転職エージェント・転職サイト

リクルートエージェントのメリット・デメリット・実際使った感想や特徴などを解説!

今回は業界最大手の転職エージェントの「リクルートエージェント」の特徴・メリット・デメリットなどを紹介していきます。

転職するなら転職エージェントを使った方がいい、転職エージェントの最大手はリクルートエージェントという事も分かった。

でもそのリクルートエージェントって実際どうなの? 使えるの?

という思いをお持ちの方も当然いらっしゃると思います。

僕もリクルートエージェントにはお世話になっていますので、実際に使ってみた所感も含めて話していきたいと思います。

以下の記事と合わせてお読み下さい

 

業界NO.1エージェント リクルートエージェントの特徴

まずはリクルートエージェントの簡単な特徴をまとめていきます。

リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1 年間2万件以上
  • 業界最大級!20万件以上の非公開求人
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザー
  • 充実した転職サポート
  • 拠点数が業界最多

この中で他の転職エージェントが追随できない点は以下の点です。

  • 20万件以上の非公開求人
  • 年間2万件以上の転職成功実績

実際のところ、アドバイザーによる面談、履歴書・職務経歴書のサポートや面接対策はどの転職エージェントでも行っており、何もリクルートエージェントだけが行っているサービスではありません。

ただどうしても他のエージェントが追い付けないのが、この非公開求人の数と転職実績です。

業界2番手のdodaですが、大々的には書いてなかったのですが、公式サイトを隅々まで調べたところ、

  • 非公開求人10万件以上
  • 1年間の転職成功実績1万件以上

という記載があり、リクルートエージェントの半分という数字でした。

こちらが業界第2位の数字となるため、少なくとも他のエージェントにおいては年齢、ジャンル等による強みはあるものの総合力では追い付けないでしょう。

転職エージェントの3番手のマイナビが運営するマイナビエージェントの非公開求人はおそらく3万件前後とみていますので、

セ・リーグ巨人一強、追随するカープ、それに続く4球団といったイメージを持ってもらえればいいんじゃないかと思います。

求人数が多く転職成功実績が多いという事は、あなたの転職成功確率も高くなるという事です。

それだけ条件に合う企業や求人案件があり、成功のノウハウを知っているという事実は何よりも勝る強みと言えます。

実際使ってみて分かりますが、リクルートエージェントからの紹介されるは「こんな企業絶対内定もらえんやろ!?」というような一流企業もいくつかありましたし、仕事の内容や条件も自分が希望としてアドバイザーに出した条件を満たした求人がほとんどでした。

とにかく毎日のように「これどうですか?」「こちらはいかがですか?」という感じでメールが届きます。

求人が来なくてやきもきする事がない、というのも転職エージェントを選ぶのには重要なポイントですよ。

サイトだけでは分からないリクルートエージェントのメリット

と、ここまではだいたい公式サイトを見ればわかるところ。

これだけですと何の価値もない記事になってしまいますので、もう少し掘り下げていきます。

以下は実際に僕がリクルートエージェントや他の転職エージェントを利用して感じたメリット、デメリットになります。

まずは僕が感じたメリットから紹介していきましょう。

対応がスピーディ

驚いたのがリクルートエージェントの対応がとにかく早いこと。

僕が登録したのは土曜日の午前だったのですが、お昼過ぎには電話があり、面談の日程を調整できました。

そこまでは他のエージェントもそれほどレスポンスは悪くないですが、応募した後の対応や選考結果の連絡なども他のエージェントに比べてスピーディで、結果がなかなか来ずにイライラするという事もありませんでした。

土日の面談も行ってくれる

公式サイトだとちょっと目立たないところに書いてありますが、リクルートエージェントは平日の夜間や土日まで面談を行ってくれます。

平日夜間、土曜日までは他のエージェントも面談を行ってくれる所はありますが、さすがに日曜日まで面談を行ってくれる所は僕が知る限りではリクルートエージェント一社のみです。

平日は夜遅くまで仕事、土曜日も休日出勤で出社なんていうブラック企業にお勤めなら迷わずリクルートエージェントに登録しましょう。

アドバイザーが有能

これは他の転職エージェントを使ったから分かったんですが、他のエージェントで平気で仕事時間中に電話をしてくる人がいたり、以外と空気を読んでくれない人がいます。

この辺りは当たり外れがあるのかもしれませんが、リクルートエージェントのアドバイザーの質というのはかなり上の方のレベルだと感じました。

先ほどの条件に合った求人をセレクトしてくれるという事もそうですが、それ以外にこちらが電話してほしくない時間帯に電話してこない、電話をかけてつながらなかった場合は早めに折り返しをしてくれる、など当然といえば当然なのかもしれませんが、普通にやってくれてました。

他の登録したエージェントが仕事中にも関わらず何度も電話がかかってきた事があり、初めて「ああそういえばリクルートエージェントはこんな事なかったなあ」と思いました。

自分だけでの転職活動も可能

リクルートエージェントでは、登録をすると「パーソナル・デスクトップ(Personal Desktop)」というマイページを作成してもらえます。

これを使うと、WEBからの応募や面接時間の調整・変更などができるようようになります。

アプリも準備されているためアプリだけあれば転職活動の管理ができるようになるので、登録した後はこちらもインストールしておくといいと思います。

※アプリの利用にはサイトからの登録が必須となります。

アプリを使えば情報の閲覧やアドバイザーとのメールのやりとりなどもサクサクできますし、このパーソナルデスクトップを使えば、公開求人に限りますが求人の検索もでき、そのまま応募するという事も可能です。

