転職コラム

あの彼が?実は仕事ができる人の特徴と共通点。職場でうまく立ち回るためのポイント

  • 会社でうまく生き残っていくための秘訣ってなに?
  • 自分は仕事ができると思っているのに会社でうまくいかない…
  • 職場での立ち回りをうまくやっていきたい

そんな疑問や質問にお答えします。

この記事を読めば、職場でうまく立ち居振る舞い、最小限のストレスで会社生活を送っていくことが出来る方法がわかります。

 

会社の中には様々な性格や考え方を持った人間が存在しており、

  • 自分が無能と思われたくないため必死で仕事をするタイプ
  • 自分が有能であるということをアピールするために必死なタイプ
  • 仕事はできるけれど、あえてそう思われないように行動するタイプ

など、それぞれの考えを持って仕事をしています。

この中でも最も会社の中でうまく立ち回っているのは誰だと思いますか?

それは

「仕事はできるけれど、あえてそう思われないように行動するタイプ」

なんです。

なぜその人はあえて自分の能力とアピールせずに生きているのか?

この記事では、実は仕事が出来る人の特徴、そしてその考え方についてお話していきます。

 

実は仕事ができる人の特徴と共通点

本当は仕事ができる人というのはどんな特徴があるんでしょうか?

ここでは彼らの特徴・共通点を解説していきます。

あなたの職場もよーく観察してみると、こういった人がいるかもしれませんよ。

優秀な人材は潰されるということを知っている

実は仕事ができる人は根本に「優秀な人間は会社に潰される」ということをよくわかっています。

この考え方が根本にあっての行動があるんです。

そういった人というのは分析力や物事の本質というものを見極める力に長けていて、

この会社でこう立ち回ったらどうなるか?

ということを考えることができます。

現在の会社の構成、このままいくと誰が出世して自分の上司になるのか?

もし優秀な社員として立ち居振る舞いをしたら将来自分がどういう立場に立つことになるかということを予測することができます。

その中で自分が有能さをアピールしていったとしても妬みや嫉妬、会社からの過剰な責任の押し付けしか来ないとした場合、その状況下で最も最善の行動を選択できるのが本当にできる人です。

 

仕事のペースをうまく調整できる

仕事が本当にできる人というのは、自分の仕事のペースを自由自在にコントロールすることができます。

会社の中で仕事ができる人というのは、仕事のペースも早く業務が早く終わることが普通ですよね。

時間があれば他の仕事も引き受けるのが当然ですが、会社によっては仕事ができる人間と仕事ができない人間の能力の差が明らかに違う場合も出てきます。

気が付いてみたら仕事ができない人間の3倍も4倍もの業務を行っていたということも少なくありません。

そんな会社は社員に少しでも余裕があると判断したらどんどん次の仕事を振ってくるため、仕事量は増える一方になりますが、仕事ができない人間との給料の差もほとんどなかったりします。

同じだけの給料をもらって、他の人間の3倍も4倍も働いても何も良いことはないということがわかっているため、本当にできる人はあえて早く仕事を終えようとはしません。

ただ仕事が遅い人間、仕事ができない人間との決定的な違いは「納期を絶対的に守る」ということ。

遅くもなく早くもない、ちょうどよいタイミングでの提出をします。

納期と同じように残業時間などもうまく調整します。

1人だけ早く帰ってしまったりするとさすがに他の人から反感を買ったり、「オレたちはまだやってんのに、なんで1人だけ帰るの?」と思われてしまいますので、そこもうまく時間調整をして「残業大変そうだな」と思われるようなアピールをします。

いつも忙しそうに見せかけている

実は仕事ができる人というのはいつも忙しそうに見せかけるのが非常に上手いです。

本当はそこまで忙しいわけではないですが、忙しそうな雰囲気というかオーラを出しています。

仕事をしているときはあまり人を寄せ付けないようなそんな雰囲気ですね。

あまりにも余裕そうにしていると人から物を頼まれたり、余計な仕事を振られたりしかねません。

それが自分にとってはムダな業務ということを知っていますし、もし仕事を頼まれた時にそれを断るのはマイナスということもよく理解しているため、ハナから「仕事を頼みにくい」雰囲気を醸し出しているのです。

上の立場になると面倒ということがわかっている

実はできる人間は会社の中ではあえて仕事ができると見せないようにしますし、出世にはあまり興味がないというスタンスをとっています。

出世をすると、役職に応じた責任が与えられますし、その責任も重たくなってきます。

当然のように部署の売り上げなどの責任も負っていかないといけなくなり、売り上げ未達の場合などは激しいバッシングに耐えないといけなかったり、部下のフォローなどもしていかないといけなくなってしまいます。

