【現役人事がオススメ】失敗しない転職サービス!

子供が理由なら仕事を休むのは当然!「子供の病気で休みすぎ」と言われる際の対処法は?

こんな悩みや疑問にお答えします
  • 家庭の事情で会社を休みがちになっていて同僚に申し訳ない…
  • 子供の熱で休むと同僚からの視線がつらく感じ、会社に行きにくい
  • ずる休みでもないのに罪悪感も出てくるし、精神的に辛い

そんな悩みや疑問にお答えします。

この記事を読めば、家庭の事情で休むのは当然の権利であり何の引け目も感じる必要はないこと、そして子供の熱や病気で休むことに対して快く思われないような会社は辞めて、理解のある会社に転職することも考えた方がいいということがわかります。

世の中には様々な家庭環境がありますよね。

・離婚をして子供をひきとった
・共働きでお子様がいる
・お子様が病気がちの

離婚をされた方の中には、1人で子供を育てているお父さんもいらっしゃると思います。

お子様が思い病気にかかっていて夫婦で働かないと治療代を稼ぐことができないという方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

またどれだけお子様が元気でも、いつ大病を患ったり、不慮の事故に会って入院するかもわかりません。

それは理解されるべき事情だと思いますが、会社によっては「家族の事情で休むのは悪」というように見られる職場あるのも事実です。

そんな雰囲気や他の社員のイラダチが伝わってくるので、会社に居づらい雰囲気になったり、精神的に苦しいと思ってしまいますが、この記事ではそんなときの考え方や、対処方法について解説していきます。

目次

なぜ家庭の事情で休むのが嫌がられるか?

特定の人が優遇されているように感じる

家庭の事情で休む人がいると、他の社員からしてみるとどうしても

・「あの人だけなぜか優遇されている」
・「なぜあの人だけは特別扱いされるのか?」

というような感情を抱かれやすいです。

男性に思われる場合もありますが、女性からの視線もバカにできません。

特に多いのが独身女性や子供のいないバリバリのキャリア女性からの冷たい視線やら舌打ちする音。

口では「いいよいいよ~」と言っていながらも目は笑っていなかったり、タイムカードを切って外に出た瞬間に

 

あの子、ちょっと子供の熱とかで会社休みすぎじゃない

 

「子持ちは仕事辞めろ」

などと心ない悪口を言いだしたりする人もいたりします。

こんな風に他の人と足並みがそろわない人を、会社が特別扱いしている、あの人は特別枠、なんて思われたりします。

有給処理、減給がされていない場合が多い

そのように優遇されていると他の社員が感じる理由が、事情があって遅刻や早退をした時の会社の対処が甘いということです。

1日まるまる休んだ場合は欠勤扱いになるものの、遅刻の場合、早退の場合はそのような扱いにならず、普通に「出勤」と処理される会社もあります。

働いている人の中には「自分も休みたい」「毎日残業ばっかりでたまには早く帰りたい」「朝もう少し寝ていたい」と思っている人も少なくないでしょう。

そんな中で「子供が40度の熱を出したから」などと遅刻をしてきたり、「学校で怪我をしたみたいだから」などと早退をする人の姿を見ると

 

あの人は仕事サボっても給料引かれなくていいよね

 

子供がいたら俺もそうやって早退しようかな~

などと思われてしまうわけです。

会社としてのルールがしっかりと整っていないため、いわれなき悪口を言われることもあります。

中には2日3日と連続して会社に遅れて出社したり、早退をしないといけない場合もあるでしょう。

そうなると

 

そうすれば給料を引かれないからと思って、甘く考えすぎなんじゃない?

 

本当に子供の熱なの?意外とずる休みとかしてたりして?(笑)

なんて言われることもあったりします。

逆にその人の仕事をしても得にならない

子供の熱や病気、事故はほとんどの場合が突然に発生するものです。

いきなり当日休みになったとしても会社や部署としてやらないといけない仕事はありますので、当然誰かがその人の代わりに業務を担当することになります。

だからといって余計に働いた分の給料をもらえるわけでもありませんし、仮にそのおかげでいつもより1時間2時間も長く残業をしたとしても給料が増えるわけではありません。

週末だったら夜に予定を入れているという場合もあるかもしれないのに、それをキャンセルしてまで仕事をやらないといけないとなると、いくら子供が理由だからといっても多少イラッとくることもあるでしょう。

