仕事の悩み

女性の多い職場で気をつけることは?近くに寄ってくる女性にも注意が必要!

  • 入社してみたら女性ばかりの職場だったけど、注意する事ってある?
  • 配属先が女性ばかりの部署で、近寄ってくる女性がいるけど…
  • 会社の女性社員に嫌われてしまったみたいだけどどうしよう?

そんな悩みにお答えします。

女性が多い職場というのはある意味男性中心になっている職場よりもたちが悪いものです。

妬み、嫉妬、お局、派閥争い――。

そこでは男性中心の職場以上に醜い争いが繰り広げられています。

敵を作ってしまったり、嫌われてしまえば最後。

その職場で働いていくこと自体が難しくなってしまうでしょう。

この記事ではそのようなことにならないように、女性が多い職場で気を付けないといけないこと、女性ばかりの職場で最優先で考えないといけないことを解説していきます。

 

 

女性が多い職場で働くことの危険性

世の中には

「自分の会社は男ばっかりで全然出会いの機会がない! 女性ばかりの職場のヤツが羨ましい!」

なんて言う人もいるかもしれませんが、女性ばかりの職場で働いた経験のある僕の持論は「女性ばかりの職場に男性は足をつっこんではいけない」ということです。

女性が多い職場というのは、男性中心の職場とはその雰囲気も違いますし、何よりも女性の扱いにめちゃくちゃ気を使います。

  • 仕事を誰に任せるか
  • 仕事の分配をどうするか
  • 仕事のペア(組み合わせ)をどうするか
  • どうやって注意をするか

何をするにも細心の注意を払わないといけませんし、ちょっとでもそれに失敗すると

「○○さんは△△ちゃんに気がある」

「○○さんからパワハラ(セクハラ)を受けた」

「○○さんは☓☓ちゃんばかり優遇する」

「○○さんは私のことを嫌っている」

というような、いわれなき偏見の言葉を受ける事になってしまいます。

相手が男性なら気を使わなくても済む内容も、相手が女性だと何を話す時でも言い回しや言い方に気をつけなかったりと、2倍も3倍も精神がすり減ってきてしまいます。

中には、

「職場なんだからそんな事に気を使う必要なんかない」

と思う方もいるかもしれませんが、実際はそんなに生易しいものではありません。

仕事をする上での話し方以外にも色々な危険がそこには潜んでいるのです。

 

女性が多い職場にはこんな危険が!

1人の女性から嫌われると全員から攻撃をされる

女性というのはとにかく群れを作るのが好きです。

基本的に徒党を組みます。

ただ徒党を組む人間というのは基本的に悪い目的のためにしか組みません。

ほんの些細なことであっても、そのコミュニティに属する1人の女性と男性社員との間で問題が起きた瞬間に「ハイ、待ってました!」と言わんばかりに女性陣が一気にスクラムを組んで男性社員を攻撃してくるようになります。

