【現役人事がオススメ】失敗しない転職サービス!

「仕事が向いていない!」毎日ストレスで辛い、仕事辞めたい!と思ったら時の対処法

会社に入社する際や転職する際は、新しい環境で頑張っていこう!と思うものですが、いざ会社に入ってみると、

「やってみると自分にはこの仕事が合っていないという事が分かった」
「仕事が合わない、仕事ができなくて、ストレスで辛い」
「もういっその事仕事辞めたい…」

という悩みで苦しんでいる方も多いんじゃないかと思います。

それぞれの立場で悩んでいると思いますが、今回はそんな方の対処法を紹介していきます。

これを読めば、このまま辞めずに会社に残った方がいいのか、それとも早めに辞めるべきなのか、という判断もしやすくなりますので、ぜひ参考にして欲しい思います。

あわせて読みたい
「仕事行きたくない」と朝泣くほど辛い人、毎日眠れないと悩む人の対処法 「毎晩、明日の事を考えると憂鬱になる…」「朝、会社に行くのが泣くくらい辛い」「とにかく仕事に行きたくない…」 という悩みを抱えている人は本当に沢山いるんじゃない...
目次

仕事が向いていないと思う主なケースとその対策

仕事が合わない、自分に向いていないと思うケースは人それぞれになり、何故合わないのかという事もいろいろな理由からくるものが多いですが、ここでは代表的なケースをあげて、その対策・対処方法も考えていきたいと思います。

仕事が向いてないという場合ですが、まとめてみると以下のような場合が多いのではないでしょうか。

  • 任された業務ができない
  • 精神的につらくて合わない
  • 肉体的につらくて合わない
  • 会社の雰囲気・人間関係が合わない

これら一つ一つの具体的な事例とその対策を見ていきましょう。

任された業務ができない

仕事が合わないと悩む人で結構多いのがこのケースで、なかなか辛いものがあります。

自分自身の能力でできる事以上の仕事を任されたり、自分が苦手としているような仕事を任されたりするケースです。

ざっとあげていくと、以下のような場合です。

  • 運転が苦手なのにトラック運転の業務に就かされた
  • 自分が学習した事のないプログラム言語でプログラム制作をしていた
  • 不器用なのに細かい作業をしなければいけなくなった
  • 色彩感覚や経験がないのにデザインの仕事を任された
  • パソコンが苦手なのに、ホームページ作成を任された
  • 前職の経験者だという事で何も教えてもらえない
  • 事務系の仕事がメインだが、人手不足で荷積み・荷降ろしを手伝わされる

こんなような場合ですね。

実際、僕も経験したことがありますが、結構つらいです本当に。

新卒というよりは、どちらかというと中途入社で入ってきた人が感じる事が多いんじゃないでしょうか。

面接の時に聞いていた話と違っていたり、メインの仕事は違いなくても結構他の業務が忙しいから手伝ってと言われて全く経験したことのない事をやらされたりする場合も少なくなりません。

そもそも自分ができないような仕事ですし、それに対して何のサポートもない場合も多かったりしますので、今日はあの仕事がないといいなあとか、思うようになったりします。

またそれがたまに、という事ならまだ我慢できるかもしれませんが、メインの業務内容になってしまう場合はもう「辛い」以外の何物でもないと思います。

中途で入った場合は、「あいつがどれだけできるかみてみよう」というような目で見られる場合も多いですし、分からない所を聞いたところで「そんな事もわからないの?前の会社でやってたんじゃないの?」などと言われたりすることもあります。

それがイヤで何も聞けれないという事になったり、悪質な場合は聞いても本当に何も教えてくれない場合もあります。

任された業務ができなくて合わない時の対策

この際の対策としては、その苦痛がその後も続いていくかどうかを判断する事が重要になります。

一時的なものであれば、せっかく入った会社ですので辞めるのはもったいないと思いますし、少しぐらい我慢をする必要もあると思います。

また相談できる人がいるのであれば、現在の状況を話して、環境を改善してもらえないかとか、努力をしてみたけど自分には向いていないのでこの仕事からは外してほしいと話すのも一つの方法だと思います。

ただ中には嫌がらせで、わざとそのような仕事を与えているという場合もあります。

今後ずっとそのような環境が続くというような事であれば、悩み・苦しみを感じながら仕事を続ける必要はありませんので、退職ということも考えてみるといいと思います。

あわせて読みたい
仕事ができない、向いてない、つらいというのは甘えか逃げか?転職した方がいい場合はある? 「仕事ができなさすぎて会社に居場所がない」「営業だけどいまだ1件も成約がない。そもそも仕事が向いてないのかも」「毎日上司から怒鳴られて、毎日遅くまで残業。もう...