それが何日も続いたりすると他の社員が業務過多となってしまって負担増になってしまったりもするので、割りに合わないと思う社員がでるのも仕方がありません。

会社を休む言い訳と思われてしまっている

また急に休みを取らないといけなくなった日のタイミングが悪かったりすることもありますよね。

世の中というものは何故か悪いタイミングで事件が起こったりします。

重要なプレゼンテーションがある日
得意客のクレーム対応をしないといけない予定がある

こういったタイミングで急に休みを取られると「仕事がいやでズル休みしたんじゃない?」「言い訳作りのために子供を利用しているんじゃない?」と思われてしまいがちです。

家庭が理由で休むことで攻撃を受けやすい会社の特徴

子持ちで働いている親なら会社を休まないといけないということはよくある話。

 

でもなぜ自分だけ、こんなイヤな思いをしないといけないのか?

と思ったりしたことはありませんか?

それはもしかしたら、あなたが勤めている会社にもその理由があるのかもしれません。

よくあるのが以下のような特徴を持つ会社の場合です。
・子供がいない・独身の社員が多い会社
・男性社員の割合が多い会社
・家族経営で、しっかりとルール化がされていない

子供がいない、守るべき家族がいない人が多い会社というのは、子供を持つ親の気持ちも当然わからないでしょうから、子供が理由で休むことに対して嫌悪感を感じたりすることも多くなってくるでしょう。

それに家族経営でしっかりとしたルールができていない場合も、他の社員から良く思われない傾向があります。

何かあれば、社長に言えば

 

それは大変!仕事はいいから早く帰りなさい

と言ってくれますが、社長は現場の大変さは全くわかっていません。

苦労するのは残って仕事のフォローをする社員たちなのに、その分の給料はもらえない、そして早退した社員の給料は減らない。

こういった遅刻、早退などのルール作りがされていない家族経営の会社というのは、融通が聞くというメリットもありますが逆に他の社員からの妬みやヒガミも受けやすいということもあります。

子供が理由で会社を休む人に罪はない

言い訳でも何でもない

どんな会社でも一定数は、心なき考え方をする人間はいるものです。

中にはその考えを直接言葉にして攻撃してくる人もいるかもしれません。

ケイ

でも、子供が理由で会社を休むことはサボることでもなんでもありません。

そこには子供の命がかかっているのですから、会社を休むことは何の問題もありませんし、子供が熱を出したという連絡があれば会社を早退して子供の所に向かってください。

もし仮に子供に何かあったときに、会社や攻撃してくる人間は何の責任も持ってくれません。

ずる休みをしているのではない、朝寝坊しているわけでもないのであれば、堂々としていればいいです。

そうやって好き放題言ってくる人は、家に帰ったら殿様気分でビール片手にスマホゲームやテレビで野球を観ているだけだったりします。

子供の世話もして、家事もして、そして仕事もしているんです。そんな誰よりも頑張っている人こそが最も称賛されないといけない人たちなんですよ!

熱があれば休むのは当たり前

子供が熱で苦しそうであれば、どんな大事な仕事があったとしても会社は休んで子供を最優先にして考えましょう。

ケイ

もしそれで仕事が回らないというのであれば、それは仕組みを作っていない会社の責任です。

仕事と人の命のどちらが大事なのか? それは考えなくても誰でもわかることです。

会社はその会社で働く従業員とその家族を守っていくべき立場にあります。

子供だけでなく、そこで働く正社員、パート従業員全ての人たちを守るべきです。

自分、家族を守ってくれない会社は本来の責任を果たしていないと言えます。

「子供が熱で会社を休みます」と言って「業務に支障が出るから今すぐ出て来い」と言われてしまうような場合、今後の対策を考えていく必要がありますね。

子供が病気で休みがちで苦しいときの対処方法

家族が理由で休むということは、好きで休んで居るわけではないのではありませんから、休むのは当然のことです。

子供が病気になってほしいと思っている親なんて1人もいません。

ただそれは当たり前のことではありますが、それを盾にしてしまいすぎるのも良くありません。

子供も心や人格を持った人間であるなら、一緒に働く同僚も同じように心や人格をもった人間です。

それに同僚の人たちは、あなたを助けてくれているのも事実なのですから、その気持はしっかりと伝えていかないといけませんし、行動をもって恩返しをしていかないと、いつまでたっても立場は変わりません。

上司

子供の病気で休みすぎなんじゃないの?