責任ある立場に立った途端に、その責任に耐えることができずに辞めていく社員も少なくありません。

それに上の立ち場になればなるほど経営陣との間の人間関係のしがらみが出てきます。

だったら今の位置で自分ができる仕事をしていけばいいと思うようになります。

そういった会社の状況をすぐに察知できる人間は、自分がその立場に立たないようにうまく立ち回ります。

責任者でもない、末端の社員でもない立場に収まるのが上手いのが本当にできる社員です。

その部署の3番手ぐらいの立場で責任者をバックアップしていくくらいの、責任もそこそこ、給料もそこそこ、というちょうどいい立場に収まります。

その辺りにいる人こそが実は本当にできる人間だったりすることはよくあることです。

たまに的を得たようなことを言う

また仕事が本当にできる人間は自分がマイナス評価につながることはしませんし、ポイントポイントで他の社員が「おっ?」「えっ?」というような行動をとったりします。

  • 会議の場で的を着くような発言、提案をする
  • プロジェクトの核心的な問題点を指摘する
  • 発生している問題点の解決方法を提案する

など、たまに物事の本質となることを言います。

そうすることによって突出はしないものの「面白い意見を言う人間」という評価を得ることができ、「アイツは無能な人間」と思われないようになります。

そういった発言がないと、本当に無能な人間としての評価しか受けなくなってしまうため、うまく自分の能力を「ココぞ」というポイントで発信するようになります。

上手いのが小さな会議ではそういったことは言わないこと。

部署内の小さな会議でそんなことを言っても何のメリットもないということはわかっているため、全体での会議や大きなプロジェクトなどの時など、ココという時に、本当の自分の姿を垣間見せるのです。

家庭の事情をアピールする

本当は仕事ができる人というのは自分の時間を大切にしています。

残業自体がムダということを理解していますし、働いたところでもらえる給料は変わらないということも理解ずみ。

ただ全く残業をしないということになると、周りの社員や上司からの反感を買ってしまうため、最初ある程度は足並みを揃えるようにします。

そしてタイミングでそれとなく家庭の事情などで早く帰る曜日を作ってほしいということをアピールするのです。

週に1日2日であれば周りの同僚も「そういう事情があるなら仕方がない…」と思ってくれますし、本人にとっては早く帰ることができ、ムダな残業をしなくても済むのでいいことだらけ。

そして自宅に帰って読書や投資の勉強などのインプットの時間を上手に作っていきます。
本当にできる人間というのは常に自分への投資を怠らない人間です。

常に成長をしようとしている人こそが本当の意味での「できる人間」ではないでしょうか。

たまに人の仕事を手伝う

そして実は仕事ができる人は他人へのフォローも忘れることはありません。

いつも仕事が終わるのがちょうどいいくらいのタイミングですが、いつも同じタイミングになると他の同僚や人事の人間から「タイミングを合わせて力を抜いて仕事してんじゃない?」と思われてしまいかねません。

そのためたまには、早めに自分の仕事を終わらせて「今日は早く終わったから手伝うよ」と言って同僚を手伝うことを忘れません。

これは時間調整がうまいからこそできる業。

こうすることによって力を抜いて仕事をしているのではないというアピールをすることもでき、また早く帰らせてもらっていることの埋め合わせをすることができるわけです。

本当に仕事ができる人というのはこういった人の心のつかみ方がすごく上手。

だからたまに早く帰っても同僚に妬まれることなく、うまくやっていくことができるのです。

人間関係が上手い

本当に仕事ができる人というのは、いかにしたら人間関係をうまくやっていけるかということをよくわかっています。

  • 会社の批判をしても何の意味もないこと
  • 上司に楯突いて反論しても自分の立場が悪くなるだけということ
  • 上司に媚びていてもろくな将来はないということ

そういうことがよくわかっているため、上司とも部下ともうまく距離をとって接します。

こういった人は「上司に対して媚びを売る人間」と思われるかもしれませんが、意外と上司に媚びを売ることはありません。

なぜならあまりにもやりすぎてしまうと、上の立場に引き上げられてしまい、その上司の犬になっていかないといけないから。

会社の中での悪者の位置に立たされたり、夜の接待、休日のゴルフにつきあわされたりといい事なんて何ひとつありません。

うまくお世辞を言っておだて、しかも他におだてる人間がいればそれよりもおだてる度合いは少し下げてその人に花を持たせるという、絶妙なおだて具合を発揮します。

 

いかにストレスを少なく働いていくかがわかっている

ここまで実は仕事ができる人の特徴を詳しく見てきました。

結論として言えることは、実は仕事ができる人、本当は仕事ができる人というのは常に

いかにして少ないストレスで働くことができるか?