精神的・性格的につらくて合わない

仕事自体はなんとかできるけど、精神的や性格的につらくて自分には合わないというケースもよくあります。

  • 営業の仕事をしているが断られてばかりで精神的につらい
  • コールセンターの仕事でクレーム対応ばかりをさせられてつらい
  • じっとしていられない性格で、デスクに座りっぱなしでつらい
  • 一日中パソコン作業をしないといけないのが精神的につらい

自分自身の性格が合わないような仕事や精神的につらい仕事を任させるという事も多くあります。

この場合は仕事ができない辛さよりも、仕事自体がストレスになって辛いという場合が多くなります。

特に辛いのは、自分自身が誰かから攻撃をされたり、否定をされたりする事ですよね。

自分を攻撃するのは、パワハラ上司だけではありません。

上記の中だと、営業をしてても断られてばかりで辛いとか、コールセンターの仕事でクレーム対応ばかりで辛いというような場合です。

メンタルがあまり強くない場合ですと、パワハラを受けているのと同じような精神的苦痛を感じたりして、ストレスがたまってしまい、最終的にはうつ病になってしまったりする事も多いですので、そういった点では注意が必要です。

精神的・性格的に合わない時の対策

この場合は、まず自分自身が精神的に耐えられるかどうかが大事になってきます。

ずっとデスクに座っていないといけない、パソコンに座っていなければいけない、というような悩みであれば、時間を決めて席をたって体操をしたりちょっと休憩をしたりして解決ができないかを模索するのがいいと思います。

またクレームや営業で断られるのが精神的につらいという場合は本当に苦しいと思いますが、しばらく頑張ってみるのは大事かもしれません。

適応能力がある人はうまいやり方を見つけたり、ストレスを感じにくい方法を探したりできると思います。

ただし数ヶ月努力してみてもうまくいかなかったり、慣れなかったりして、上司から説教をされたり指導をされたりするようであれば、相談をして部署を変えてもらったり、転職を考えてみるのいいでしょう。

肉体的につらくて合わない

肉体的につらいという場合は、自分自身の健康にも害を及ぼしてしまう可能性があるので注意が必要になります。

  • 建築現場・引っ越し作業現場の肉体労働で体力的にきつい・合わない
  • 毎日、20キロ以上の荷物の積み下ろしや荷積みを数時間やらないといけない
  • 1日中立ちっぱなしの仕事で体力的にきつい
  • 3交代制で不規則な生活で体力的につらい

転職をする人で多いのが、2chなどの掲示板で、「オレ工場に転職。残業なしでマジ楽」などといった書き込みがあったりするため、自分も工場に転職して、痛い目にあってしまうというケースです。

ある程度体力に自信がある人はいいかもしれませんが、そういった所は毎日筋トレをしているようなガチ勢がほとんどですので、もやしっ子みたいな人が入ったとしても全く戦力になりません。

楽な仕事と思って入ってみたら、実は過酷な労働環境だったという事も多かったりしますので、入社する前の面接の時点で具体的な仕事内容などを聞いておく必要があります。

肉体的につらくて合わない時の対策

肉体的につらいという場合は、そもそもが「仕事ができない」「会社に行くのもかなりの困難」という場合があったりします。

  • 筋力がなく、重い物が持てない
  • 腰痛などの持病があり、重労働ができない
  • 腰や膝が悪く、1日中の立ち仕事ができない
  • 低血圧で、早朝の出勤が難しい

こういった場合はその会社で働いていくという事はまず不可能に近いでしょう。

相談するにも恐らくコワモテの人が多い職場だと思いますので、部署を変えてもらう事も難しいと思いますし、たとえそれが認められたとしても社内では総スカンをくらって、それが辛くてフェードアウトという可能性が高くなります。