などと言われないようにするために、自分ができる事はないかということも考えていきましょう。

他の社員が納得する体制にしてもらう

小さな企業や家族経営の中小企業の場合、欠勤するときのルールはあっても、早退や遅刻の際のルールがない場合も少なくありません。

その場合、まず早退と遅刻をしたときのルールを明確にしてもらうように働きかけてみましょう。

・遅刻分、欠勤分を時給換算してもらってその分を差し引いてもらう
・欠勤時は有給扱いとしてもらい、有給消化後は欠勤扱いとしてもらう

このような他の社員も納得するルールを設定してもらうように、自分から提案をしてみてはいかがでしょうか?

事情があり働けなかった分の精算がしっかりとされているということが認識されれば、それに対してどうこう言われることもなくなるはずです。

休んだ分はリカバリーをする努力をする

遅刻、早退分の給料を引かれることに抵抗があるのなら、休んだ分の仕事のリカバリーをする努力をしましょう。

出社できる日に他の社員の仕事を引き受けて残業をしたり、自宅で資料作りなどをするなど、できることはいくつもあります。

他の社員たちは、自分の仕事量とあなたの仕事量を比較して、その不公平さに対しての不満も持っているわけなので、それを解消する努力も必要になります。

迷惑をかけている事に対しての配慮はしていこう

当然のことですが、会社を早退した場合や会社に遅刻してきた場合は、会社に対してもそうですし、同僚に対してもお詫びをしないといけません。

子供のことだからといってそれを主張しすぎて、平然とした顔で遅刻、早退、欠勤を繰り返すような人に対しては誰も快くは思いません。

自分が休んだ分のフォローで大変な思いをした方がいるのも事実です。

多くの親御さんが重々認識していることとは思いますが、周囲への配慮や感謝の気持ちを持つことが大事ですね。

他の社員が休んだり困っている時は積極的にフォローする

誰もが何かしらの事情があって会社を休むことがあります。

また休みでなくても、

・彼女・彼氏とデートの約束がある
・結婚記念日
・恋人の誕生日
・奥さんが妊娠している

こういった事情を抱えている場合もあります。

人はそれぞれ色々なな事情をかかえているのですから、そういった事情の一番の理解者になってあげましょう。

 同僚

フォローして頂きありがとうございます。

 

いつも助けてもらっているから大丈夫よ!

なんていうコミュニケーションが取れるようになれば、あなた自身が攻撃されるリスクも減りますし、部署としてもより円滑に仕事がまわるようになるはずです。

何人かの理解者を作る

会社というのは様々な考え方や個性を持った人が集まるコミュミティなので、その全員に自分を理解してもらうことははっきりいって不可能です。

でも自分を理解してくれる人が何人かだけでもいれば、それだけでも精神的な安定感は違ってきます。

自分のことをわかってくれる人、お互いのことを理解しあえる人、そういった人数人がいれば、何とかやっていけるものです。

全員を仲間にするのは難しいですが、何人かを自分の理解者、仲間にしていくように行動していくようにしてみましょう。

我慢してやり過ごす

ただそれでもどうにもならない人間や会社も、中にはあります。

ケイ

そんな時は苦しいかもしれませんが、とにかく我慢して時がすぎるのを待ちましょう。

子供もある程度大きくなればそこまで会社を休むということもなくなるでしょうし、逆にこれまで攻撃してきた人間があなたが苦しんできた立場になることだってあります。

「この人は自分のことしか考えれない人なんだ…」くらいに考え、距離感をとって付き合うようにしていくのがいいですよ。

制度が整った会社に転職をするのも一つの方法

ただ制度が整っていない会社で働くことはストレスがたまるのは事実です。

ケイ

世の中には、育休制度や小さな子どもを抱えて働く人をサポートしてくれる会社もたくさんあります。

そういった会社に転職をするということは後ろ向きの考えではありませんし、むしろ仕事を頑張りたいという気持ちの現れですので、転職活動の際もプラスに働くことが多いです。

そんな時は以下のような会社を探すようにしていくといいですよ。

こんな会社がオススメ!
  • 産休制度・育休制度などの制度が整っている会社
  • 男性と女性の社員数のバランスが取れている会社
  • 女性が長く活躍している会社

