と思われて終わりですし、結局うまくいかない。

毎日メール画面を開くと「お祈りメール」が届いて落胆し、そのうち「自分はもうダメなんじゃないか」と思って、どんどん後ろ向きになっていってしまって、結局妥協して入ったところはブラック企業だった。

これが転職する人の典型的パターンです。

結局自分一人でやろうとするから、何もうまくいかないんですね。

ではどうしたらいいかと言うと、「餅は餅屋」というように、転職は転職を一番よく知っている人に聞くのが一番なんです。

転職エージェントとその仕組み

ここで初めて転職エージェントの話が出てくる訳ですが、その最も転職に詳しい立場の人といういうのが転職エージェントの事なのです。

僕が初めて転職エージェントを利用したのは5回目の転職をした時でした。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、その文字の通り「転職のプロ」で、転職相談から転職成功までを一貫してサポートしてくれるサービスのことです。

簡単に説明すると、以下の通りです。

転職エージェント

転職エージェント会社では専任のアドバイザーが個別につき、転職相談、求人紹介、面接対策などをしてくれます。
利用は完全無料となっており、転職エージェントは取引先企業から入社決定の成功報酬として年収の何割かを受け取ります。
そのため、求職希望者は無料で全てのサービスを利用できるようになっています。

また企業が転職エージェントを利用する意味、非公開求人の意味も知っておきましょう。

なぜ企業は転職エージェントを利用するか

転職エージェントを利用するメリットは企業側にもあります。
企業側としても人材が入社しなければ、費用を支払う必要もありませんし、それ以外にも面接官に対する面接レクチャーなどもあり、有益な情報を入手することができるためです。
成功報酬型で手数料が発生するので、企業側も最低限のリスクで採用活動ができる事がメリットです。

非公開求人について

転職エージェントでは全求人の内、約8割が非公開求人となっています。
なぜ企業が非公開での求人をするかというと、条件にあった人材の振り分けを転職エージェント側で行ってくれるため、その手間の時間と手間を削減する事ができるからです。
非公開求人は年収、条件が特に良いため、誰でも応募できる公開求人ではなく非公開求人とする場合が多くなっています。
また転職エージェント側としてもこの非公開求人は各エージェントを通してしか応募ができないため売上の要となり、この非公開求人、その企業だけにしか出されていない「独占案件」をどれだけ持っているかがエージェントの実力を計るポイントにもなっています。

転職エージェントを使うメリット

この転職エージェントを使う事によって、はかりしれないメリットがあるんです。

もちろん先ほど述べたような転職サイト、ハローワークのデメリットを打ち消すようなメリットもあります。

  • アドバイザーが求人探してくれるため、時間がなくても自分にあった求人を紹介してもらえる
  • 企業との信頼関係が重要のため、適正に合った求人を紹介してくれ、ブラック企業もない
  • 人材を入社させると成功報酬がもらえるため、本当に推薦できる人しか紹介しない
  • 面接日程の変更、年収交渉、内定辞退など、こちらが言いにくい事もお願いできる

上記のようなメリットもありますが、大きいのは以下のような点です。

アドバイザーと二人三脚で転職成功に向かっていける

転職エージェントを活用した転職活動では、担当のエージェントが付き、その人と共に転職活動をしていく事になります。

まず自分一人でやっているのではない、という事自体が力になっていきます。

「結局やるのは自分でしょ?」と思うかもしれませんが、応援してくれる人、自分のためにアドバイスをくれる人、そういう人がいる事がどれだけ支えになるか分かりません。

一人でやっていると相談しようにも、相談できる人がいないなんて事がありますが、そんな時はアドバイザーに相談する事もできます。

生きた情報が手に入る。本当の転職活動ができる

転職サイトで見る情報というのは、どれだけでも情報操作が可能です。

どれだけ見た目の情報が良く見えても実際は違ったという事もよくありますが、転職エージェントは企業に実際に訪問したり、面接を受けた人や入社した人などの生の情報を仕入れています。

そのため、どういう社風なのか、面接ではどういった質問をされたか、という生の情報を入手する事ができ、本質的な意味での転職活動ができるようになります。

それにより面接対策も効率的にできますし、入ったらイメージしていたのと違ったというようなミスマッチが起こらなくなります。

客観的な意見が聞ける

履歴書や面接対策をしている時に、長所・短所、志望動機などを書く欄がありますが、ここで悩む方も多いと思います。

そんな時も転職エージェントを利用することもできます。

アドバイザーは客観的な視点であなたを見てくれますので、意見は参考になりますし、うまく話を聞いていきながら、自分で整理ができることもあります。

僕のアドバイザーだった人は

上司から怒られた時、どんな風に言われた事があります?
そうですね。お前は自分が正しいと思った所は引かない所があると言われた事がありますね
そのような客観的な意見は自分が気づかない特徴なので、そういった内容を書くといいかもしれませんね

等とあくまでも自分で結論が出せる様にうまく話を運んでくれるので、効率的に書類の作成をする事がもできます。

転職成功している人は普通に使っている。ここからがスタート

実は転職に成功するためには、転職するための知識やコツがありますが、それは転職サイトを見ているだけでは分からない部分にあります。

それは転職エージェントを使い、アドバイザーの意見や情報があってこそできる方法なのです。

  • この企業は面接で経験に重点を置くので体験談を3つか4つ準備しておいてください
  • 面接官が○○さんという方なら、とにかく熱意をもって話すようにしてください
  • この企業は必ず手書きの履歴書を準備していってください

など、とにかく有益すぎる情報を提供してくれますので、それを面接に生かすようにしていってください。

「でもそこまで知ってるのって、転職サイトしか利用していない人って不利って事じゃないの?」

と言う人がいると思いますが、はっきり言ってその通りです!

