転職エージェント・転職サイト

登録した転職エージェント1社だけってウソでしょ? 2社以上のかけもちが基本と成功しやすい理由

いざ転職活動を始めてみると、転職エージェントの良さは分かったけど、どこの転職エージェントに登録すればいいの? そもそも複数のエージェントに登録するのってアリ?ナシ?と思っている方いませんか?

はっきり言って、悩む必要なんて全くありません! 転職エージェントは必ず複数登録するようにしましょう。

転職は、こちらとしては今後の人生を左右する大事な選択です。

その大事な決定をする時の選択肢は多いに越した事はありません。

今回は転職エージェントを掛け持ちした方が良い理由と、その際の注意点、疑問点を解説していきます。

真面目な人、面倒くさがりの人は転職に失敗しやすい

転職エージェントを登録するとき、こんな風に思う人がいます。

「複数の転職エージェントに登録して迷惑かけたらいやだから、1社だけにしとこ」
「面倒だから、登録は1社だけにしとくかな…」

そんな考えでは転職の成功なんてものはあり得ません。

真面目で人がいいという事はいいことかもしれませんが、転職活動をする上においては、それは仇となってしまいます。

また面倒だからという甘い考えの人は、それが履歴書や職務経歴書に表れてきて、相手企業からも見透かされてしまいます。

ここは自分に厳しくなって、複数の転職エージェントに登録をしていってください。

複数の転職エージェントに登録してもいいの?嫌われたりしない?

現在は、複数の転職エージェントに登録するという事は、はっきりいって「普通」の事になっています。

ほとんどの人は複数の転職エージェントに登録していますし、当たり前ですが、複数の転職エージェントに登録した方が転職成功率は上がってきます。

転職エージェント側も、転職希望者が複数のエージェントを利用するのが「普通」だと思っているので、それによって対応が悪くなるとか、いじわるをしてくるというような事はありません。

たまに掲示板なんかで「僕はハゲでチビですがどう思いますか?」という質問をする人がいますが、大体の答えはこうです。

「ハゲでチビだと思います。それだけです」というもの。

それと同じで、エージェントさんも、複数のエージェントに登録しているのを「ただそれだけのこと。普通のこと」と思っているのです。

むしろ、それを話して、態度を変えて来るようなエージェントであれば、転職エージェントのサイトから担当を代えてほしいという内容のメールを送ってもいいくらいです。

転職エージェントを複数登録するメリット

ではなぜ転職エージェントは複数登録をした方がいいのでしょうか?

それは以下のような理由からです。

  1. それぞれの企業だけにオファーされている「独占案件」の枠が広がる
  2. 違った観点からの意見をもらえる
  3. それぞれの強みを利用できる
  4. エージェントのやる気も高まる

 

転職エージェントに複数利用すれば、まず求人案件が飛躍的に増えます。

転職エージェントの2トップのリクルートエージェントは20万件、DODAは10万件の非公開求人を所有しているので、合計30万件もの案件ができる訳です。

その中でも特にポイントなのが、企業が特定のエージェントのみにオファーしている「独占案件」です。

これは企業が特にお世話になっている1社の転職エージェントにしか出していない案件の事ですが、この案件は給料条件がよかったり、企業もしっかりしている場合が多いです。

こういった超優良案件のこぼしをなくすためにも複数登録は基本となります。

それに複数のエージェントに登録しておけば、エージェントさんのモチベーションもアップします。

転職エージェントはオファーされた企業に人材を送り込み、その年収の何割かを成功報酬としてもらえます。

つまり、あなたの転職が成功しない限り報酬は発生しないんです。

だから他のエージェントにも登録をしているという事が話しておけば、相手より良い条件の案件を紹介してくれたり、積極的に求人案件を紹介してくれるようになります。

ゲンキンな奴だな~なんて思わないでください。

人間って誰しもがそういう存在なのです。

また、もし自分が転職したい業界があって、一方のエージェントさんに「この業界に転職したい」と伝えたところ、「その業界は難しいからやめておいた方がいいですよ」と言われたとします。

それをもう一方のエージェントさんに話してみると、「○○エージェントさんはその分野に弱いかもしれませんね。ウチならこういった案件がありますがいかがですか?」というように、それぞれの強みを利用する事ができます。