また転職してからも子供が理由で遅刻、早退、欠勤の可能性がある場合は面接で必ず伝えるようにしておくのが、後々にトラブルにならないためのポイントです。

そんなことをいうと嫌がられるのではないかと思うかもしれませんが、逆に「制度さえ整っていれば、長く働いてもらえる」という好印象を与えることもできます。

転職を成功するために転職サービスを利用しよう

でも気をつけないといけないのが、逆に転職に失敗してしまうと、人間関係がギスギスで、労働環境も最悪の「ブラック企業」に転職してしまう可能性もあるということ。

どうやって転職をするかということが大きなポイントになってきますので、慎重な選択が必要になります。

ケイ

転職に失敗しないためには転職エージェントを使った転職活動をするのがいいでしょう!

僕もこれまで何度か転職をしていますが、転職エージェントを活用して行った転職先は待遇もいいですし、何もかも納得できるものでした。

転職エージェントについては【転職に失敗しないために】転職成功のための秘訣を徹底解説の記事で詳しく説明していますので、こちらも参考にしてみて下さい。

転職エージェントは転職のプロがその人の適正やキャリア、求める条件に最も適した仕事を紹介してくれるサービスで、完全無料で利用することができます。

また転職に至った経緯なども聞いてくれるため、紹介する企業とのミスマッチがありません。そのため、満足度の高い転職ができるようになっています。

転職は会社を退職しないとできないように思う方もいらっしゃいますが、会社を辞めなくても転職活動はできますし、不安な方は今の仕事をしながら転職活動をして、条件や雰囲気を比較して決めればいいだけです。

転職は在職中に行うのがオススメです。

詳しくは「転職活動は在職中に!退職後は後悔する!転職エージェントを使って2回転職した僕の体験談」の記事を参考にしてみて下さい。

すぐ転職しなくても登録だけしておいて、良い条件の求人があれば考える、といった使い方もできます。

転職エージェントでは定期的に企業訪問もしているため、企業の雰囲気や考え方も熟知しており、その情報ももらえますので、自分に合っているかどうかということが応募前に分かるというのがメリットです。

残業時間がどれくらいか、パワハラなどがあるのかなど、ブラック企業なのかどうかも事前に分かりますし、そもそも転職エージェントに求人の依頼をしている企業でブラックなところはありません。

ケイ

それに今の会社にバレたりする事もありませんので、安心して利用をして下さい。

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しておきます。どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

【これで失敗しない!】実際に利用してよかった転職サイト3選

僕が実際に転職活動で使った転職サービス系サイトの中で登録して本当に良かったと思ったのが以下の3つです。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントのポイント
  1. 国内NO.1の実績を誇る転職エージェント
  2. 優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 求人20万件以上!非公開求人も10万件以上!

リクルートエージェントは国内で最も実績のある転職エージェントです。

求人件数20万件以上もあるので、必ずあなたにぴったりの求人があります。

一般転職サイトに掲載されていない非公開求人も10万件以上あり、好条件の求人も多く、その中から転職アドバイザーがあなたにぴったりの求人をみつけてくれるでしょう。

また面接の質問の傾向なども教えてもらえるので、対策もしっかりした上で面接に臨むことができますよ。

リクルートエージェントに登録することで、転職成功の確率がぐんと上げることが可能です。

\簡単5分で登録/

≫リクルートエージェントの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

2位:doda(デューダ)

doda(デューダ)
dodaのポイント
  1. 10万件以上の求人からアドバイザーが最適の企業を紹介してくれる
  2. 各業種の専門アドバイザーがいるので、どんな業界への転職も安心
  3. アドバイザーの質が高く、転職成功者の満足度が高い

次に紹介するのは、リクルートエージェントと双璧をなす転職エージェント「doda(デューダ)」です!

公開求人だけでも10万件以上あり、さらに豊富な非公開求人とあわせた求人の中からあなたにぴったりの求人をキャリアアドバイザーが探してくれます。

求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれた転職エージェントがdodaです。

リクルートエージェントと一緒に登録しておけばほとんどの求人は網羅できますよ!

