仕事の悩み

優秀な部下が怖いと感じる場面7選と恐怖を克服する対処方法

  • 部下が優秀で、焦りと恐怖を感じて悩んでいる。こんな時はどうすれば…?
  • なぜ部下に対して恐怖を感じてしまうんだろう?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、なぜ部下に対して恐怖を感じてしまうのか、そしてそのような恐怖心を克服する方法がわかります。

会社に勤めていればある程度の役職に立つようになりますが、時に自分以上の能力をもった優秀な部下が自分の下につく事があります。

僕の経験からもそんな時は焦りがでますし、恐怖心も出てきます。

なぜそんな恐怖心が出てきてしまうんでしょうか?

部下が怖いと感じる7つの場面

部下が怖いと感じる場面の例をお話します

  • 自分より仕事の処理スピードが速く精度も高い
  • 自分よりも良い実績を上げる
  • 部下の方が人望がある
  • 部下が上司のミスを指摘する
  • 部下の方が良い提案をする
  • 辞めてしまうのではないかと思う
  • 意見が対立した時に言い負かされてしまう

もう少し詳しく解説していきます。

自分より仕事の処理スピードが速く精度も高い

部下が怖いと感じる最も大きな場面は、自分よりも高い仕事能力を発揮している時でしょう。

自分よりも処理速度、処理精度が高ければ会社からの信頼や評価も高くなりますし、いずれ自分と部下の立場が逆転してしまうかもしれないという恐怖心が芽生えます。

そうなると給料も下がってしまいますので、生活レベルも下げないといけないでしょう。

それ以上に苦痛なのが、部下だった人間の下で働かないといけない事です。

プライドが高い人の場合は周りの目も気になるでしょうし、屈辱的な日々を会社で過ごさないといけなくなってしまいます。

自分よりも良い実績を出される

会社での評価の目安となるものは、どれだけ売上などの実績をあげたかが重要になってきますよね。

優秀な部下の場合は自分以上の実績をあげてくる場合もあります。

上司は常に部署内ではトップの成績でないとメンツが立ちませんので、そのような部下が出てきた場合にはやはり恐怖心を感じるものです。

部下の方が人望がある

これまでは部署内で質問があれば自分に聞かれていたのが、いつの間にか優秀な部下に聞かれるようになっていた、なんてことありませんか?

そんな時「俺に聞くのがスジじゃないの?」という言葉が喉まで出てきますが、それを言ってしまうとより立場が悪くなってしまいますから、グッと我慢します。

誰か一人がそうするとその流れが当然のものとなり、部署内の人間全員がその優秀な部下に集まるようになります。

そうなってくると上司といしては面白くありませんよね。

そうなる理由はいくつかあるでしょう。

  • 質問をすると「そんな事もわからないの?」と言われる
  • 教え方が雑で聞いてもわからない

など、部下たちもあえてその優秀な社員に質問をする理由がある訳です。

その時点で、自分がその優秀な社員よりも人間力も劣っているという事が分かる訳ですからそこに恐怖心を感じてしまうわけです。

優秀な部下にミスや問題点を指摘される

優秀な部下は他の社員の仕事内容にも目を配ります。

もちろん上司の仕事内容にも目を配り、何か問題やミスがあった時は進言もしてくれます。

それに対して感謝をすべきにも関わらず、「ちょっと考えておく」とか「今忙しいから後で見ておく」とか、その場をしのぐような答えしかしません。

その後で見てみて、その部下の言ったことが正しかったという事に気づいてコッソリ内容を変更しておくというセコい真似をするものです。

部下によっては他の部下の前で言わずに2人きりになった時にわざわざ言ってくれるような、周りに気を使ってくれる部下もいます。

ただそれを素直に受け取れずに「どうせ俺がいないところでミスをしていたという事を良いふらすんじゃないか?」という陰険な考えをしてしまい、必要もないのに怯えるようになっていってしまいます。

