仕事の悩み

いらない社員を辞めさせる方法。辞めさせたい人を自主退職させるには?

いらない社員を辞めさせる方法。辞めさせたい人を自主退職させるには?
悩む人
悩む人
会社にいらない社員がいて、毎日イライラ!
いっその事、クビにしてほしいんですけど!
こっちの仕事にも影響してくるから自主退職でもしてほしい!
あなたのこんな悩みを解決
  • 仕事ができない人がいて、イライラして自分の仕事が手につかない
  • 一日中、できない社員の事を考えていないといけない
  • できない社員を自主退職に追い込む方法を知りたい

こんな悩みにお答えします。

この記事を読めば、職場にいる仕事ができない社員を自然に辞めさせる方法、職場にいて欲しくない社員を自主的に退職に追い込む方法がわかります。

ただ、それが根本的な解決にならないケースもありますので、その辺りについても解説していきます。

ケイ
ケイ
この記事は僕の実体験からきているものなので、恐らく同じようなケースになる場合もあると思います。

以前に僕が勤めていた会社でも、誰からも嫌われている社員がいました。

まったくやる気がなく、毎日会社に来てもダラダラと仕事をして、みんな残業をしているのに空気も読まずに平気で1人帰っていくような社員。

何かあれば人間関係のトラブルを起こし、会社の中でも問題視されていました。

誰もがこんなトラブル-メーカーの社員とは一緒に仕事はしたくないですし、関わり合いになりたくもないですよね?

今回の記事ではこういった問題社員に対する対処法を解説していきます。

 

この記事を読む前に

使えない社員のせいで自分が消耗するのが続くのなら、将来的に転職に移っていく必要があります。

転職サービスとしては、リクルートエージェントがおすすめです。

  • 非公開求人が20万件以上と圧倒的
  • 独占非公開求人数が最大
  • アドバイザーも優秀で初心者におすすめ
  • 利用料完全無料

リクルートエージェントは優良企業が多く、ブラック企業を避けることに繋がります。

簡単5分で無料登録できるので、必ず登録しておくようにしましょう。

>>リクルートエージェントに無料で登録してみる

簡単5分で登録できます

 

いらない社員、辞めさせたい社員の特徴5選

いらない社員、辞めさせたい社員の特徴5選
悩む人
悩む人
いらない社員って判断される人ってどんな人なんですか?
ケイ
ケイ
じゃ、まずはその辺りから話していこうか。

以下がクビにしたい社員、辞めてほしい社員、クビにしたい社員と思われる典型的なパターンです。

いらない社員、辞めさせたい社員の特徴
  • やる気が全くない社員
  • 努力を全くしようとしない社員
  • 仕事をしない、サボりグセがある
  • 何かにつけ露骨に反発する
  • 人間関係で問題を起こす