という事を常に最優先に考えています。

この会社で働くことによってどうなるか、ということをイメージして、

  • 他の人の何倍も仕事をしないといけない
  • 上の立場になってパワハラを受ける
  • 長時間の残業を強いられる
  • 人間関係のしがらみの中で苦労をする

こんなことができる限りないように行動をしているのです。

特にブラック企業やそれに準ずる企業ではこういった立ち居振る舞いはとても重要。

変に上の立場に行けば行くほど、責任と仕事量だけを押し付けられて、パワハラの対象になって精神的にやられてしまうという人も少なくありません。

結果がでなければ評価を下げられ、退職を余儀なくされる人も多いでしょう。

そんな会社であるからこそ、自分自身を守るためのイメージを作ることができ、それに沿った行動ができる人ことさ、真の意味でのできる人なのではないでしょうか。

 

本気を出していない社員がいるのはその会社が無能である証拠

本気を出していないのはその会社が無能だから

でも本当はやればできるのに、本気を出していないのはナゼなんでしょうか?

それはその会社で生きていこうと思ったらそれが最善の方法だからです。

  • 努力をしたとしても正しく評価をしてくれない
  • やってもやらなくても変わらない給料
  • 上の立場になっても給料は増えず、責任と仕事量だけが増える

そんな事がすぐにイメージできてしまうから、あえて本気を出すことが無意味だとわかるわけです。

実は仕事ができる人は転職も考えている

その人が本気を出していないのは、その会社の雰囲気、考え方、評価制度、そういったものによる部分が大きいのが現実のところ。

そういった会社はだいたい経営陣や上司はクソである場合が多いですし、パワハラ・モラハラ・セクハラなどが横行していたりすることも少なくありません。

そして本当に仕事ができる人は、そんな会社に生涯いようと思ってもいませんし、自分を正しく評価してくれる会社があればいつでもそこに行けるように準備を怠っていません。

会社では「絶対に会社に牙を剥いてこない立場の人間」と思われていますが、実はいつでも「会社に対して牙を剥くことができる存在」ということです。

パワハラ、長時間残業、権力争いへの巻き込み、こういったことを防止するために、あえてそこまで有能でないような立ち居振る舞いをしているだけ。

もし自分の力を正当に評価をしてくれ、仕事量・仕事の質に見合った報酬を提供してくれる会社があるのであれば、そこで自分自身の力を出したいと思っているのが、本当にできる人間の考え方です。

仕事ができるとアピールしている人は割を食うのが現実

この記事を読んでいる方のほとんどはある程度の実力がある優秀な人なんじゃないかと思います。

これまでの記事を読んで、自分は割りを食っていると感じた人もいるかもしれません。

実際問題としてこの世の中は「仕事ができる人ほど潰されやすく、割を食う」という世の中になっています。

もし今の会社で働いていて、

  • 会社のしがらみに巻き込まれて、本当の自分の実力を発揮できていない
  • 上の立場に立ったものの、給料は良くならないし、責任と仕事量だけが増えた
  • 売り上げの追求が激しくパワハラを受けていて精神的にも辛い

そんな思いを持っている人はいっそのこと職場環境を変えて、自分の本当の力を発揮できる職場に転職する方が幸せになる道の可能性もあります。

仕事ができる人は、仕事ができる人間であると認められるべきです。

そのようになっていないのであれば、転職を考えてみるのもいいでしょう。

 

転職を成功するために転職サービスを利用しよう

でも気をつけないといけないのが、逆に転職に失敗してしまうと、人間関係がギスギスで、労働環境も最悪の「ブラック企業」に転職してしまう可能性もあるということ。

どうやって転職をするかということが大きなポイントになってきますので、慎重な選択が必要になります。

転職に失敗しないためには転職エージェントを使った転職活動をするのがいいでしょう。

僕もこれまで何度か転職をしていますが、転職エージェントを活用して行った転職先は待遇もいいですし、何もかも納得できるものでした。

転職エージェントは転職のプロがその人の適正やキャリア、求める条件に最も適した仕事を紹介してくれるサービスで、完全無料で利用することができます。

また転職に至った経緯なども聞いてくれるため、紹介する企業とのミスマッチがありません。

そのため、満足度の高い転職ができるようになっています。

転職は会社を退職しないとできないように思う方もいらっしゃいますが、会社を辞めなくても転職活動はできますし、不安な方は今の仕事をしながら転職活動をして、条件や雰囲気を比較して決めればいいだけです。

すぐ転職しなくても登録だけしておいて、良い条件の求人があれば考える、といった使い方もできます。

転職エージェントでは定期的に企業訪問もしているため、企業の雰囲気や考え方も熟知しており、その情報ももらえますので、自分に合っているかどうかということが応募前に分かるというのがメリットです。

残業時間がどれくらいか、パワハラなどがあるのかなど、ブラック企業なのかどうかも事前に分かりますし、そもそも転職エージェントに求人の依頼をしている企業でブラックなところはありません。

