転職エージェント・転職サイト

業界NO.2! dodaのメリット・デメリット・実際使った感想・特徴などを解説!

業界最大手のリクルートエージェントと双璧をなす転職エージェントが業界NO.2の求人案件、実績を誇る「doda」です。

これから転職活動をしようとしている方の中にはどの転職エージェントを利用するか悩んでいる方もいらっしゃると思いますので、今回はこちらのdodaを利用した経験のある管理人がそのメリット・デメリット・実際使ってみた感想などを他の転職エージェントと比較しながら見ていきたいと思います。

 

業界NO.2エージェント doda(デューダ)の特徴

それでは、まずdodaの主な特徴をまとめていきましょう。

dodaエージェントサービスの特徴

  • 業界トップクラス! 10万件以上の非公開求人
  • 各業界に精通したアドバイザー
  • 充実した転職サポート
  • 全国にある拠点
  • 転職者の満足度が高い

こちらがdodaの公式サイトに記載がある主な特徴となります。

また公式サイトをくまなく調べてみると1年間の転職成功実績は1万件以上と書かれていました。

業界NO.1の「リクルートエージェント」の非公開求人件数が20万件以上、年間転職成功実績が2万件以上となっておりましたので、数字的には約半分という事になりますが、それでも十分な数字だと思います。

実際僕はリクルートエージェント、dodaの両方に登録をして利用をしていましたが、リクルートエージェントの方が紹介求人が多い、dodaは紹介求人が少ないと感じた事はありません。

それにリクルートエージェントは紹介してもらえる求人は多いですが、中には超一流企業の紹介案件もあり「こんな会社、応募してもぜったいムリやろ!?」というような紹介があったり、「仕事内容は申し分ないけど、年収が希望よりも少し少ないなあ」というような求人もありました。

逆にdodaはある程度自分の身丈にあった会社というか、自分が入社した時のイメージがしやすい会社の紹介がほとんどでしたし、大部分の紹介求人が自分の希望とマッチしていた印象があります。

実際リクルートエージェントで紹介される超一流企業に応募した事が何度かありますが、当然僕の実力では全てが書類選考落ちでした。

転職エージェントは企業に転職を成功させることによって、その転職者の年収の何割かを成功報酬としてもらう、というビジネスモデルなので、小さな会社に転職させるよりは大企業に転職させた方が儲かります。

そのため、リクルートエージェントの場合は「ダメ元で紹介してもしも転職が決まったらラッキー」ぐらいの感覚で紹介してくれている、という見方もできます。

ただもちろん可能性ゼロというような企業は絶対に紹介はしてくれませんので、それを良しとみるか悪しとみるかは各自の判断だと思います。

もしかしたらお互いがベストマッチして、三流私大卒の僕でもトップ企業に入れるという可能性あるのかもしれません。

また、このあたりは僕が多くの転職エージェントを利用して実際に感じた事で、全ての利用者が同じように感じるかどうかは分かりませんが、使っていく中でそれぞれの企業の考え方なども少しずつ見えてくるような感じがします。

実際に使ってみて分かったdodaエージェントサービスのメリット

それではここからは、実際にdodaを使ってみて分かったメリットを紹介していきます。

専任のキャリアアドバイザーと各企業の採用担当者と、ダブルで求人紹介をしてもらえる

dodaでは専任のキャリアアドバイザーからの紹介の他に、各企業を担当している採用担当者(採用プロジェクト担当)がおり、この両方から求人紹介をしてもらえます。

それだけ選択肢が広がっていくので、「とにかく多くの求人を紹介してほしい」という人にはいいサービスだと思います。

ただ注意しないといけないのが、求人の質が

キャリアアドバイザー>採用プロジェクト担当

となっている点です。

これは各企業の担当者がなんとなく条件が合っていそうな利用者にメールを送っているものなので、担当者によってはとにかく手当たり次第で送っていると見受けられる紹介もあったりします。(若干デメリット入ってるかもしれません)