それに担当のエージェントさんが、「会社で嫌いだったあいつに似ている」とかという理由で生理的に合わない場合だって可能性ゼロとは言えません。

そんな時も、「コイツしかいないからしょうがないかー」となってしまうとあなた自身の転職活動自体のモチベーションも下がってしまいます。

そんな時でも複数の転職エージェントに登録しておけば、そちらをメインにして利用するという事も可能になります。

転職エージェントの複数登録はこんなメリットを得る事ができるので、必ず2社は登録しておくようにしましょう。

複数の転職エージェントに登録するデメリット

複数エージェントへの登録はメリットが多く、それほど気になるデメリットがあるワケではありませんが、

  • スケジュール管理が難しい
  • 面接も増えるため、履歴書や職務経歴書を書く手間が増える
  • エージェントの意見が違った時、混乱してしまうこともある

というような事があげられるでしょう。

複数の転職エージェントに登録すると、それぞれで応募フローが流れるような感じとなり、選択を迫られるというような場合が出てきます。

たとえばA社で内定が出たが、B社で応募している第一志望の企業の最終面接の予定がある、というような場合です。

同一エージェントでの応募であれば、うまくエージェントさんが調整をしてくれたりするのですが、複数のエージェントを利用しているとこういったシチュエーションになる事も考えらえれますので、この点に関しては注意が必要です。

できれば、他のエージェントさんに他社での応募状況なども伝えて情報を共有しておくのがいいでしょう。

また転職エージェントの方の考え方もそれぞれありますので、3社に登録している場合は、三者三様の考え方があり、それぞれが異なった意見となてしまう可能性もあります。

自分の考えを持っている人はそれでも大丈夫だと思いますが、優柔不断な人だと、どれがいいのか結局決めきれなかったという事になる可能性もあります。

そうならないためにもある程度の自分の考えはしっかり持っておくのが良いと思います。

複数の転職エージェントを利用する際の注意点と利用のコツ

複数利用である事は伝えておく

まず必ず、複数のエージェントを利用しているという事を伝えるようにして下さい。

また新しい転職エージェントに登録した際も必ずそれを話すようにして下さい。

企業側も複数の転職エージェントに求人の依頼をする事があり、どちらのエージェントからも同じ企業の求人案件を提案される事があります。

最初に話しておかなかった場合、「実は別のエージェントも登録していて…」という話になると、あまり印象はよくありません。

また複数利用の転職エージェントが大手であれば、その名前も必ず伝えておきましょう。

ここで中小のエージェントの名前を言うと、「あのエージェントならそんなに力がないから気にする事ないかな」と思われてしまいます。

リクルートエージェントとDODAならどちらも大手で、優秀なエージェントが多いので、人材を取られないようにサポートをしてくるようになります。

企業に応募したら別のエージェントにも伝える

むこうのエージェントで紹介された「○×商事」に応募しました、というような事を伝えておけば、「じゃあこっちはもっと条件のいいこの企業を紹介しよう!」と相乗効果を呼び、より条件の良い求人案件を紹介してくれるようになります。

だったら、最初から紹介してくれよ~と思うかもしれませんが、そこはスルーしてあげましょう。

転職エージェントを複数登録する際のベストは2社!余裕があればもう1社に登録

まずは転職エージェント最大手のリクルートエージェントとDODAに登録しておくことをオススメします。

リクルートエージェント

  • 国内最大手の転職エージェント。非公開求人20万件以上
  • 全業種・全職種に対応
  • 男女、年齢問わずに案件が多い

 

DODA

  • 非公開求人10万件以上
  • 利用者の満足度NO.1できめこまかいサービスが受けられる
  • 全業種・全職種に対応しており、IT系・エンジニア系にも強い

 

あまりたくさんの転職エージェントに登録してしまうと、紹介される求人が被ってしまい、印象がよくなくなってしまったりしますし、スケジュール的にもきつくなってしまうので、まずは大手2社、もしくは3社のみの登録がいいです。

まずはリクルートエージェント、DODAの2社に登録し、もう一社は自分自身の年齢、キャリア、希望に合わせて選ぶ事をおすすめします。

以下に3社目としておすすめの転職エージェントと、ポイントを書いておきますので、参考にしてみて下さい。

マイナビ ~20代ならおすすめ

  • 20代の転職に強い
  • ハイクラスの求人は少なめ
  • 中小企業を含めた幅広い求人がある

 

JACリクルートメント ~30代、40代におすすめ

  • ハイクラスの求人が多い
  • 外資系企業に強い
  • 英語を使った仕事に強い

 

ワークポート ~IT系狙いならおすすめ

  • IT系に強く、IT系出身のエージェントも多い
  • IT系ならではの面接対策ができる
  • 求人案件はそれほど多くない

 

パソナキャリア ~サポートが手厚く初心者にも優しい

  • 非公開求人は約2万件
  • 面接対策など手厚いサポートで、転職が初めての人に人気
  • ハイクラス案件は少な目

 

余裕があれば、まず多くの転職エージェントに登録して、実際に面談を受けてみて、自分と合うエージェントさんを選ぶという方法も可能です。

履歴書や職務経歴書は、ファイルがあればアップロードして使う事ができるので、ファイル形式にして作成しておきましょう。

そうすることによって登録時間の短縮にもつながります。

転職エージェントは無料で利用できますし、いつでも利用をやめる事もできますので、ラクな気持ちで登録できます。

ぜひ自分自身の可能性を信じ、一歩踏み出して、転職成功をつかみとって下さい!

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!