そしてその攻撃方法も様々なバリエーションが存在するのです。

  • 女性全員があからさまに攻撃してくるパターン
  • 水面下で上司に陰口を言って、陥れるパターン
  • 完全無視をして男性社員を孤立させていくパターン

など、その攻撃方法は多種多様。

男性社員の性格や特徴をうまくつかみ、最も嫌がる方法で苦しめようとしてきます。

女性が多い職場で1人の女性を敵にすることは女性全員を敵にすることと同じ事になるのです。

やりたい放題の女性は上司と不倫関係にある場合がある

かなり気をつけないといけないのがこのパターン。

会社の中で実力がないにも関わらず優遇されていたり、他の人間に対して強気の発言をして職場を牛耳っている存在。

そういった女性社員は権力をもった上司と不倫関係にある場合もあります。

もしくは不倫までいかなかったとしても、その上司のお気に入りになっていて、誰も手出しをすることができないような立場になっていたりするのです。

そういった女性社員に対して、ちょっとでも注意をしたり、他の人が嫌がる仕事を任せようものなら

「パワハラを受けた」

「嫌がらせをされている」

などという事を上司に告げ口されて、こちらが呼び出しをされ、みっちりと絞られるようになります。

上司自体がその女性に入れ込んでいるので、こちらが何を言っても聞き耳を立ててはくれません。

こうしてどんどん自分自身の立場だけが悪くなっていってしまいます。

中には言い寄ってきたり、近づいてきたりする女性もいる

そしてさらに危険なのが、上司のお気に入りになっている女性は、人あたりが良く、人懐っこい一面があるタイプが多いこと。

そういった人というのは男性に好かれるポイントがわかっていて、ひと目もはばからずに男性に近寄ってくるようになります。

こちらが優しくすると妙に懐いてきたり、ボディタッチとかも頻繁にするようになってくることも少なくありません。

お昼ごはんに誘われたり、「今度飲みに連れていってください~」なんて言われるようになることもあります。

問題はこれがハニートラップだったりすることです。

ある程度仲良くなることによって弱点を掴んだりしてきたり、その立場を利用して自分の思い通りにコントロールしようとしてきたりと、その方法は様々。

非モテの男性や既婚の男性でちょっと刺激を求めたりしている男性だったりすると、すぐにひっかかってしまって、会社での立ち場を悪くしてしまったり、最悪の場合解雇というような措置を取られたりする場合もあります。

またトラップでなかったとしても、上司のお気に入りの女性社員とあなたがイチャイチャしているのを上司が見たら、それはもう心穏やかじゃないでしょう。

だいたいそういう上司はパワハラの常習犯であるパターンがほとんどなので、それがトリガーになってしまって、あなたに対するパワハラの手を強めてくることだってあり得ます。

 

女性が多い職場で気をつける事

ここまでの内容で女性が多い職場が危険な世界ということがわかって来たんじゃないでしょうか?

そのような完全な女性社会となってしまっている職場で生き残っていくためにはそれなりに気を付ける内容があります。

以下でその辺りについて解説していきましょう。

何よりも大事なのは「女性の敵を作らない」ということに尽きます。

派閥には属さない

女性が多い職場の場合は、女性同士の派閥で対立している場合もありますが、どの派閥にも属さないようにしましょう。

どちらかの派閥に属してしまうと、その派閥同士の争いに油を注ぐことになるばかりか、あなたに対する集中攻撃に発展してしまう可能性だってあります。

特に男性が少数の場合は、あなたが属さなかった方の派閥の格好の獲物になってしまいかねません。

先ほどもお話したとおり、女性多勢の中だと男性はとにかく不利になります。

一匹狼のような立場に立つため、それでも陰口を叩かれたりする可能性もありますが、会社にいれなくなることに比べれば全然マシです。

特定の女性に肩入れをしない

そして特定の女性を特別扱いしたり、えこひいきをすることもご法度です。

女性はとにかく「自分だけが愛されたい」、「自分だけが特別扱いされたい」と思っています。

誰か特定の人を特別扱いしてしまうと、他の女性の妬みや嫉妬心を呼び起こしてしまって職場いじめが発生しまう可能性もあるのです。

あなた自身にも、特別扱いをしている女性にもその手が及ぶことになってしまいますので、注意しましょう。

お局的な存在を敵に回さない

どの会社にも必ずお局的な存在がいます。

女性多数の職場では陰湿な職場いじめがあったりしますが、会社の中にいる1人か2人のお局的な存在が牛耳っていることがほとんどです。

他の女性社員というのはそのお局に心が侵されていたり、心の中では嫌だなと思いながら仕方がなく従っているだけだったりします。

その人を手懐けることができればかなり会社の雰囲気もよくなるはずなのですが、そういった人たちというのは会社でかなりのキャリアがあったりして、なかなか難しかったりするものです。

でも最低限その人たちを敵に回さないということには努力しましょう。

そういったお局的存在が会社の上層部と何気に繋がっていたりする場合もあります。

人を陥れて喜ぶことしかない腐ったような人間によって自分の人生が無駄になってしまうなんて、もったいないことは絶対に避けないといけません!