僕の場合はWEBマーケティング系の職種を希望していましたが、百貨店の外商営業、アウトドア関連メーカーの広報、など全く畑違いの求人紹介もあったりしました。

ただ採用プロジェクト担当からも、かなりドンピシャの求人が来る事があります。

逆に「おいおい、オレの専任アドバイザー!この求人まずオレに回すべきやろ!」と思ったりするレベルのものがいきなり来たりします。

実際そこから内定につながった求人もありますので、紹介内容を見て、うまく振り分けて利用したいです。

口コミなんかを見ると「dodaから紹介されたのはクソ求人ばかり」、「希望と全く違う求人紹介された」とか見かけますが、そういう人たちはこの辺りのシステムが良く分かっていないんじゃないかと思います。

この辺りを自分でも知っておけば、うまく使えるはずですよ。

自分のペースで転職活動をするのに近い感覚で利用できる

登録後ですがよく口コミで、応募をせかされたとか、内定した後が強引という内容がありましたが、僕の場合は全くそういう事はなく、自分のペースで転職活動ができました。

実際僕は内定が出た時も普通に内定辞退する事ができましたし、担当の方も「残念ですが仕方がありませんね」ぐらいの反応でした。

それによって何か関係が悪くなったとかそういう事もありませんので、このあたりも人による部分が大きいのかもしれません。

面談後はホームページやアプリをチェックして、紹介される求人を見て応募するかどうかを決めればいいですし、面接日程などの調整もWEB上やアプリ上でできますので、めんどくさがりの人もスムーズに利用ができます。

僕が感じたのは一般転職サイトと転職エージェントの良い所を混ぜたような感じだなという事です。

近すぎず遠すぎずといった、ちょうどいい立ち位置でサポートをしてくれるため、そういった点では万人受けする転職エージェントだなと思います。

アプリを使えばより便利

登録後は、dodaのアプリを使えばより効率よく転職活動ができます。

空いた時間に求人情報の閲覧もできますし、面接日の日程調整なども簡単にできますので登録後にはダウンロードをしておくといいですよ。

万が一、面談を断られた場合も利用が可能

口コミなどを調べてみるとdodaのエージェントサービスですが、面談をしてもらえないという場合もあるようです。

私が新卒半年退職で市場価値が低いからみたいね。Dodaも繁忙期(ボーナス貰う貰わないあたり)は断られたよ。
@_tosca3

<同じく、DODAのコンサルティングに申し込んだけど、断られた。3年前は受け入れてくれたのに。
@kamisaka_m

この点に関して、dodaの公式サイトを調べてみると、以下の様な記載がありました。

キャリアカウンセリングのご案内は、求人要件の難易度やご本人の職務経歴などを総合的に判断した上で、お声がけさせていただきます。今すぐにキャリアカウンセリングのご案内ができない場合は、別途、その旨をご連絡いたします。

ただ面談が行われない場合であっても、dodaでは一部の非公開求人の検索・閲覧・応募が可能となっています。

面談を受けた場合に比べると多少の縛りはありますが、それでもかなり多くの優良求人があります。

そこから企業の内定につながる可能性もありますので、面談の案内が来なかった場合も諦めずに利用をしてみるといいです。

各業界の業種別アドバイザー

dodaのアドバイザーは専門分野ごとの担当になっており、専門的な知識や情報を持っています。

そのためIT業界で働きたい、金融業界で働きたいというような具体的なビジョンがある場合は、より具体的なアドバイスを聞く事ができるようになっています。

ただ最近は若いアドバイザーの方も増えてきており、そこまで深い知識がない場合もありますので、アドバイザーの意見はあくまでも参考として聞いておくのがいいと思います。

また最近はIT特化転職エージェント、メディカル系特化転職エージェントなどもありますので、「絶対この業界じゃないとヤダ!」という場合はそのような特化型転職エージェントを利用するのがいいでしょう。

肝心のアドバイザーの質ですが、他の転職エージェントと比較してもトップクラスだと思います。

話し方や、提案力など、リクルートエージェントに劣っている点などはありませんし、紹介してくれる求人内容もほとんど自分の希望にあったものでした。

またリクルートエージェントは面談後は基本的にメールでのやり取りのみでしたが、dodaのアドバイザーは良い求人があった時は一本電話をしてくれ「良い求人があったのでメールを送っておきます」という事を言ってくれたりと、人間味を感じる事もできました。

この辺りは人によっては「そんな用件の電話ならいらない」と、デメリットと感じる点になるかもしれませんが、僕はそういった事は嫌いじゃないのでメリットとして記載したいと思います。