でも転職エージェントを利用するという選択肢は誰にでも与えられており、転職サイトしか使わないという選択をしたのはその人なのですから全く問題はありません。

むしろ転職成功をしている人は普通に転職エージェントを使っており、情報を持っているワケですので、そこがスタート地点なのです。

僕から言わせてもらえば、転職サイトというのはそのスタート地点までたどり着いていないも同然です。

どうしても自分一人の力で転職をさせたいというのであればそれでもいいと思いますが、それは目の前にラスボスを倒すための勇者のつるぎがあるにも関わらず、あえて使わずに鉄のつるぎで戦うのと同然の事です。

これまで誰かに相談したことはないから不安、うまく自分の事がはなせるか不安、という方もいるかもしれません。

でも転職エージェントの方は優秀な人が多いですし、きっとあなたの良い面を引き出してくれるはずです。

転職エージェントは完全無料で利用できますし、アドバイザーが合わないという場合は、他にもエージェントがたくさんありますのでエージェントを切替えてもいいですし、転職サイトを使うという方法もあります。

アドバイスを聞くだけでも勉強になりますので、話を聞いて利用するかどうかを決めてもいいと思いますよ。

僕は転職活動をした際、20以上の転職サイトに登録していましたが、その中で最もオススメできるサイトを以下にまとめてみました。

各サイトを利用することで転職成功の確率がアップしますので、よかったらぜひ参考にしてください。

【これで失敗しない!】実際に利用してよかった転職サイト3選

僕が実際に転職活動で使った転職サービス系サイトの中で登録して本当に良かったと思ったのが以下の3つです。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントのポイント
  1. 国内NO.1の実績を誇る転職エージェント
  2. 優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 求人20万件以上!非公開求人も10万件以上!

リクルートエージェントは国内で最も実績のある転職エージェントです。

求人件数20万件以上もあるので、必ずあなたにぴったりの求人があります。

一般転職サイトに掲載されていない非公開求人も10万件以上あり、好条件の求人も多く、その中から転職アドバイザーがあなたにぴったりの求人をみつけてくれるでしょう。

また面接の質問の傾向なども教えてもらえるので、対策もしっかりした上で面接に臨むことができますよ。

リクルートエージェントに登録することで、転職成功の確率がぐんと上げることが可能です。

\簡単5分で登録/

≫リクルートエージェントの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

2位:doda(デューダ)

doda(デューダ)
dodaのポイント
  1. 10万件以上の求人からアドバイザーが最適の企業を紹介してくれる
  2. 各業種の専門アドバイザーがいるので、どんな業界への転職も安心
  3. アドバイザーの質が高く、転職成功者の満足度が高い

次に紹介するのは、リクルートエージェントと双璧をなす転職エージェント「doda(デューダ)」です!

公開求人だけでも10万件以上あり、さらに豊富な非公開求人とあわせた求人の中からあなたにぴったりの求人をキャリアアドバイザーが探してくれます。

求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれた転職エージェントがdodaです。

リクルートエージェントと一緒に登録しておけばほとんどの求人は網羅できますよ!

\簡単5分で登録/

≫dodaの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

3位:リクナビNEXT(リクナビネクスト)

リクナビNEXT
リクナビNEXTのポイント
  1. 自分のペースで求人検索ができる
  2. 年収、残業、働き方など細かい条件まで検索可能
  3. あなたの強みが見つかる「グッドポイント診断」が受けられる

リクナビNEXT(リクナビネクスト)」は転職エージェントではなく、検索型の転職サイトです。

細かい条件で検索をすることができ、転職エージェントでは紹介されない案件もあるので、登録して情報収集にとても役立ちます。

転職エージェントと転職サイトの両方を上手に使いこなすことによって失敗しない転職成功率がアップ!

またリクナビNEXTに登録すると、あなたの強みを見つけることができる「グッドポイント診断」を受けることが可能です。

診断結果は転職の方向性を決めるのに役立ちますし、そのまま面接や自己PRにも応用することができますので、受けておいて損はありません!

\簡単5分で登録/

≫リクナビNEXTの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ユウのアバター ユウ 10年目人事

5回以上の転職経験を経てブラック企業から脱出。現在はゆる会社で人事を担当。人事の立場から転職のサポートをさせていただきます!
転職によって少しでもあなたの人生が幸せなものになってほしいと願いこのブログを立ち上げてみました!

目次
閉じる