以下で詳しく見ていきましょう。

やる気が全くない社員

誰もが認める、いらない社員ランキング第一位は、とにかくやる気がない社員。

こういった人間が1人いるだけで職場の士気は下がっていきますし、その雰囲気が全体に広まっていってしまい、他の社員のやる気までも削っていきます。

まるで箱に入った腐ったみかんのような存在。

こんな人は誰もがいらないと思っていますし、早く辞めてほしいと思っているはずです。

ただ問題なのは本人に全くその自覚がない場合。

中には真剣に自分が仕事ができる人間と思っている場合だってあるのでタチが悪いです。

努力を全くしようとしない社員

次に一緒にいるとイライラしてくるのが、努力を全くしようとしない社員。

難しいプロジェクトや目標があったとしても「どうせできない」「やってもムダ」というのがまず第一声。

チームで強力してやっていくという協調性もなければ、どうにかして目標を達成しようとするその意思さえもない人種です。

「だったら出てけよ!」

と喉元まで言葉が出てきますが、それを言ったらおしまいなので、ぐっと我慢しますが、それがさらなるストレスを呼び起こします。

こういう人が実は上司に対して媚びを売るのがめちゃくちゃ上手な場合が多く、上司が来た瞬間に調子良く自分をアピールしたり、自分の素晴らしさを主張したりするものです。

仕事をしない、サボりグセがある

遅刻はしないまでも会社に出社するのは朝礼開始時間ギリギリ。

何かあればタバコを吸いにいき、そしていつまで経っても戻ってこない。

仕事のスピードは超スローで、結局他の人がフォローに回らないといけない。

クレームなどやりたくない仕事は全て人任せで、なにかあれば「それは責任者の仕事ですよね」が口グセ。

都合のいい正論をかざしてとにかく自分を守ろうとする人間。

外回りにいけば、わざわざ遠回りをして客先に行き、帰ってくるときもコンビニ前でタバコを吸って帰ってくるという徹底ぶり。

その根底にある考えは

「どうせクビにできないんだから、これくらいやっておけばいいでしょ」

というくらいのもの。

まさに最低の人間です。

遅刻ゼロ、欠勤ゼロ、とデータだけ見れば何の問題もなく見えてしまうのが、彼らのうまいところ。

上司に言っても「勘違いなんじゃないの?」程度にしか取り合ってくれない場合も多く、厄介な存在でもあります。

何かにつけ露骨に反発する

上司として困るのが常に鋭い目つきで上司を睨み、内心で「俺の方がお前より上なんだゼ」と思っている人間。

何か言えば、重箱の隅をつつくような事を突っ込んできたり、指示に反発して「なんでそんな事せんとアカンの?」と言ってくる人。

はっきり言って殴りたいくらいにムカつきますが、こういったタイプには仕事ができる人も多かったりします。

上司に言っても「うまいことやってよ」「上司だから何とかしようよ」の一言で終わらせる。

そんな問題のある人間を採用したのは会社なんだから、もうちょっと責任持てよ!と思えてきます。

結局、わざわざ話し合いの時間をとって納得させないといけなくなってしまい、やらないといけない仕事が後回しになってしまう事もしばしば。

本質的な部分とは全く別のところで悩まないといけなくなるのがホントに理不尽を感じます。

人間関係で問題を起こす

人間関係で問題を起こす

何かあれば人とぶつかってトラブルを起こす人間も、はっきり言って会社で働くには向いていません。

ちょっと上から言われただけでカーっと頭に血がのぼって時には取っ組み合いの喧嘩に発展したりする事もあります。

そんな人は一刻も早くクビにしてほしいですが、大体の会社の場合は喧嘩両成敗となり「どっちも悪い」というような見方しかしてくれません。

流石にそういった場合はさらなるトラブルを避けるためどちらか一方が部署異動になるのがよくある話。

ただ、どこに行っても同じなわけで、結局異動先でまた問題を起こすのが大半です。

電話対応をしても、友達感覚のような話し方で相手を不快にさせてしまってそのクレーム対応に上司が追われるようになるのもこういった人の場合。

周りの人間もはれものに触れるような感じでしか見てくれず、「早く辞めてくれればいいのに…」ぐらいしか思われない存在になってしまいます。

どれもこれも、一緒に働きたくない同僚の典型的なパターンです

「いらない社員」になってしまう理由は?

「いらない社員」になってしまう理由は?
悩む人
悩む人
でも、どうしてそんな、必要とされない社員になってしまうんですか?
ケイ
ケイ
これもいろんなパターンがあるけど、代表的なものを見ていこう。

普通に考えてみれば給料というものは、しっかりと働いて、その働いた分の対価をいただく、という流れになっています。

この流れが分かるのであれば「いらない社員」というものはこの世の中に発生しなくなるんじゃないかと思いますが、どんな会社にも何人かはそういった社員がいるというのが現状となっています。

ここで、どんな背景や特徴を持った人が「いらない社員」「クビになってほしい社員」になるのかを解説していきます。

いらない社員になる人の背景とは?
  • 会社のコネで入った人
  • 働かなくても問題ない人
  • ネガティブな理由で何度も転職を重ねている人
  • とにかく過保護に育ってきた人間