入社後のアフターフォローが手厚い

これはあまり知られてはいないのですが、面談の時に説明を受けて「あ、このサービスは役にたつかも」と思ったので書いておきたいと思います。

dodaには他のエージェントではあまり見かけない「入社後のアフターフォロー」があります。

転職先に入社した後は少なからず以下のような悩みが出てくる事があります。

  • なかなか新しい環境になじめず不安
  • 未経験の仕事で周りに指示だしをしにくいがどうしたらいいか
  • 事情で有給をとりたいと思うが、上司に相談しても問題ないか

dodaにはこういった悩み事など、ちょっとした相談ができたり、入社1年後をめどに何か心配事はないか?などのインタビューをしてくれるサービスがあります。

中途で入社した場合はどうしてもこういった不安が付き物になりますが、相談する相手がいなかったりしますので、こういったサービスはいいなと思いました。

キャリアタイプ診断とレジュメビルダーが役に立つ

dodaに登録すると様々なコンテンツを利用できるようになります。

年収査定、人気企業合格診断、キャリアタイプ診断、レジュメビルダーなどがありますが、この中で僕がオススメするのは、

  1. キャリアタイプ診断
  2. レジュメビルダー

こちらの2つです。

特にキャリアタイプ診断はカンタンなアンケートに答えていくだけで、自分の強み、弱み、自分に向いている働き方が分かり、非常に役に立ちます。

ここに書いてある内容は具体的なエピソードを付け足せば面接でアピールできる武器にもなりますので、登録後は必ずやっておいた方がいいと思います。

キャリアタイプ診断の結果サンプル

 

またレジュメビルダーは職務経歴書を書いた事がない人にオススメ。

これまでの経歴、経験など、質問に答えていくだけで、職務経歴書が出来上がるという優れものです。

職務経歴書の書き方が分からない、フォーマットはどうしたらいい?とお悩みの方はこれを利用するといいですよ

dodaのデメリットはあるの?

さてここからはdodaのデメリットに言及したいと思います。

他の転職エージェントに比べ、メール配信数が多い

まずdoda最大のデメリットですが、リクルートエージェントに比べるとメールが多いです!

キャリアアドバイザーからの紹介メール、採用プロジェクト担当からの紹介メールに加えて、転職サイトと同じような「新着求人」「応募したのと似た求人」などいろんなメールが届くようになって振り分けるのが大変です。

この辺りはメール設定を変更することによって減らす事はできますが、面倒な方はその設定自体を嫌がったりしますよね。

そんな方は、メールがウザいと思う可能性100%です。

めんどくさいかもしれませんが、最初にメール配信の設定はしておきましょう。

全く応募をしない場合は、紹介件数が少なくなった

僕がdodaを使っていた時の話ですが、最初はコンスタントに求人の紹介メールが届いておりましたが、しばらく応募を全くしないという時期がありましたが、その辺りから少し紹介件数が少なくなってきたような感覚を受けました。

dodaから届いたメールを確認してみたところ以下の様な記載を見つけました。

一定期間ご応募がない場合は、求人紹介を停止させていただくこともございます。ご了承いただけますよう、お願い申し上げます。

先程も述べたように、転職エージェントは転職希望者が企業に応募して転職する事によって成功報酬を受け取るというビジネスモデルになっています。

毎日のように転職希望者が登録をしてきますので、どうしても転職の意欲が高い人が優先されるようになり、最悪の場合、転職意思がなくなったとみなされる場合があります。

ですので、希望にあった求人がなかったとしてもちょっと気になる企業があれば応募だけはしておくのがいいと思います。

ここで紹介が打ち切りになってしまうと、再度のサービス再開が難しかったりしますので、気を付けた方がいいでしょう。

海外での就職には弱い

この辺りは他の転職エージェントにも言える事ですが、リクルートエージェントやdodaのような総合型転職エージェントで、海外での就職を実現するのはかなり難しいと考えて下さい。

