転職エージェント・転職サイト

リクナビNEXT(リクナビネクスト)のメリット・デメリット・実際に利用した感想・評価

転職を考えている方は何となく転職サイトの情報を見ていると思いますすが、どのようなサイトを見ているでしょうか?

僕が転職をする際にメインで見ていた転職サイトは「リクナビNEXT(リクナビネクスト)」でした。

最初は手当たり次第に色々な転職サイトに登録をして使ってみましたが、最初から最後まで利用していたのはリクナビNEXT(リクナビネクスト)でした。

今回はこのリクナビNEXT(リクナビネクスト)について、実際に使用してみて感じたメリット、デメリット、感想を書いていきます。

登録・利用料無料!
 企業からのオファーも来る!

転職サイトは使えないサイトが多い?

僕がリクナビNEXTを利用して思ったのは「転職サイトの中ではとにかく使える」という事でした。

転職サイトも沢山あって僕も転職活動を始めた時は片っ端から登録をしましたが、その後、以下のような理由から使わなくなったサイトが多くあります。

  • いつ見ても情報が更新されず同じ求人しか載っていない
  • 自分の希望の条件を入力して絞り込み検索すると求人件数ゼロになる
  • 求人が出てきたとしても、住宅営業、保険営業の求人ばかり

そしてメールを開くと、毎日役に立たない求人メールが届いているという、こんなパターンです。

リクナビNEXTもあまり役に絶たないメールが来たりもしますが、それ以上に使える点があり、僕は「リクナビは唯一の使える転職サイト」だと思っています。

リクナビNEXT(リクナビネクスト)の特徴

まずリクナビNEXTの特徴からおさらいしていきましょう。

リクナビNEXTは、国内最大手の人材紹介会社のリクルートが運営している転職サイトになります。

つまり国内NO.1の人材紹介会社が持つ、そのノウハウとパワーを使っているわけです。

これで使えないわけはないですよね。

ある程度のネームバリューもありますし、新卒で就職活動をしていた方なら新卒向けリクナビを利用した事のある方も多いので、転職という事になればまずリクナビネクストを利用するでしょう。

逆に企業の方でもそういった事情を知っているので他の企業に求人を出すよりは、確実性のあるリクナビNEXTに求人を出す傾向があります。

僕が勤めていた会社でもリクナビNEXTを利用して求人をしていた事があるのでよくわかりますが、リクナビNEXTと他の転職サイトの広告費というのはそれほど大きな違いがあるわけではありませんが、リクナビNEXT経由の方が応募してくる人の数が多いので、どうしてもリクナビNEXTへの出稿が多くなってしまうんですね。

その他にも、リクナビNEXTのホームページにはこんな特徴も書いてあります。

  • 公開求人数約30000件
  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%
  • 転職者の約8割が利用する転職サイト
  • 転職決定率NO.1
  • 正社員の求人が約9割

特にリクナビNEXTだけの限定求人85%というのは大きく、それだけ転職先候補が広がっていくわけなので、転職活動を始めようとしている方はまず登録すべき転職サイトになると思います。

リクナビNEXTの良い点・利用のメリット

ここからは僕が実際に使ってみて感じたリクナビNEXTのメリットを紹介します。

良質の求人が多い、ただ探すコツは必要

口コミサイトを見てみると、「リクナビNEXTにはブラック企業しかない」と書かれてあったりするので、僕も最初は大丈夫かなあと思いましたし、実際検索してみると、確かにブラック企業の臭いがする求人が多くありましたが、継続して見ていくとこのブラック求人も簡単に分かるようになってきます。

ブラック求人を見分ける方法はいくつかありますが、以下に簡単に分かるものを書いておきますので参考にしてみて下さい。

ここにタイトルを入力
  • 夢・希望・社員の幸福を大々的に謳っている会社
  • 掲載されている写真に笑顔満開のモデルっぽい人がいる
  • 現実的でない額の給料額
  • ノルマなし・残業なしなどと書かれている
  • 経験・学歴・年齢不問全て書かれている

こういった会社は、ほぼほぼブラック企業です。

2つ当てはまればグレー、3つ当てはまればほぼブラック、4つ以上当てはまれば完全ブラック確定です。

またこちらの記事も参考になると思います。

実際、どの転職サイトにもブラック求人が多いというのは確かだと思いますが、このブラック求人フィルターをかけて見ていくと意外と優良な求人が多いというのに気が付きます。

そういった求人もまた特徴すべき点があります。

ここにタイトルを入力
  • 検索結果の後ろの方に表示される
  • 広告枠が小さめ
  • 写真が掲載されていない場合がある
  • 残業時間が具体的に書かれている

検索して出てくる結果の内、最初の方はあたかも広告業者がデザインしたような求人広告ばかりですが、なぜか検索結果を見続けていくとあるゾーンから急に上記のような求人広告が出てくるようになります。