\簡単5分で登録/

≫dodaの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

3位:リクナビNEXT(リクナビネクスト)

リクナビNEXT
リクナビNEXTのポイント
  1. 自分のペースで求人検索ができる
  2. 年収、残業、働き方など細かい条件まで検索可能
  3. あなたの強みが見つかる「グッドポイント診断」が受けられる

リクナビNEXT(リクナビネクスト)」は転職エージェントではなく、検索型の転職サイトです。

細かい条件で検索をすることができ、転職エージェントでは紹介されない案件もあるので、登録して情報収集にとても役立ちます。

転職エージェントと転職サイトの両方を上手に使いこなすことによって失敗しない転職成功率がアップ!

またリクナビNEXTに登録すると、あなたの強みを見つけることができる「グッドポイント診断」を受けることが可能です。

診断結果は転職の方向性を決めるのに役立ちますし、そのまま面接や自己PRにも応用することができますので、受けておいて損はありません!

\簡単5分で登録/

≫リクナビNEXTの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

転職エージェントを使うメリットは以下のように数えきれないほどあります。

転職エージェントを利用するメリット
  • 利用料は完全無料(企業が成功報酬として負担をしている)
  • 専任のアドバイザーが適正に合った求人を紹介してくれる
  • 現在の年収をベースにするため年収アップの可能性が高い
  • 休日、残業時間、通勤時間など希望の条件で探してくれる
  • 検索をする手間がなく、時間を有効に使い活動ができる
  • 履歴書・職務経歴書の作成サポートもしてくれる
  • アドバイザーの推薦状が付くため、書類選考が通過しやすい
  • 面接日程の調整、年収交渉なども行ってくれる

「転職は絶対に失敗したくない!」

そう思っている方こそ転職エージェントに登録するべきです。

また転職に成功している人はいくつかの転職エージェントをかけもちしている人がほとんどです。

転職エージェントの実力は一般の転職サイトに掲載されていない「非公開求人」が何件あるか、そしてさらに大事なのがそのエージェントだけに企業が依頼をしている「独占案件」がいくつあるかによります。

この独占案件は各企業がもっとも信頼している一エージェントにしか出していない求人のため、条件がとてもいいです。

この独占案件の数が多ければ多いほど転職の成功にもつながりますので、余裕がある分だけは登録しておきたいです。

転職エージェントを2社以上かけもちした方がいい理由」でも詳しく書いていますので、こちらも参考にしてください。

ケイ

転職が初めての人は不安な点もあると思いますが、心配する事はありません。

転職エージェントは転職のプロですのでしっかりとあなたをサポートしてくれますし、今のあなたのキャリアで転職が成功するかどうかの判断もしてくれますので、成功する事はあっても失敗する事はありません。

転職に必要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

これには運やタイミングもありますので、そういった機会を逃さないように登録だけでもしておくのがいいですよ。

正直なところ転職は年をとればとるほど面倒になってきますし、転職するなら若ければ若い方が有利になります。

悩んで歳を取るくらいなら、1歳でも若いうちに動いた方がいいですよ。

ぶっちゃけ転職は、希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

20万件の求人があれば、何件かあなたにぴったりマッチする会社もあるはずです。

ただどんどん採用がされ、募集終了となっていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

登録して、一回面談すれば後はアドバイザーの方があなたに最適な仕事を紹介してくれます。

どうするか迷っているのであれば、登録して、面談の場で紹介求人を見て決めて下さい。

・会社全体で働き方改革を推し進めている会社
・今の会社とは比べ物にならない位、労働環境が整った会社
・人間関係が良く、ストレスフリーな会社

面談の場では、優良求人が10件以上紹介されます。

そしてそれはアドバイザーが転職できる可能性がある思って紹介してくれている企業なのです。

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

それから本格的に転職活動をするかどうかを決める事もできます。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

まとめ:家族や子供が理由で会社を休んだり、早退するのは人して当然のことです

今回は子供の病気で休みがちだったり、欠勤、早退を繰り返している人に向けて、その際の考え方や、対処方法を解説してきました。

記事でも解説してきたとおり、子供が理由で会社を休むことは当然のことですし、それを誰も妨げることはできません。

ケイ

何よりも全力で仕事をして、全力で家族、子供を守る人は誰よりもカッコいいです。これからも家族のために全力で頑張ってください!

もしそんなあなたを攻撃するような会社で、何の改善もされないのであれば、もっと環境や制度の整った会社に転職をしましょう。

会社は従業員とその家族を守ってくれるもの。そんな会社に出会えるように応援しています!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次