この場合は、毎日スポーツジムに通って死ぬ気で筋トレをして筋力をつけるか、それとも早期の退職・転職をするかのどちらかの二者択一になると思います。

また無理をして体を壊してしまう可能性もありますので、体力に自信がないというのであれば早めに決断をしてしまいましょう。

会社の雰囲気・人間関係が合わない

仕事自体は思っていた内容とおおむね合っているけど、会社の雰囲気や人間関係が合わないという事もよくあります。

  • とにかくスピード命というような会社の雰囲気・考え方が合わない
  • 残業が風習化している雰囲気が合わない
  • 体育会系の従業員ばかりで合わない
  • 飲み会やバーベキューなどの社員同士の集まりが面倒で合わない

会社の社風が合っていたり、人間関係がよければ、ある程度仕事の不満があってもなんとかなる場合がありますが、どれだけ仕事にやりがいを感じていたとしても、会社の雰囲気や人間関係が悪いとそれで悩んで憂鬱になってしまう場合もあります。

また人間関係は悪くはなくても、飲み会やバーベキューなどのイベントが多く休日などに出かけていかないといけない、参加しないといけないような雰囲気になっているというような事もあったりします。

好きな人は好きかもしれませんが、休日は会社の事を忘れてプライベートな時間を有効に使いたいという人にとってはあまりいい事ではありませんよね。

こういった会社の雰囲気・社風や人間関係というものは会社で働いていくために重要なポイントとなってきます。

会社の雰囲気・人間関係が合わない時の対策

この場合は、自分自身がどこまで妥協できるかというライン引きが重要になってきます。

残業なら2時間まではいいけどそれ以上はやらない、飲み会はたまにはいくけど毎回は行かない、などといった自分自身における線引きをしていき、それが問題なく受け入れられ、仕事自体にやりがいを感じているのであれば、その仕事を続けていくのがいいと思います。

また人間関係で悩んでいるという事だけであれば、こちらから話しかけたり、会社に馴染んでいく必要もあると思います。

見た目は怖そうな人でも話してみると意外と気さくな人だって沢山いますからそこは努力もしていきましょう。

ただ残業が風習化している、パワハラが行われている、会社の雰囲気がどことなくブラック企業、というような場合は早めに判断をする事が重要になります。

ブラック企業の特徴として、最初は良くても、後から様々な条件が後出しで出されるということもよくあります。

それが分かってから、ブラック企業を抜け出すというのは多少難しくなってきますので、比較的初期の段階でそれを見極める事が大事になってくるでしょう。

入社1年目に仕事を辞めたいと思った時は1ヶ月、3ヶ月を目安にしよう

仕事が合わなくて会社を辞めたいという悩みを持つ方はかなり多いと思いますが、上記の対策も参考にしていきながら、すぐに辞めたほうがいいのか、それとも辞めずに仕事を続けた方が良いのかという事を考えていってほしいです。

それでもすぐに結論がでない場合もあったりすると思いますが、その時は1ヶ月、3ヶ月を区切りとして見ていくといいと思います。

1ヶ月目たった時点である程度の会社の雰囲気や自分が置かれる立場がなんとなく見えてくると思いますし、3ヶ月やってみれば自分が担当している仕事がこれからもやっていけるかそれとも難しいかを判断することもできるようになります。

せっかく入った会社ですので、カンタンに辞めてしまうのも確かにもったいないですので、まずはそこまで頑張ってみて、それでも自分には合わないという判断をしたら、転職を考えてみるのがいいと思います。

ただし!

入った会社が、パワハラや長時間残業が蔓延しているなどのブラック企業だった場合は、早めの決断が必要となりますので、この辺りは自分が置かれている環境をよく見つめていき、判断をしていって下さい。

まとめ:仕事・会社が合わない時の転職は慎重に!

今回は仕事が向いていない・会社が合わないという時の考え方と対処法について話してきましたがいかがだったでしょうか。

会社が合わない時は、その苦痛が今後続いていくのか、それとも解消がされていく可能性があるかどうかという事をまず考える必要があります。

自分自身の努力で解決できるもの、できないものもあると思いますが、まずはその点をしっかりと考え、その苦痛の解消が難しいという事であれば転職もやむを得ないのではないでしょうか。

もし転職が怖い、不安というのであれば、転職活動を仕事を続けながら行っても大丈夫ですし、条件がいい会社への転職が決まってから、会社をやめればいいだけです。

本当にストレスが溜まってきたら、転職などのアクションを起こす事自体が面倒になってきてしまい、どうでもいいやと思ってしまう場合もありますので、早めに行動をしておくのがいいですよ。

転職をするなら絶対失敗しない方法で!