もしかしたら、広告料に応じて優先的に前の方のページに掲載をしているという裏事情があるのかもしれませんが、このゾーンに優良な求人がある場合が多いんです。

ただこの後ろの方に掲載されている求人情報こそが本当に見てもらいたい内容になっていますので、検索したら必ず後ろの方まで目を通すようにしましょう。

ここにある求人の中には具体的な残業時間が具体的に書かれている企業もあったりします。

ブラック企業は「残業なし」と書かれていながら実際に入社してみたら「残業なし?てか残業って常識でしょ?」と言われるのが普通。

だったら最初から正直に残業時間を書いてくれている企業の方がよっぽど信用できます。

転職エージェントからのオファーが来る

リクナビNEXTを運営しているリクルートでは転職エージェントの「リクルートエージェント」を運営しており、リクナビNEXTとリクルートエージェントがいい意味で連携を取ってくれます。

転職エージェントは企業が求めている人材を企業に転職させる事によってその年収の何割かを企業からもらうという人材紹介サービスで、もちろん転職する人はお金は一切かかりません。

企業でも新規事業立ち上げなどで人材を急募している場合があったりするのですが、そういった時にリクルートエージェントの担当からオファーのメールが届く事が何度かありました。

気になる企業や、条件が合う場合は転職エージェントから説明を聞いた上で応募をする事ができます。

また他にもパソナキャリア、メイテックネクストなどの有名転職エージェントもリクナビNEXTを利用してスカウトオファーをしており、転職エージェントの数はなんと400社以上にもなります。

優秀な人材であればあるほど、何社ものエージェントから良い求人を紹介されますので、より選択肢の幅が広がっていきます。

ただそうは言ってもビジネスも絡んでいますので、転職エージェントで登録している人がいれば多少能力は低くてもそちらの登録者から企業に紹介されてしまいますので、もし何件か転職エージェントからオファーが来るというような場合は転職エージェントに登録をした方がいいです。

企業からのオファーが来る

オファーは転職エージェントだけでなく企業の採用担当者からも来ます。

企業のオファーに関しては、ただ条件だけが合っているからという理由で無作為に送られてくる場合もありますし、中には経歴を見て「すごくこの人が気になる」と思って送ってくれる場合もあります。

その辺りはメッセージの内容を見れば、一斉メールなのかそれとも一個人宛に送られたものかが分かると思いますので、そこで判断をすればいいと思います。

企業からの求人に関しては正直なところ、営業関係、ドライバー関係、もしくはブラック企業のオファーが多いというのも事実ですが、中にはとんでもない優良求人が送られてきたりします。

基本的にはスルーでいいと思いますが、ちょっといつもと違う雰囲気のメールが来ている場合は、ゴミ箱に直行せずにしっかりと見るようにして下さい。

グッドポイント診断ができる

リクナビNEXTのコンテンツの中でオススメしたいのが「グッドポイント診断」

出される質問に対して答えを選択肢から選んでいくだけで、自分自身の性格、強み、どういった仕事に向いているかのレポートが出てきます。

質問は90問あり、全部答えるまでに約30分前後かかりますが、この内容が企業の面接での「あなたの強み・弱みはなんですか?」といった質問の答えにも使うことができたりと、やっておいて損はないものなので、ぜひ一度試してみて下さい。

履歴書、職経歴などはしっかり書いた方が良い

転職エージェントや企業からオファーやスカウトをもらうためには、ある程度しっかりと履歴書と職務経歴書は書いた方がいいです。

転職エージェントや企業の人事担当者はこれまでに何百人という人の履歴書や職務経歴書を見て来た人ですので、書類の書き方や内容を見ればその人の真剣具合や性格など、ある程度分かってしまいます。

その書き方ひとつでオファーがされるかされないかが決まってきてしまう事だってあります。

めんどくさい場合は先に会員登録をして、少しずつ埋めていくという事も可能ですので、しっかりと記入するようにしましょう。

リクナビNEXTに向いている方

リクナビNEXTは以下のような方が使うのに適しています。

  • 自分からは積極的には動かないが、いいオファーがあればと考えている
  • 本格的ではないが良い転職先があればと思っている
  • 自分のペースで転職活動をしたい
  • 転職エージェントの登録を断られた
  • 転職できるかどうかが分からず悩んでいる

上記のような方はリクナビNEXTに登録すべきだと思います。

自分からは積極的には動かないが、オファーがあればと考えている

現在の職場もそこそこだけど、条件がいい会社があれば考えてもいいという人はとりあえず登録だけしておいて、良いオファーが転職エージェントもしくは企業から来たら考えるという利用方法が適しています。

自分のペースで転職活動をしたい

人からの意見に左右されずにとにかく自分自身の意思で動きたいという方はまず登録すべきでしょう。

検索をしていき、気になる求人があればどんどん応募していきましょう

転職エージェントの登録を断られた

ミドル層となってくると転職エージェントから登録を断れるという事も増えてくると思いますが、年齢不問という優良企業が増えてきているのも事実です。

転職エージェントや企業からのオファーが来ることもありますので、それを待ちながらも、検索中心で活動をしていくという形がいいと思います。

転職できるかどうかが分からず悩んでいる

転職したいけどできるかどうか分からない、転職エージェントはよっと敷居が高い、という方はまずリクナビNEXTに登録してみて求人検索をしてみましょう。

実際の求人を見ながら、自分自身の経験・キャリアで転職ができるかどうかを判断するといいと思います。

また転職エージェントから複数の面談オファーが来るようでしたら、転職市場の中での価値があると認められた証拠になりますので、その際はいくつかの転職エージェントに登録するのがいいと思います。

リクナビNEXTにデメリットはある?