部下の方が良い意見や提案を出す

会議の場で提案や改善案を出す際に、自分よりもいい内容の提案をする事もあるでしょう。

会議にはさらに上の上司が出席している場合も多くあります。

そうなると「○○君は上司よりもいい意見を出すね」と、より上の上司からも認められるようになり、自分の評価や立場にも影響が出てきてしまいかねません。

その意見が採用されれば、もちろん上司だけでなく部下からの信頼も優秀な部下の方に向かう事になってしまいます。

自分が守ってきた立場が一気に崩れる事がある場面なので、会議の場が恐怖の場となってしまうのです。

いなくなってほしいが、辞められても困る

「正直なところ優秀すぎる社員は自分の下からいなくなってほしい」

そう思う上司も少なくありません。

ただ本当に辞められてしまっても上司としては困ってしまいます。

なぜなら部下が辞めてしまうと自分の管理責任が問われてしまうからです。

この点については「部下が辞めるのは上司の責任!部下が責任を感じる必要はありません」でも解説しています。

優秀な社員が辞めるとなると、周りの部下にも影響し連鎖退職の現象が発生する可能性もあります。

「いなくなってほしいけど、辞められてしまってもそれはそれで困る…」

そのジレンマにいつも悩まされるようになります。

意見が対立した時に言い負かされてしまう

部下の中には鼻持ちならない人間も時にはいるでしょう。

仕事ができるがゆえに傲慢で、上司に対して反発や口答えをする人間もいるものです。

そういった人間は頭がいいので、意見が対立し口論になった場合も簡単に相手を論破してきます。

そうなると上司としてはメンツが丸つぶれですよね。

一度敗北をしてしまうとそれがトラウマになってしまい、その部下に対して恐怖心を覚えるようになる場合もあるでしょう。

部下が怖いと感じて上司がやってしまう事

部下に対して恐怖を感じてしまうと、人間は自分をより優位に見せたがる傾向が強くなってしまいます。

強く当たってしまい、パワハラ・モラハラとなる場合がある

自分を優位に見せるために、時に必要以上に強く当たってしまう場合が出てきます。

ちょっとしたミスでも鬼の首を取ったように追求をし、時に罵倒、恫喝に近い言葉を浴びせるようになります。

それがエスカレートしていきパワハラやモラハラに発展する事もありえます。

ただこれは最もしてはいけない行為です。

優秀な部下は必ず成長していくでしょうし、もしかしたらあなたとの立場が逆転する事だってあり得ます。

その時は「よくもあの時やってくれたな」という復讐心であなたに対して接してくる可能性が高くなるでしょう。

また最近はパワハラ、モラハラなどのハラスメントに対してのコンプライアンスが強化されつつあるため、人事部などに相談された場合は一気に自分自身のクビを締めてしまう事にもなりかねません。

会社に対して過小評価をしてしまう

無能な上司は優秀な部下がこれ以上の立場に出世しないようにわざと過小評価をする傾向にあります。

ただ残念ながら上司が部下を過小評価したとしても、優秀な部下の出世を止める事はできません。

「ピーターの法則」をご存知でしょうか?

ピーターの法則

  1. 能力主義の階層社会において、人間は能力の限界まで出世して無能な管理職になる
  2. 無能な人材はそのままの地位に落ち着き、有能な人材は出世して無能な管理職の地位に落ち着く
  3. その結果、どの階層においても無能な人材で埋め尽くされる
  4. 組織の仕事は、まだ限界まで達していない人材によって行われる

この法則の通り、人間は能力の限界までは出世するというのが世の中の常となっていますので、過小評価をしたところで簡単にあなたを抜いていくことになります。

過小評価をする事自体が無駄なあがきとなってしまうのです。

逆に会社としては、部下を正しく評価をしないあなたを過小評価するようになるでしょう。

あからさまな嫌がらせ行為をする

優秀な部下がいる場合、その上司は部下ができる限り成長できないような姑息な手段を使うようになります。

代表的なものが以下のような行為です。

  • 仕事を与えずに社内ニートのような立場にする
  • 到底できないレベルの仕事量を与える

わざと仕事を与えずに雑用など、簡単な業務しか任せないようにしたり、逆に長時間の残業をしないと到底できないような仕事量を与えたりして、相手を精神的に追い詰めていく行為です。