会社のコネで入った人

よくあるのが、取引先が潰れてしまい、ちょうど自分の会社に人手に困っていた業務ポジションがあった場合。

この場合、会社がその人にお願いをして入社してもらう場合も少なくなく、社員の方が立場が上になってしまったりすることがあります。

その人にとってみれば「会社は俺を必要としている」と捉えてしまって傲慢になったり、元々いる社員に対して食ってかかったりするようになってしまいます。

本来、自分が路頭に迷うところを助けてくれたわけですので、感謝の気持ちをもって会社のために頑張るのが普通。

ですが、こういった勘違い人間は傲慢になってしまい、人を見下すようになっていってしまうのです。

働かなくても問題ない人

会社でやる気がない人というのは、そうなってしまった原因というものがあったりします。

これもよくある話ですが「実は働かなくても生活していける人」だったりすること。

奥さんが会社の経営者だったり、その娘だったりして、そちらの稼ぎだけでも十分食べていけるのに、お小遣い稼ぎ程度で会社勤めをしているようなパターン。

別に働かなくても、給料が少なくても大丈夫なわけですので、当然やる気、気力なんかはありません。

ただ最低限のルールだけ守っていれば「クビにされることはないやろ」程度に思うようになっていってしまうのです。

ネガティブな理由で何度も転職を重ねている人

短期間で3回も4回も転職をしているような人は、何らかの問題があって転職をしたと考えて間違いありません。

その理由として多いのはやはりネガティブな人間関係のトラブルです。

転職先で何かしらの問題があって会社に居づらくなってしまい転職をする場合も多いのですが、性格というものはすぐに変えることはできません。

そのため何度も同じようなトラブルを起こしてしまって会社を辞める事になってしまうのです。

とにかく過保護に育ってきた人間

これまでチヤホヤされて、大事に大事に育てられてきた人の中には人に対しての優しさであるとか、礼儀というものが全くわからない人がいたりします。

こういった人がお客さんに対しても友達感覚で話したりしてトラブルを起こすパターンが多くなります。

それなりの教育を受けてきているため、それなりの大学を卒業していることも多く、最初は「こいつ出来るんじゃね?」と思うのですが、蓋を開けてみたら全く役に立たなかった、となるパターンが多いのが特徴です。

苦労をしてこなかった、苦労から逃げてきた、楽な道ばかりを選択してきたという人は、「いらない社員」になりやすい!

いらない社員を辞めさせる方法の前に、更生させるチャンスも与えてあげよう!

いらない社員を辞めさせる方法の前に、更生させるチャンスも与えてあげよう!
悩む人
悩む人
早くいらない社員を辞めさせる方法を教えて下さい!
ケイ
ケイ
その人の人生もかかっているから、チャンスは絶対に与えてあげるようにしよう。

さて、ここからがいらない社員を辞めさせる具体的な方法になっていきますが、まずはその社員にもチャンスを与えてあげることは忘れないようにしましょう。

もしその人が更生をしてくれて、真面目に働くようになってくれれば、それはそれでいいことですし、人間的にも変わっていってくれればそれにこしたことはありません。

1人の人間を辞めさせるというのは、ある意味その人の人生を奪ってしまうことにも繋がっていきます。

方法としてはコミュニケーションをとっていったり、会社の上司に相談をして会社から上手く話してもらうというものがありますので、ケースバイケースで相談するなりしましょう。

それで変わらなかった場合は、仕方がないのかもしれません。

そんな社員がいると会社にとっても、まじめに働いている社員にとっても害となります。

他の優秀な社員の芋づる式退職につながらないよう、何かしらの対策は考えていってもいいでしょう。

芋づる式退職(連鎖退職)については以下で解説していますので、興味がある人は読んでみてください。

退職ラッシュ発生時がブラック企業・上司に復讐する最大のチャンス「会社で退職ラッシュが起こっている」「辞めるかどうか悩んでいる」そんな悩みにお答えします。この記事を読めば、退職ラッシュが発生している会社が危険であること、そのような会社からは早めに縁を切った方がいいということがわかります。...
何気に出る部下の退職サインや兆候7つ│連鎖退職を防ぐために部下が突然退職願を提出してきた。連続して部下が退職の意思を伝えてきた。連鎖退職が起きて悩んでいる上司の立場の人も大勢いると思います。今回は退職を未然に防ぐ事ができるよう、部下の退職サインを解説していきます。...

会社全体に問題が及ぶようであれば、何かしらの対策は必要!

いらない社員を辞めさせる、自主退職に追い込む方法とは?