他の女性と比較しない

女性が嫌うことの1つに「他の女性と比較されること」があります。

注意するにしても

「○○さんはちゃんとやってるのに」

などという他の女性社員の名前を出すのは絶対にやってはいけません。

そうなると、比較されたことに納得できずに、その名前を出した人がいじめのターゲットにされたりする場合もあります。

それだけならまだしも、他の社員がいる前で大声で泣き出して、こっちが悪者のようになってしまったり、最悪の場合は「会社を辞める」と大声で泣き出す、なんてことにもなってしまいかねません。

そして結局あなたが呼び出しを受けて責任を追求されてしまったりすることになってしまうかもしれないのです。

注意をする事が必要になる場合もあるかもしれませんが、その際は相当の気を使って叱っていく必要があります。

女性同士の争いに口をはさまない

女性が多い職場であればあるほど女性同士の争いが激しく行われているでしょう。

休憩時間などはその場にいない人の悪口大会になることなんて日常茶飯事です。

一緒にいるとこっちまで胸クソ悪くなってきます。

ただ、だからといってそこで口出しするのは絶対にしてはいけません。

「もうやめておけば?」

なんて、そこで口出しをしてしますと逆に彼女たちの心に火をつけてしまって、争いが激化していったり、最悪の場合はその攻撃の方向があなたになってしまう可能性もあります。

あくまでも静観をするという立場に徹するようにしましょう。

 

女性が多い職場で最優先することとは?

女性が多い職場は何かと問題があるのが普通。

あって当然、ぐらいの気持ちでいた方がいいですよ。

正義感の強い人や優しい人は、女性同士の戦いをなんとかして解決させたいと思ったりします。

その気持ちはわからないでもないですが、そこに男が口を挟むのは避けた方が身のためです。

それで解決の方向に向かうことはないですし、あなた自身の会社での立場が危うくなってしまうことだってあります。

職場で考えていかないといけないのは、何よりも「自分自身がその会社で生き残っていくこと」です。

ちょっと冷たいようですが、女性が多い職場で働いていくためにはちょっとドライになっていった方がうまくいきますよ。

完全に女性が仕切っている会社で誰かを助けようとしても、無駄な苦労で終わることがほとんどですし、自分の立場が悪くなるだけ。

どうせ何もできないのですから、自分自身の身を守るということを最優先していくのが重要なことです。

 

間違いなくあなたも悪口を言われています

ただ上記のような注意をしていたとしても、間違いなくあなたも悪口を言われています。

女性トイレ、女子更衣室、あなたの不在時は、あなたの悪口のオンパレードになっているでしょう。

ただそれは普通の話。

女性はとにかく言いたいだけの存在なんですから、言いたい人には言わせておく、ぐらいの気持ちでスルーしておきましょう。

それで問題が表面化していないのであれば、全然マシな方です。

女性はその日あった嫌なことはその日のうちに吐き出してスッキリしたいと思う存在。

それでスッキリしてくれて、翌日からしっかり働いてくれるのであればそれでいい、くらいの気持ちでいましょう。

ただ何らかの原因で、女性全員があなたの敵になってしまっていて、全ての女性に無視をされたり業務上の指示もきかないということであれば、ちょっとヤバいです。

そうなった場合はある意味手遅れとなってしまいます。

 

女性を敵に回してしまった際の対処法

正直なところ会社にいる全女性陣を敵に回してしまった際というのは、対処のしようがありません。

中にはあなたに対する嫌がらせをして会社から出ていかせるための策を講じたりする可能性だったりあります。

ちょっとした事をパワハラやセクハラと騒ぎ立てたり、完全に無視をするようになって業務自体が前に進まなくなるようなボイコットをしてくるかもしれません。

そうなったらあなた自身が責任をとっていかないといけない立場になってしまうでしょう。

どれだけ言い逃れをしたとしても、女性の中に上司に好かれている人がいればそちらの声を信頼することになっていきます。

そうならないように常日頃から自分自身には非がないという証拠だけは作っておくようにしておかないといけません。

常日頃から音声を録音をしておく

会社の中で「自分自身の優位な立場を利用して、人間関係から引き離しをしたり悪い状況に追い込む」という行動は立派なパワハラに該当します。

これは上司と部下の関係以外でなく同僚同士の関係であっても同様ですので、もし女性の中に首謀者がいるとしたら明らかなパワハラ行為として主張することができます。

そのためには証拠となるべきものが必要になってきますので、常日頃からボイスレコーダーでやりとりの内容などを録音するようにしておきましょう。

証拠があれば上司にそれを提示することによって、どちらが正しいかという事を主張しやすくもなっていきます。

ちなみにボイスレコードは、長時間録音が可能なもの、かつサイズがコンパクトなものがオススメです。

以下の製品がその条件を満たしたものになるので、チェックしてみて下さい。

 