そして転職をする際は絶対にその転職に失敗しないようにしないといけません。

「でもどうやってそんな会社を探せばいいの?」

そんな方は転職エージェントなどのサービスを利用していくのがオススメです。

転職エージェントは「転職のプロ」のアドバイザーが相談にのってくれ、これまでの経験、キャリアに合った企業や仕事を紹介してくれるというサービスです。

何よりもその人が最も転職で実現したい事が何かをしっかりと受け止めてくれて、それを実現していける企業を紹介してくれるので、転職に失敗するという事もありません。

転職エージェントは、企業に人材を入社させることによって、その年収の何割かを成功報酬としてもらうというビジネスモデルですので、求職活動者の利用料は完全無料になります。

経済的な負担は完全にゼロでし、入社してすぐに退職にならないようにブラック企業などの紹介はしないようになっているので、その点も安心して利用する事ができます。

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しておきます。

どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

【これで失敗しない!】実際に利用してよかった転職サイト3選

僕が実際に転職活動で使った転職サービス系サイトの中で登録して本当に良かったと思ったのが以下の3つです。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントのポイント
  1. 国内NO.1の実績を誇る転職エージェント
  2. 優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 求人20万件以上!非公開求人も10万件以上!

リクルートエージェントは国内で最も実績のある転職エージェントです。

求人件数20万件以上もあるので、必ずあなたにぴったりの求人があります。

一般転職サイトに掲載されていない非公開求人も10万件以上あり、好条件の求人も多く、その中から転職アドバイザーがあなたにぴったりの求人をみつけてくれるでしょう。

また面接の質問の傾向なども教えてもらえるので、対策もしっかりした上で面接に臨むことができますよ。

リクルートエージェントに登録することで、転職成功の確率がぐんと上げることが可能です。

\簡単5分で登録/

≫リクルートエージェントの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

2位:doda(デューダ)

doda(デューダ)
dodaのポイント
  1. 10万件以上の求人からアドバイザーが最適の企業を紹介してくれる
  2. 各業種の専門アドバイザーがいるので、どんな業界への転職も安心
  3. アドバイザーの質が高く、転職成功者の満足度が高い

次に紹介するのは、リクルートエージェントと双璧をなす転職エージェント「doda(デューダ)」です!

公開求人だけでも10万件以上あり、さらに豊富な非公開求人とあわせた求人の中からあなたにぴったりの求人をキャリアアドバイザーが探してくれます。

求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれた転職エージェントがdodaです。

リクルートエージェントと一緒に登録しておけばほとんどの求人は網羅できますよ!

\簡単5分で登録/

≫dodaの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

3位:リクナビNEXT(リクナビネクスト)

リクナビNEXT
リクナビNEXTのポイント
  1. 自分のペースで求人検索ができる
  2. 年収、残業、働き方など細かい条件まで検索可能
  3. あなたの強みが見つかる「グッドポイント診断」が受けられる

リクナビNEXT(リクナビネクスト)」は転職エージェントではなく、検索型の転職サイトです。

細かい条件で検索をすることができ、転職エージェントでは紹介されない案件もあるので、登録して情報収集にとても役立ちます。

転職エージェントと転職サイトの両方を上手に使いこなすことによって失敗しない転職成功率がアップ!

またリクナビNEXTに登録すると、あなたの強みを見つけることができる「グッドポイント診断」を受けることが可能です。

診断結果は転職の方向性を決めるのに役立ちますし、そのまま面接や自己PRにも応用することができますので、受けておいて損はありません!

\簡単5分で登録/

≫リクナビNEXTの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ユウのアバター ユウ 10年目人事

5回以上の転職経験を経てブラック企業から脱出。現在はゆる会社で人事を担当。人事の立場から転職のサポートをさせていただきます!
転職によって少しでもあなたの人生が幸せなものになってほしいと願いこのブログを立ち上げてみました!

目次
閉じる