いらない社員を辞めさせる、自主退職に追い込む方法とは?
悩む人
悩む人
チャンスを与えても、やっぱりダメでした…。
ケイ
ケイ
じゃあ、具体的な方法を解説していこう! でもくれぐれもやりすぎには注意しないと、自分のクビを締めることになっちゃうよ。

いらない社員を辞めさせる方法に関してですが、一社員の立場としては勝手にクビにすることは出来ません。

となると、取れる手段というのは、

「自主退職に追い込む」

という方法になります。

今この記事を読んでいるのは会社の中でもある程度の位置にあり、部下との間で悩みを抱える人なんじゃないかと思います。

であれば以下のような順序で対応をしていくことによって、無能な社員に自主退職をしてもらうことができるかもしれません。

ただやり方が露骨すぎるとパワハラの認定がされてしまい、あなた自身のクビを締めることになってしまうため、その点は気をつけて行うようにしてください。

いらない社員を辞めさせる方法2選
  • 責任のある仕事をさせる
  • 逐一の報告をさせ、業務日報を書かせる

その方法方を詳しく見ていきましょう。

責任のある仕事をさせる

自主退職に追い込む上で最も効果的なのは「人がいやがる仕事をしてもらう」ことです。

以下のような仕事が最適になります。

  • クレーム対応
  • ミスが起こりやすい正確性が求められる仕事
  • ある程度売上も関係するミッション

勝手に行動してしまうとあなた自身が責任追及をされてしまう可能性もあります。

行動を起こす前に上司に相談することも忘れないようにしておきましょう。

理由としては「彼を成長させてあげたい」「フォローはしますが、できる限り彼が独り立ちできるように指導していきたい」と言っておけば大丈夫です。

そして与えた仕事はできる限り本人にやってもらうようにします。

クレーム対応なんかは誰もがやりたくない仕事ですし、それに生産性も低いので、部署全体の生産性アップにもつながっていくはずです。

そしてトラブルが発生した際も、できる限り本人にやってもらうようにします。

そういった人間は威勢はいいものの、実のところは何もできない人間なのでとにかく誰かに甘えてくるでしょう。

しかしそこでも手は出さず、方向性を示すだけにとどめておきます。

自分で責任をとろうともしなかった、自分のやりたくないことは一切やらなかった、そんなこれまでの立場が一変するわけです。

心を入れ替えて、多少は仕事に対してまじめに取り組むようになったり、人の意見を聞くようになったりする場合もあるでしょう。

荒療治ではありますが、会社にとって必要な人材となっていくという可能性だって十分にあります。

逆に対応が出来なければ仕事をすることが苦しくなってしまい、自主的に退職をしてくれる可能性もでてくるでしょう。

もし本人が変わらなかったとしても、最悪、自分自身もやりたくないクレーム対応をやってもらえるのですから、最低限のメリットは出てきます。

またあまりオススメできる方法ではありませんが、自分の知り合いに頼んで、わざと会社に電話をしてもらって、その対応にクレームをつけさせ、延々と対応をさせるという方法もあります。

バレてしまうとあなた自身がクビになってしまいますので気をつけましょう

逐一の報告をさせ、業務日報を書かせる

やる気のない人間というのは、なぜだかわかりませんが自分が管理されることに対して相当な嫌悪感を感じる事が多いです。

それを逆手にとって、逐一の報告を相手にさせるようにします。

  • 1日のスケジュールのチェック
  • 途中途中での進捗状況の報告
  • 行動した後の結果報告
  • 業務日報の作成と提出

とにかく1日の動きを細かく細かくチェックしていきます。

日報を書かせて、少しでも空いている時間があれば、

「この時間は何をしていたのか?」

と聞き、作業に時間がかかっている時間帯があれば、

「なぜここまで時間がかかったのか?」

という事もチェックします。

もちろんタバコを吸っている時間、トイレ休憩の時間なども細かくチェック、追求していくのです。

これはマイクロマネジメントと呼ばれている内容で、とにかく事細かく部下をマネジメントしていく方法になります。

あらゆる業務をの手順を監督、管理するものですので、ある意味グレーゾーンではありますが、これも「本人の成長のため」と報告しておけば問題はないでしょう。

ただし度を越してしまうとパワハラとなってしまうため、気をつけるようにしましょう

そしてその中であまりにもサボっている時間帯が多い場合や、業務効果が現れない場合、業務中に顧客とのトラブルが起こってしまった場合に、話し合いをして、

  • どうしてそうなってしまったのか?
  • 今後どうするべきと考えているのか?