女性が多い職場に嫌気が差して仕方がない場合は転職を考えよう

中には「もう女性が多い職場はこりごり! 普通に仕事がしたい!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

「もう何のために仕事をしているのかわからない」

そんな、わけのわからないストレスで悩んでいるのであれば、転職をして自分自身にあった職場で働いた方がよっぽど良いかもしれません。

  • 毎日お局さまのご機嫌取りをしないといけない
  • 注意ひとつするにも気を使わないといけない
  • 女性同士の争いがとにかくめんどくさい

こういった事は本来やるべき仕事ではないですし、何よりも本当にやらないといけない仕事に集中できないという事ほど、非効率的なことはありません。

自分自身の力も発揮できず、ストレスばかり感じるような職場であれば、早めに転職をして、もっと自分自身の本来の実力を思う存分発揮できるような仕事を見つけるためにアクションを起こす方がよっぽど建設的ですよ!

「どれだけ悪口を言われても、嫌われても全然平気!」

なんていう人でも、それが何年も続くと精神的に参ってくるものです。

そうなった時に転職しようと思っても、年齢がネックで転職難民になってしまい「あの時転職しておけばよかったなあ」と思うことになってしまうかもしれません。

転職は会社を辞めなくても、在職しながらもできますので、まずは無料で相談やカウンセリングが受けられる転職サービスに登録するところからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

自分の実力を発揮できないのはもったいないです!

「女性に振り回されるばかりで、何のために仕事をしているのかがわからない!」

そんな悩みを持っているのであれば、今すぐに転職しないにしても、転職サービスに登録をして、働きながら転職について考えてみることをオススメします。

これは焦ってしまって妥協した転職先に入社してしまうことを防ぐことにも繋がります。

転職で気をつけないといけないことは、失敗してしまうと人間関係がギスギスで、労働環境も最悪の「ブラック企業」に転職してしまう可能性もあるということ。

どうやって転職をするかということが大きなポイントになってきますので、慎重な選択が必要になります。

もしこれまでの転職で利用したことがない方は「転職エージェント」のサービスを利用して、転職活動をするのがいいでしょう。

転職エージェントは転職のプロがその人の適正やキャリア、求める条件に最も適した仕事を紹介してくれ、完全無料で利用する事ができるサービスです。

他にも転職エージェントでは以下のようなサービスも行っています。

  • 転職相談
  • 履歴書・職務経歴書の作成サポート
  • 面接対策・模擬面接
  • 年収・面接日の調整・交渉

 

企業に応募する際は担当のコンサルタントが推薦状を付けてくれるので書類選考通過率も高く、転職サイト一本で活動している人より一歩も二歩も抜き出る事ができます。

紹介される求人も現在の収入をベースにしているため、大幅な年収アップの可能性も視野にいれる事が可能ですし、こういったサービスを全て完全無料で受けることができ、一切料金がかかるという事はありません。

利用したからといって最終的に転職エージェントから紹介された以外の企業に転職しても全く問題ないですし、利用をしなくても大丈夫です。

その際も料金は一切かかりませんので、安心して利用ができます。

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しますので、ぜひ登録してください。

 

現在転職エージェントは多数ありますが、登録するべきなのは国内の2大転職エージェントの「リクルートエージェント」と「doda」です。

「リクルートエージェントは」国内最大手の転職エージェントで、非公開求人20万件以上と圧倒的な情報量を誇ります。

年齢層、業界も幅広く、誰にでもおすすめできる転職エージェントです。

 

リクルートエージェントに今すぐ登録する


 国内NO.1転職エージェント!

 

「doda」は業界第2位の転職エージェントで非公開求人も10万件以上と多く、かつサービスにも定評があります。

求人件数、サービスの質のバランスが最も取れた優良転職エージェントです。

 

doda に今すぐ登録する

 業界NO.2のエージェント!サービスに定評

 

「リクルートエージェント」「doda」は一般転職サイトに掲載されていない非公開求人を10万件以上もっており、キャリアアドバイザーの腕も確かですので、ぜひ登録して下さい。

また転職に成功した人は複数の転職エージェントに登録しています。

求人内容は各転職エージェントで異なり、それぞれの独占案件も多いので、複数のエージェントに登録する事が転職の成功の近道です。

また利用の際の気になる点もお伝えします。

 

Q:転職エージェントは本当にお金がかからないの?