それに今の会社にバレたりする事もありませんので、安心して利用をして下さい。

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しておきます。

どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

リクルートエージェント 国内NO.1エージェント
国内最大手の転職エージェント。非公開求人20万件以上と圧倒的な情報量。年齢層、業界も幅広く、誰にでもおすすめできる転職エージェント

doda 業界NO.2 サービスに定評
業界第2位の転職エージェント。非公開求人も10万件以上と多く、かつサービスにも定評があります。求人件数、サービスの質のバランスが最も取れた優良転職エージェント

マイナビエージェント 20代の方・未経験職におススメ
新卒の就職に強いマイナビが運営する転職エージェント。特に20代の方、未経験職への転職に強い。優良中小企業、トップベンチャーの求人も多く若手のキャリアアップを応援しています。

転職エージェントを使うメリットは以下のように数えきれないほどあります。

転職エージェントを利用するメリット

  1. 利用料は完全無料(企業が成功報酬として負担をしている)
  2. 専任のアドバイザーが適正に合った求人を紹介してくれる
  3. 現在の年収をベースにするため年収アップの可能性が高い
  4. 休日、残業時間、通勤時間など希望の条件で探してくれる
  5. 検索をする手間がなく、時間を有効に使い活動ができる
  6. 履歴書・職務経歴書の作成サポートもしてくれる
  7. アドバイザーの推薦状が付くため、書類選考が通過しやすい
  8. 面接日程の調整、年収交渉なども行ってくれる

「転職は絶対に失敗したくない!」

そう思っている方こそ転職エージェントに登録するべきです。

また転職に成功している人はいくつかの転職エージェントをかけもちしている人がほとんどです。

転職エージェントの実力は一般の転職サイトに掲載されていない「非公開求人」が何件あるか、そしてさらに大事なのがそのエージェントだけに企業が依頼をしている「独占案件」がいくつあるかによります。

この独占案件は各企業がもっとも信頼している一エージェントにしか出していない求人のため、条件がとてもいいです。

この独占案件の数が多ければ多いほど転職の成功にもつながりますので、余裕がある分だけは登録しておきたいです。

転職が初めての人は不安な点もあると思いますが、心配する事はありません。

転職エージェントは転職のプロですのでしっかりとあなたをサポートしてくれますし、今のあなたのキャリアで転職が成功するかどうかの判断もしてくれますので、成功する事はあっても失敗する事はありません。

転職に必要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

これには運やタイミングもありますので、そういった機会を逃さないように登録だけでもしておくのがいいですよ。

正直なところ転職は年をとればとるほど面倒になってきますし、転職するなら若ければ若い方が有利になります。

悩んで歳を取るくらいなら、1歳でも若いうちに動いた方がいいですよ。

ぶっちゃけ転職は、希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

20万件の求人があれば、何件かあなたにぴったりマッチする会社もあるはずです。

ただどんどん採用がされ、募集終了となっていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

登録して、一回面談すれば後はアドバイザーの方があなたに最適な仕事を紹介してくれます。

どうするか迷っているのであれば、登録して、面談の場で紹介求人を見て決めて下さい。

  • 会社全体で働き方改革を推し進めている会社
  • 今の会社とは比べ物にならない位、労働環境が整った会社
  • 人間関係が良く、ストレスフリーの会社

面談の場では、こんな求人紹介が10件以上紹介されます。

そしてそれはアドバイザーが転職できる可能性がある思って紹介してくれている企業なのです。

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

それから本格的に転職活動をするかどうかを決める事もできます。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

\ 国内NO.1転職エージェント /

リクルートエージェントに登録する

 利用料完全無料!

\ 転職者満足度NO.1 /

doda に登録する

 利用料完全無料!

\ 20代・30代に強い /

マイナビエージェントに登録する

 利用料完全無料!

 

まとめ:実は仕事ができる人・本当は仕事ができる人の特徴と共通点

今回は仕事ができなさそうに見えて、実は仕事ができる人の特徴と共通点を解説してきました。

本当に仕事ができる人間というのは、最小限のストレスで、誰よりもその会社でうまく立ち回っている人です。

うまく会社で認められて出世をしてもとんでもないストレスを受けていたりすることも少なくありません。

だったらできる限り少ないストレスである程度の立場で仕事をしていった方が生き方としては幸せなのかもしれません。

ただ途中から自分自身のスタイルをいきなり変えるというのはなかなかに難しいものです。

もし人一倍のストレスをかかえ、自分自身の力を発揮できていない、という人がいるのであれば転職サービスなどを利用して転職を検討してみるのも幸せな未来を掴んでいくための方法となります。

未来を見つめていきながら、今の自分に何が一番の方法なのかを考えていくといいのではないでしょうか?

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!