ということを本人の口から話してもらい、それをさらに上の上司にも伝えて情報の共有をするようにします。

そうする事によって、人にもよりますが、自分自身の問題点を改める場合もありますし、嫌気が差して会社を自主的に辞めるということもあります。

注意点としては、こちら側にも多少のリスクが伴っているということは常に忘れずに、常に冷静に、あくまでも客観的な立場で対応をしていくようにしましょう。

マイクロマネジメントを徹底することにより、本人に問題点を自覚してもらうことができる場合もある!

「いらない社員を辞めさせる」事を考えるくらいなら、転職も検討しましょう

悩む人
悩む人
いらない社員を自主退職に追い込むのも楽じゃないですね。
ケイ
ケイ
ある意味そうだね。逆にこちらが疲弊してしまうことだってあるから気をつけないといけない。

ここまでクビにしたい社員を辞めさせる方法について解説してきました。

今回紹介した内容はかなり強烈な効果がありますが、ただここまでやろうと思うと、こちらにも相当のストレスが溜まってくるというのが現実です。

精神的にも疲れてくるでしょうし、持久戦となってしまいその戦いが長期化してしまう事も考えられるでしょう。

でもいらない社員を辞めさせることって、あなたが会社でやりたかった事なんでしょうか?

人を会社から追い出すことがミッションだと信念を持っているのであれば問題はありません。

ただ、あなた自身が本当にやりたい仕事があるのであれば、いっそのことあなたが転職サービスを利用して環境の良い職場に転職するという方法もあります。

あなたが今、管理職の立場に立っているのであれば、それは相当仕事もでき、会社に認められているという証拠です。

そうあれば、転職することはそれほど難しいことではありません。

今の仕事をしながらも転職活動はできますから、同時進行で行っていくという手もあります。

【体験談】いつ、何が起こるかわからないのがこの世の中

もちろんすぐに転職をしろ、ということじゃありません。

ただこの世の中、何が起こるかは誰にもわかりません。

僕が以前に勤めていた会社で誰からも嫌われている無能な社員がいましたが、突然その社員が会社の幹部になってしまったということがありました。

それ以来、会社全体がその無能幹部に振り回され、多くの芋づる式退職が発生し、それがきっかけで僕も転職をしました。

ただ、その時は急なことで、転職エージェントへの登録をしていない時期だったので、多少転職には苦労した経験があります。

ですのえ、転職エージェントに登録だけしておいて、常に良い条件の環境がないかリサーチをしておくことだけでもしておいた方がいいですよ。

いつ、何が自分にふりかかるかわからないのが世の中です。常にリスクマネジメントはしておくようにしましょう!

転職するしないは別にして、転職エージェントへの登録はするべき

転職するしないは別にして、転職エージェントへの登録はするべき

いらない社員、無能な社員にイライラしてこっちの仕事にまで支障をきたす!

そんな方は、転職するしないは別として、まず転職サービスに登録をして、働きながら転職について考えてみることをオススメします。

これは焦ってしまって妥協した転職先に入社してしまうことを防ぐことにも繋がります。

転職で気をつけないといけないことは、失敗してしまうと人間関係がギスギスで、労働環境も最悪の「ブラック企業」に転職してしまう可能性もあるということ。

どうやって転職をするかということが大きなポイントになってきますので、慎重な選択が必要になります。

転職に失敗しないためにするためには、転職エージェントを使った転職活動をするのが一番です。

僕もこれまで何度か転職をしていますが、転職エージェントを活用して行った転職先は待遇もいいですし、何もかも納得できるものでした。

転職エージェントについては以下の記事で詳しく説明していますので、こちらも参考にしてみて下さい。

転職エージェントとは?リクナビネクスト、ハローワーク、マイナビ転職との違いや仕組みを解説転職活動をしている人はどのような手段で活動をしているでしょうか?リクナビネクスト?ハローワーク?はっきり言ってそんな転職サイトは使えません!7度の転職を経験した管理人が出した結論は転職エージェントです。...
転職エージェントは役に立たない!使えない!失敗した!そう思う30代が勘違いしている事は?転職しようと思って転職エージェントに登録はしたのはいいけれど、なかなかうまくいかないという人がたまにいます。 そういう人は、こんな...