ただ部署に他の社員がいるのですから、これも逆効果になりかねません。

本人からも会社の上層部に対して相談する場合もあるでしょうし、部署の誰かが会社に対してあなたのやり方が間違っていると進言する可能性もありますよね。

そうなると一気にあなたの立場が悪くなってしまい、立場逆転に拍車がかかってしまいかねません。

部下が怖いと思った時の克服方法

部下に対して恐怖を感じるという事は、既にあなた自信が「この部下は自分以上に優秀」という事が既に分かっているという事です。

であれば、それを利用していくしかありません。

優秀な部下を仲間にする事

優秀な部下に対して最もしてはいけない事は「優秀な部下を敵にすること」です。

その理由は、以下の通り。

  • 部署のメンバーが敵になる
  • 会社が敵になる
  • 自分の居場所がなくなる

先ほどの「ピーターの法則」にある通り、何をしたとしても優秀な部下はあなた以上の位置に立つようになります。

その時にあなたの位置が脅かされるような行動をするのははっきり言って得策ではありません。

その時にいかに自分がうまく立ち回れるかどうかを考えて行動すべきなのです。

優秀な部下を敵にするのではなく、自分の味方・同志・仲間にすることを考えないと最終的に自分自身の居場所がなくなってしまいます。

  • 何かあれば優秀な部下の意見を聞きながら仕事を進めていく
  • 部下の意見を尊重していく
  • あえて部下を立てながら仕事をしていく

こういった行動を取っていく事が重要になるでしょう。

ただそれで全ての上司としての立場がなくなるわけではありません。

その会社にはあなたの方が長く在籍している訳ですから、会社や仕事の進め方やノウハウなどは当然あなたの方があります。

中にはあなたにしかできない仕事、あなたの方が得意な仕事もあるはずです。

部下が困った際に先輩としてアドバイスやこれまで培ってきたノウハウを教えていくという姿勢を会社に見せていけば、これまでの立場が逆転するという事はそれほどありません。

仮にもしそうなったとしても、お世話になった先輩に対して嫌がらせをする事はないでしょう。

部下をとことん育てる

部下の成長の芽をつぶすよりも、部下を「オレが育てた」ということにした方が何かといいですよ。

何度も言うようですが放っておいてもいつかは追い越されるわけなので、逆にそれをとことん利用する事が考えるべきです。

あなたが会社の未来を背負うような人材に育て上げたという実績を作れば、そのマネジメント力が評価されて、より上の立場に出世する可能性も出てきます。

あえて立場を逆転させる

上司という立場はそうそう簡単に務まるものではない事はあなた自身が一番よく分かっているのではないでしょうか?

責任者であれば部署の売上管理、マネジメント、コミュニケーション、様々な力が必要になってきます。

それは人の下で働くのとは全く異なったプレッシャーであり、誰もが簡単にできるわけではありません。

もしあなたが今の立場で相当なプレッシャーを感じているのであれば、あえて優秀な部下を評価し、立場を逆転させてみるのも一つの手です。

その立場で限界を感じる人もいるでしょうし、あなたに「こんな時はどうすればいいですか?」という事を聞いてくる人もいるでしょう。

そうなれば今度はあなたがマウントポジションを取ることができ、実質上の管理者があなたになる場合もありますし、再びあなたが上司としての立場を取り戻す事ができる場合もあります。

【非推奨】部下を潰す方法

あまりオススメはしませんが、部下が傲慢な人間で上に立ったらパワハラをするような人間の場合は、その芽が出ない内にあえて部下を潰してしまうという方法もあります。

ただ、人間性がいい部下に対して行ってしまうと、一気にあなたの評価が下がり最悪の場合、処分が下されてしまう場合もあります。

能力はあるけれども人間性が最悪で周りからも嫌われているというような場合は以下のような「部下を潰す方法」を使う事も有効です。

  • 必要以上のコミュニケーションを取らない
  • 仕事のできない人と組ませる
  • 必要以上の報告・連絡・相談を要求する
  • 誰でもできる仕事を多く与え、残業を強制する
  • 態度についての注意をしつこくする