海外就職をするなら、外資系に強い転職エージェント、外資系の転職エージェントを利用するのが良いと思います。

ただそれでも海外就職を成功させるには高い壁があると思います。

この辺りは本当に時の運やタイミングが重要になってきますので、焦らずにじっくりとチャンスが来るのを待ちましょう。

ニート・既卒には弱い

dodaはキャリアアップのための転職エージェントになりますので、これまでに正社員での経験がない場合は、求人の紹介がされない場合があります。

そのような方には、ニート・既卒・第二新卒向けの就職エージェントがありますので、そちらを利用するのがオススメです。

自分のペースで活動したい方には不向き

dodaのエージェントはそれほど強引に応募を勧めてきたりする事はないというイメージでしたが、それでも求人を紹介してもらっていると、「応募してあげないと悪いなあ」と思ったりするものです。

そういった事で悩むのが嫌な場合は、転職サイトを使った転職活動をオススメします。

転職サイトは、同じリクルートグループのリクナビNEXTを利用するのがいいでしょう。

新卒用のリクナビを利用した事があるかもしれませんが、その転職者向けサイトです。

リクナビNEXT
(リクナビネクスト)
NO.1転職サイト
国内最大手の転職サイト。求人数も多く、また企業側や転職エージェントから優良求人のオファーが直接届く場合もあります。「グッドポイント診断」では自分の強みや適性を調べる事ができ、これだけでも登録する価値があります。

 

企業からの直接オファーなどが届く場合もありますので、自分のペースで求人情報のチェックもできます。

まとめ:dodaは最もバランスが取れた転職エージェント

実際僕がdodaを使ってみて感じたのは、求人の量や質、アドバイザーの質、そして利用した際の使いやすさ、この辺りのバランスがうまく取れている転職エージェントという点でした。

リクルートエージェントのように全てがオートマチック化されている訳でなく、多少アナログの部分も残っており、使っていて気持ちがいい転職エージェントだと思います。

実際に利用し、企業面接なども受けたりしましたが、そこにリクルートエージェントとの差を感じるようなシーンはありませんでしたので、十分自信をもっておすすめできるエージェントだと感じました。

転職者満足度NO.1
利用料完全無料

転職エージェントは複数登録がオススメ

ここまでdodaのメリット・デメリット・特徴などを紹介してきましたが、doda一本で転職活動をするより、リクルートエージェントにも登録をして、複数掛け持ちしての転職活動をすることが効率的に転職活動を進めていくポイントになってきます。

各転職エージェントには、取引先企業が特定の転職エージェントにしか依頼をしない「独占案件」というお宝求人があり、この求人にいくつ出会えるかが転職成功の最大のポイントになってきます。

複数の転職エージェントに登録をしておけば、この独占案件の数も自然と増えてきますので、余裕があるだけ多くの転職エージェントに登録しておくのがオススメです。

ただあまり多くの転職エージェントに登録をしてしまうと、スケジュールを回せなくなってしまう場合もありますので、その辺りはうまく調整するようにしましょう。

だいたい最初に3~5つぐらいのエージェントに登録し、2~3つの転職エージェントをメインに利用していくという方法が僕がオススメする活用方法です。

ぜひ可能性を広げ、自分に最もあった企業と出会っていってください!

 

【転職をお考えの方へ】
今すぐ行動することが幸せへの第一歩です!

絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト(完全無料)

1:リクルートエージェント
国内最大手転職エージェント。非公開求人数は20万件以上あり、全ての年齢層に対応しています。まずは第一に登録するべきエージェントです!
リクルートエージェントの評判・レビューはこちら!

2:doda
国内第2位の転職エージェントで、非公開求人数は10万件以上。求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれたエージェントです!
dodaの評判・レビューはこちら!

3:パソナキャリア
非公開求人は上記2社に比べると少なめですが、アドバイザーがどこよりも丁寧にサポートしてくれるので初めての転職でも安心。利用者のサポート満足度はダントツNO.1です!
パソナキャリアの評判・レビューはこちら!

4:リクナビNEXT
人気ナンバー1の転職サイトです。自分のペースで転職がしたいという方にはオススメ。気になる求人があれば転職エージェントのアドバイザーに相談して、エージェント経由で応募する裏技も使えるようになります!

 

また以下に僕が月100時間以上の残業、パワハラで苦しんでいたブラック企業から転職をした時の体験談がありますので、こちらもぜひお読み下さい。

元社畜管理人のブラック企業脱出体験談はこちら!