これまで解説してきたように、リクナビNEXTは求人検索、企業や転職エージェントからのオファーなど転職サイトだけとしてでなく、リクルートの情報網をフル活用できる総合転職サイトになっています。

それだけ利用価値がありますが、反面デメリットと感じる部分もありますので、それを紹介していきます。

NO.1転職サイトであるゆえに求人応募者も多い

以前僕が勤めていた会社でもリクナビNEXTを利用していたので分かるのですが、とにかくリクナビNEXT経由の応募者は多いです。

その会社は募集内容に「残業・ノルマなし」と書くようなブラック企業だったのでそれもあったかもしれませんが、1回の広告で約100人くらいが応募してくるので、書類だけ見ても疲れてくるほどです。

ただ先ほど話したようにブラック企業フィルターで除外していけば、応募者数が比較的少ない優良求人にが出てきますので、いかにしてそのような求人を探し出せるかがポイントになってきます。

意味のないメールが多い

リクナビNEXTを利用していると分かるのですが、とにかくメールが沢山届きます。

特に求人を閲覧した翌日には、

「◯◯株式会社様から応募しませんかメールが届きました」

「◯△株式会社様から面接に来ませんかメールが届きました」

というようなメールが頻繁に届くようになります。

先ほどのスカウトメールは自分個人宛て送られる場合が多いですが、上記のような甘い誘惑の臭いがするメールはただ条件に合う人に送られている自動メールにすぎませんので、無視するのが一番です。

何の意味もないメールですので、早めにメール設定を変更し、配信がされないようにしてしまいましょう。

短期で転職成功したい人には不向き

集中して活動をし、短期で転職成功をしたい方は転職エージェントを利用しましょう。

リクナビNEXTはどちらかというと、そこまで差し迫ってはいないけれども、チャンスがあれば転職を考えたいという人や、すぐにではないが良い求人があれば行動したいという人向けというイメージがありました。

逆に、短期の転職成功を実現したい方は、転職エージェントを利用した方が確実に早い転職の実現ができますので、そちらのサービスを使うのがいいでしょう。

以下がオススメの転職エージェント3社ですので、こちらの利用も検討に入れて下さい。

 

リクルートエージェント 国内NO.1エージェント
国内最大手の転職エージェント。非公開求人20万件以上と圧倒的な情報量。年齢層、業界も幅広く、誰にでもおすすめできる転職エージェント
doda 業界NO.2 サービスに定評
業界第2位の転職エージェント。非公開求人も10万件以上と多く、かつサービスにも定評があります。求人件数、サービスの質のバランスが最も取れた優良転職エージェント
マイナビエージェント 20代の方・未経験職におススメ
新卒の就職に強いマイナビが運営する転職エージェント。特に20代の方、未経験職への転職に強い。優良中小企業、トップベンチャーの求人も多く若手のキャリアアップを応援しています。

サイトに登録して、リクナビNEXTを使いこなそう

ブラック企業が多く、優良求人を探すのに多少の手間がかかってしまう点やメールが多いというのはデメリットですが、そこさえクリアしてしまえば、転職サイトの中では最も使えるサイトであるという事が言えます。

3万件の求人+400社を超える転職エージェントのオファーに、企業からの直接オファー、これだけのものを無料で利用できるのですから、登録しないという選択肢はないと言えるでしょう。

リクナビNEXTを使うべきポイント

  • 3万件の求人
  • 400社を超える転職エージェントからのオファー
  • 企業からの直接オファー

リクナビの登録方法は簡単

リクナビNEXTはスマホ・パソコンがあれば登録だけならすぐに終わってしまい、ものの数分もあれば登録完了できます

そうすれば履歴書・職務経歴書も途中保存ができるようになり、空いた時間に埋めていき、完成させる事もできますので、めんどくさがりの方は先に登録だけ済ましてしまいましょう。

登録・利用料無料!
 企業からのオファーも来る!

最後にオファーを効果的に受けるためのポイントをお伝えしますと、定期的にログインをしておくとオファーの受信確率が高くなります。

どのユーザーが定期的にログインをしており、転職に意欲的かという記録がリクナビに残るようになっておりますので、企業が見た時もそのような「定期的にログインしている人=転職の意欲が高い人」が優先して表示されるようになっているのです。

リクナビNEXTのサイトを利用すればするほど、オファーの確率も高くなっていきますので、定期的に利用するように心がけて下さい。

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!