あまり詳しくは説明しませんが、このような方法で、部下を精神的に追い詰めていき、自主退職の方向に向かわせるという方法です。

もしその部下が上司に立った際、自分だけでなく、会社や部署のメンバーにも害が及ぶような際はこういった方法を使えるという事も頭に入れておくといいかもしれません。

優秀な部下がいればいつか立場は逆転する

ただ一つ言えることは「優秀な部下がいる場合、いつか立場は逆転する」という事です。

今回は優秀な部下に恐怖を感じた際の対処方法について話をしてきましたが、頭で分かっていても体がついていかない、という人もいるでしょう。

中には既に立場が逆転してしまっており、会社内での立場が悪いものになってしまった人もいるかもしれません。

そんな方はそこで無理をしていくよりも、転職をした方が幸せになるという考えをするのも悪い選択ではないでしょう。

人間関係で悩み、仕事で自分の脳力を発揮できていないだけですので、より自分自身の力を発揮できる職場を探した方が今以上に幸せになれるはずです。

そんな悩みを持っているのであれば、転職エージェントを活用した転職活動をすることで悩みの解決ができるかもしれません。

転職エージェントは、転職のプロが、その人の適正や、求める条件に最も適した仕事を紹介してくれるサービスで、完全無料で利用することができます。

転職エージェントについては以下の記事で詳しく説明していますので、こちらも参考にしてみて下さい。

転職エージェントは登録するとカウンセリングを実施し、その中でこれまでの経験、キャリアなどを確認した上で、仕事を紹介してくれます。

また転職に至った経緯なども聞いてくれるため、紹介する企業とのミスマッチがありません。

そのため、満足度の高い転職ができるようになっています。

転職は会社を退職しないとできないように思う方もいらっしゃいますが、会社を辞めなくても転職活動はできます。

不安な方は今の仕事をしながら転職活動をして、条件や雰囲気を比較して決めればいいだけです。

可能であれば転職は在職中に行うのがオススメです。

詳しくは「転職活動は在職中に!退職後は後悔する!転職エージェントを使って2回転職した僕の体験談」の記事を参考にしてみて下さい。

転職エージェントでは定期的に企業訪問もしているため、企業の雰囲気や考え方も熟知しており、その情報ももらえますので、自分に合っているかどうかということが応募前に分かるというのがメリットです。

今の会社にバレたりする事もありませんので、安心して利用をして下さい。

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しておきます。

どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

リクルートエージェント 国内NO.1エージェント
国内最大手の転職エージェント。非公開求人20万件以上と圧倒的な情報量。年齢層、業界も幅広く、誰にでもおすすめできる転職エージェント

doda 業界NO.2 サービスに定評
業界第2位の転職エージェント。非公開求人も10万件以上と多く、かつサービスにも定評があります。求人件数、サービスの質のバランスが最も取れた優良転職エージェント

マイナビエージェント 20代の方・未経験職におススメ
新卒の就職に強いマイナビが運営する転職エージェント。特に20代の方、未経験職への転職に強い。優良中小企業、トップベンチャーの求人も多く若手のキャリアアップを応援しています。

転職エージェントを使うメリットは以下のように数えきれないほどあります。

転職エージェントを利用するメリット

  1. 利用料は完全無料(企業が成功報酬として負担をしている)
  2. 専任のアドバイザーが適正に合った求人を紹介してくれる
  3. 現在の年収をベースにするため年収アップの可能性が高い
  4. 休日、残業時間、通勤時間など希望の条件で探してくれる
  5. 検索をする手間がなく、時間を有効に使い活動ができる
  6. 履歴書・職務経歴書の作成サポートもしてくれる
  7. アドバイザーの推薦状が付くため、書類選考が通過しやすい
  8. 面接日程の調整、年収交渉なども行ってくれる

「転職は絶対に失敗したくない!」

そう思っている方こそ転職エージェントに登録するべきです。

また転職に成功している人はいくつかの転職エージェントをかけもちしている人がほとんどです。

転職エージェントの実力は一般の転職サイトに掲載されていない「非公開求人」が何件あるか、そしてさらに大事なのがそのエージェントだけに企業が依頼をしている「独占案件」がいくつあるかによります。