A:利用料は完全に無料です! 転職エージェントは企業に人材を転職させる事によって、その人の年収の何割かを成功報酬をしてもらうというビジネスモデルですので、一切お金がかかる事はありません。

 

Q:登録するのが面倒では?

A:各転職エージェントともにすぐに登録ができるように設計がされおり、早ければ5分ほどで登録ができてしまいます。
履歴書や職務経歴書などのファイルがあればアップロードするだけで良いですし、会員登録後に簡単に作れてしまう「レジュメメーカー」を利用する事もできます。

 

Q:紹介してもらえる求人はどんな会社? 本当に大丈夫?

A:転職エージェントを利用する会社は、優良企業以外はありません。
ある程度安定した企業でないと転職エージェントは利用できませんし、また企業との信頼関係も重要となり転職後すぐに退職してしまうような会社や、ブラック企業の紹介はありませんので、安心して大丈夫です。

 

Q:履歴書や職務経歴書の書き方、面接など不安なのですが?

A:転職のプロが、それぞれの企業にあった書類の書き方や、具体的な面接対策をしてくれます。
その他、転職サイトには書かれていないようなコツやテクニックなども聞く事ができます。

 

Q:まだ転職するかどうか悩んでいる段階だけど、相談だけでもいいの?

A:転職をするかどうか悩んでいる方こそ転職エージェントを利用する事をオススメします。
現在の状況やこれまでのキャリアを話して、転職ができるかどうか、またできる場合はどういった企業があるのかを聞いてみて判断しましょう。
それから利用するかどうかを決めてもいいですし、利用しなくても全く問題ありませんので、心配はいりません。

 

転職エージェントは最初に登録をして、面談をすれば、後はあなたに合った求人を紹介してくれます。

本当に転職をしないといけないと思った時は、精神的にも参ってしまって何もやる気が起きない状態になってしまっている場合も多くあります。

どれだけ利用してもお金は一切かからないので、登録して面談だけ受けておけば、いざという時にすぐに行動に移す事ができます。

僕がそうでしたが、気力がなくなってから転職サイトや転職エージェントの登録をするのは結構大変でしたし、年齢が上がれば上がるほど転職は不利になります。

重要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

ぶっちゃけ、転職は希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

ただどんどん採用がされ、募集終了となっていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

迷っていたらいつまでたってもそんな企業には出会えません。

自分自身からそのチャンスを掴みにいった人だけが、理想の仕事に出会って、幸せな未来を実現できるのです。

 

登録は数分しかかからないので、まずは登録して、面談の中でどんな求人が紹介されるのかを実際に見て下さい!

  • しっかりと働きを評価してくれていて、こんな会社に入りたいな
  • 自分がやりたい仕事と完全にマッチしている!
  • 今やっている仕事よりも上流工程で活躍できそう!

どれも僕が面談の際、紹介された求人情報を見て思った事です。

今あなたが踏み出す事によって、今までとは全く異なる幸せを掴んでいく事ができるはずです!

何よりも今の会社で自分自身の力を発揮できないということは、めちゃくちゃもったいないことじゃないでしょうか?

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

\ 国内NO.1転職エージェント /

リクルートエージェントに登録する

 利用料完全無料!

\ 転職者満足度NO.1 /

doda に登録する

 利用料完全無料!

\ 20代の方はこちらも登録! /

マイナビエージェントに登録する

 利用料完全無料!

 

まとめ:女性の多い職場で、男性が最も気をつけること

今回は女性中心となっている会社で男性が注意をする点について解説してきました。

「周りが女性ばかりだからモテるかも?」

「イケメンじゃないけどライバルがいないから彼女ができるかも?」

なんて淡い期待を持つ男性もいるかもしれませんが、実際はそんなに甘いものじゃありません。

まだ入社してそれほど経っていない方は今回の内容を参考にして女性の敵を作らないようにしましょう。

また既に攻撃対象になってしまっている場合は、自分の身を守るためにボイスレコーダーで録音をする習慣をつけたり、転職サービスを使うなどして、自分自身を防御していき、最悪のことにならないように気をつけていきましょう。

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!