書類選考や面接の結果も基本はメール通知ですので、アドバイザーとやりとりするのが面倒くさい、ある程度自分でやって、面接調整や年収交渉のキモの部分だけをアドバイザーにお願いするという使い方ができる所が、他のエージェントとの違いです。

面接力向上セミナーが役に立つ

個人的に僕が役に立ったのが定期的に開催されている「面接力向上セミナー」。

登録すれば誰でも無料で受講する事ができますが、この内容が「本当に無料?」って思うくらいにいいんです。

皆がマネして誰もがやるようになったら逆効果なので詳しくは書きませんが、面接の際に明らかに他の応募者よりも差がつくポイント、面接通過まであと一歩という時のポイントが簡単に身に付きます、とだけここではお伝えしておきます。

リクルートエージェントのデメリットはある?

僕の経験からはリクルートエージェントは転職活動をする際にまず登録すべきエージェントだと感じましたので、大きなデメリットは感じませんでした。

ただ、僕にとってのメリットが、他の方にとってはデメリットになる場合もあったりするので、こんな人は合わないかもしれないという観点でいくつか紹介したいと思います。

自分での意思決定が苦手な方

リクルートエージェントに登録すると、人にもよるとは思いますが、かなりたくさんの求人紹介がされます。

これが逆に「あなたにあった求人案件はこの1件だけ!これを逃したら次はないですよ!」というのであれば動きやすいかもしれませんが、逆にたくさんあるがために決断力が鈍ってしまう場合もあります。

特に自分自身が転職で最も求める事が何かが明確になっていない人ほど、その傾向が出てくると思います。

「自分はこの転職でこれを必ず実現する!」という明確な目標、ビジョンを持つ事が大事になってくると思います。

また「どうしても自分では決められない」という人は、あえて他の転職エージェントも登録して、選択肢の幅を狭めるのもいいかもしれません。

ニート・既卒の方

リクルートエージェントはどちらかというとキャリアアップをした人のためのエージェントとなっているため、経験が全くない場合の転職はハンデがあるかもしれません。

就職が全くできないという事ではありませんが、同じリクルートグループないでも「就職shop」というニート・既卒生向けの就職エージェントがありますので、そのような第二新卒・既卒・ニート向けの就職エージェントを利用するのがオススメです。

海外での就職を目指している方

リクルートエージェントの求人内容はほとんどが国内のものとなり、海外勤務の求人はほとんどありません。

海外での就職がしたい、という方であれば、外資系や海外就職に強い転職エージェントを利用するのがいいでしょう。

自分のペースで活動したい方

自分のペースで転職活動をしたいという場合は、転職エージェントではなく、転職サイトを利用するのがオススメです。

転職サイトは、同じリクルートグループのリクナビNEXTを利用するのがいいでしょう。

新卒用のリクナビを利用した事があるかもしれませんが、その転職者向けサイトです。

リクナビNEXT
(リクナビネクスト)
NO.1転職サイト
国内最大手の転職サイト。求人数も多く、また企業側や転職エージェントから優良求人のオファーが直接届く場合もあります。「グッドポイント診断」では自分の強みや適性を調べる事ができ、これだけでも登録する価値があります。

 

企業からの直接オファーなどが届く場合もありますので、自分のペースで求人情報のチェックもできます。

リクルートエージェントは登録もカンタン

リクルートエージェントはスマホ・パソコンがあれば簡単に登録できます。

5分かからず登録ができてしまうので、この機会を逃さずに今すぐ登録してしまいましょう。

登録料は全て無料です。

転職経験がない方は不安などもあるかもしれませんが、登録してまずは相談だけしてみるという人も大勢いらっしゃいますので、構える事なく登録してみるといいと思います。

転職の成功は自分が求める条件の企業といかに出会っていくかです。

今この瞬間に、あなたにとって最適の企業がある可能性もありますので、ぜひその可能性をつかみとっていって下さい。

 

 

 

【転職をお考えの方へ】
今すぐ行動することが幸せへの第一歩です!

絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト(完全無料)

1:リクルートエージェント
国内最大手転職エージェント。非公開求人数は20万件以上あり、全ての年齢層に対応しています。まずは第一に登録するべきエージェントです!
リクルートエージェントの評判・レビューはこちら!

2:doda
国内第2位の転職エージェントで、非公開求人数は10万件以上。求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれたエージェントです!
dodaの評判・レビューはこちら!

3:パソナキャリア
非公開求人は上記2社に比べると少なめですが、アドバイザーがどこよりも丁寧にサポートしてくれるので初めての転職でも安心。利用者のサポート満足度はダントツNO.1です!
パソナキャリアの評判・レビューはこちら!

4:リクナビNEXT
人気ナンバー1の転職サイトです。自分のペースで転職がしたいという方にはオススメ。気になる求人があれば転職エージェントのアドバイザーに相談して、エージェント経由で応募する裏技も使えるようになります!

 

また以下に僕が月100時間以上の残業、パワハラで苦しんでいたブラック企業から転職をした時の体験談がありますので、こちらもぜひお読み下さい。

元社畜管理人のブラック企業脱出体験談はこちら!