この独占案件は各企業がもっとも信頼している一エージェントにしか出していない求人のため、条件がとてもいいです。

この独占案件の数が多ければ多いほど転職の成功にもつながりますので、余裕がある分だけは登録しておきたいです。

転職エージェントを2社以上かけもちした方がいい理由」でも詳しく書いていますので、こちらも参考にしてください。

転職が初めての人は不安な点もあると思いますが、心配する事はありません。

転職エージェントは転職のプロですのでしっかりとあなたをサポートしてくれますし、今のあなたのキャリアで転職が成功するかどうかの判断もしてくれますので、成功する事はあっても失敗する事はありません。

転職に必要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

これには運やタイミングもありますので、そういった機会を逃さないように登録だけでもしておくのがいいですよ。

正直なところ転職は年をとればとるほど面倒になってきますし、転職するなら若ければ若い方が有利になります。

悩んで歳を取るくらいなら、1歳でも若いうちに動いた方がいいですよ。

ぶっちゃけ転職は、希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

20万件の求人があれば、何件かあなたにぴったりマッチする会社もあるはずです。

ただどんどん採用がされ、募集終了となっていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

登録して、一回面談すれば後はアドバイザーの方があなたに最適な仕事を紹介してくれます。

どうするか迷っているのであれば、登録して、面談の場で紹介求人を見て決めて下さい。

  • これまでよりも50万円、100万円年収アップする企業
  • 今の会社とは比べ物にならない位、労働環境が整った会社
  • 本当にやりたかった仕事で、未経験OKと言ってくれる企業

面談の場では、こんな求人紹介が10件以上紹介されます。

そしてそれはアドバイザーが転職できる可能性がある思って紹介してくれている企業なのです。

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

それから本格的に転職活動をするかどうかを決める事もできます。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

\ 国内NO.1転職エージェント /

リクルートエージェントに登録する

 利用料完全無料!

\ 転職者満足度NO.1 /

doda に登録する

 利用料完全無料!

\ 20代・30代に強い /

マイナビエージェントに登録する

 利用料完全無料!

 

転職に迷いがある方へオススメの転職サイト

まだそこまで深く転職を考えていない、というような人も転職サイトに登録はしておいた方がいいです。

人間は限界になっていくと、何に対してもやる気をなくしてしまったり気力が起きなくなってしまいます。

そんな時、転職という選択肢があれば、そこから脱却する事もでき、最悪の事態は免れる事ができます。

求人サイトも無料で登録ができますし、条件を入力さえしておけば希望の求人案件がメールで届くようになっております。

この情報を集めておくだけでも有用ですので、今は転職を考えていなくとも登録はしておくべきです。

また転職サイトならではの適性診断があったり、転職に関する有益な情報も発信されていますので、そのような情報を元にして転職するかどうかを検討するのもいいと思います。

転職サイトのオススメはリクナビNEXTです。

新卒用のリクナビを利用した事があるかもしれませんが、その転職者向けサイトです。

リクナビNEXT(リクナビネクスト) NO.1転職サイト
国内最大手の転職サイト。求人数も多く、また企業側や転職エージェントから優良求人のオファーが直接届く場合もあります。「グッドポイント診断」では自分の強みや適性を調べる事ができ、これだけでも登録する価値があります。

企業からの直接オファーなどが届く場合もありますので、自分のペースで求人情報のチェックもできますので、ぜひ登録して下さい。

\ 企業から直接オファーが届く /

リクナビNEXT に登録する

 登録・利用料無料!

 

まとめ:部下に恐怖を感じる時点で、部下の方が優秀だと決まっている

優秀な部下に対して恐怖を感じてしまう場合は、以下のように考えるようにしましょう。

  • その時点で部下の方が自分よりも優秀だと分かっている
  • 部下を敵にするのでなくなく味方・同志にする
  • 部下の芽を潰すよりも部下をとことん成長させる
  • 自分が部下を成長させたたという実績を作る

会社としても、既にあなた以上に部下の方が優秀であるという事が分かっている場合も少なくありません。

間違った行動をして自分自身の将来を棒に振ってしまうよりも、今の立場を利用してこれからの会社生活を優位に進めていける実績づくりをしていった方がなにかとお得です!

どうしてもそれが納得できない場合は、転職なども考えてみるのも幸せを掴んでいく一つの方法になるでしょう。

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!