転職エージェントは転職のプロがその人の適正やキャリア、求める条件に最も適した仕事を紹介してくれるサービスで、完全無料で利用することができます。

また転職に至った経緯なども聞いてくれるため、紹介する企業とのミスマッチがありません。

そのため、満足度の高い転職ができるようになっています。

会社を辞めなくても転職活動はできますし、不安な方は今の仕事をしながら転職活動をして、条件や雰囲気を比較して決めればいいだけです。

転職活動は在職中にしておいた方がいい理由は以下で解説していますので、よかったらこちらも参考にしてください。

転職活動は在職中にしよう!退職後は後悔する!数回転職した僕の体験談「今すぐ転職したいけどどのタイミングで始めたらいいの?」 今いる会社に嫌気を感じたり、より良い条件を求めて転職をしたいという人は多...

今よりもやりがいがあって、ギャランティーがいい仕事があるのに、それをみすみす逃しているのは、めちゃくちゃもったいないことです。

すぐ転職しなくても登録だけしておいて、良い条件の求人があれば考える、といった使い方をしてみてはいかがでしょうか

以下に僕が利用してよかった転職エージェントを紹介しておきます。

どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

そこで僕がこれまでの経験から、本当に転職が成功する転職エージェントをまとめさせていただきました。

以下に紹介しているサービスであれば、どこでも問題ありませんので、まずはここに登録して転職活動をスタートしていって下さい。

絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト(完全無料)

1:リクルートエージェント
国内最大手転職エージェント。非公開求人数は20万件以上あり、全ての年齢層に対応しています。まずは第一に登録するべきエージェントです!
リクルートエージェントの評判・レビューはこちら!

2:doda
国内第2位の転職エージェントで、非公開求人数は10万件以上。求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれたエージェントです!
dodaの評判・レビューはこちら!

3:パソナキャリア
非公開求人は上記2社に比べると少なめですが、アドバイザーがどこよりも丁寧にサポートしてくれるので初めての転職でも安心。利用者のサポート満足度はダントツNO.1です!
パソナキャリアの評判・レビューはこちら!

4:リクナビNEXT
人気ナンバー1の転職サイトです。自分のペースで転職がしたいという方にはオススメ。気になる求人があれば転職エージェントのアドバイザーに相談して、エージェント経由で応募する裏技も使えるようになります!

 

また以下に僕が月100時間以上の残業、パワハラで苦しんでいたブラック企業から転職をした時の体験談がありますので、こちらもぜひお読み下さい。

いらない社員を辞めさせる方法を解説:まとめ

いらない社員を辞めさせる方法を解説

今回は、会社にとっていらない社員を辞めさせる方法についての解説をしてきました。

会社にとっていらない人というのは、一緒に働く人間をも引きずり込み、悪い方向へを導いていこうとします。

無能な人というのは会社にとっても、従業員にとっても何ひとつ存在するメリットがありませんので、できる限り早めに排除されるべきです。

本来はその作業を会社が責任をもって行うべきですが、会社が動いてくれないのであれば、自らが動くしかありません。

今回紹介した方法はかなりの効果はありますが、ただこちらもリスクを抱えないといけないというデメリットがあります。

あなた自身は能力もあってその能力を必要としている会社もたくさんあるわけですから、そこまでのリスクを取るのであれば、転職をしてもっと良い環境に移った方がいいかもしれません。

時間の浪費にもならず、それに思いっきり自分の力を発揮することができるようになりますよ!

 

転職に成功するためのポイントはこちらにまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

【転職に失敗しないために】転職成功のための秘訣を徹底解説
【転職に失敗しないために】転職成功のための秘訣を徹底解説今の職場を辞めて、キャリアアップのための転職をしたいんだけど、転職エージェントって実際どうなんだろう…。この記事では転職エージェントの基本と、20代・30代にオススメの転職エージェント、第二新卒におすすめの就活エージェントを紹介していきます ...

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!