転職・転職活動

30代、40代の転職活動は在職中or離職後?失業保険を満額もらう方法などを紹介

35歳前後で転職するかどうか迷っている方って結構いらっしゃるんじゃないかなと思います。

これを読んでいるあなたもそんな一人なのかもしれません。

そんな転職したい症候群の人がなぜ30代後半から40代に多いのか。

それは誰もが一度は聞いた事がある「35歳転職限界説」というのがあるからなんです。

だから40代ともなると転職には一歩踏み出せないし、転職活動をしても建託会社の営業や運送会社のドライバーみたいなきつそうな仕事ばかりじゃないかと思ってしまいます。

転職をしても条件が悪くなっちゃうんなら今の会社にいたほうがまだマシかな…と思って悶々としながらも働き続ける…。

でも40代で転職をするのが無理なのかといえば、実はそんな事もないのです。

世の中にはシニア世代でも、仕事に通用するスキルさえあれば積極的に採用していこうとする企業もたくさんありますし、またこれまでのキャリアを活かして転職に成功した人もたくさんいます。

中には40歳を過ぎて転職をして年収が100万円以上もアップしたというケースもまれではありません。

もしあなたの月収の手取りが30万円を切っているようであれば、チャンスはまだまだあります。

でも40代の転職は20代の転職と比べると難しいというのは事実です。

そのため、40代での転職はしっかり考えて実行に移さないといけません。

ここでは、40代で転職したい、職場を変えたい、今よりも条件の良い所で働きたいという方が知っておくべきポイントを紹介していきます。

 

転職に反対する人は本当のあなたの苦しみを知りません

40代の人が家族や友人に「転職したい」というと大体の人が辞めた方がいいと言いますが、なぜでしょうか?

それは本当のあなたの会社での姿を知らないからなのです。

もちろん友達とか家族はあなたの事を心配して言ってくれています。

40代で転職しても働ける所なんてないよ。
何の資格もないのに雇ってもらえるわけないよ。
今よりももっと条件の悪い会社しかないよ。

もちろんその言い分もわかります。

でもよく考えてください。

あなたが転職したいと思うようになったキッカケがあると思いますが、それを彼らは知らないんです。

あなたがどれだけ会社でもがき苦しんでいるかが彼らには分からないんです。

  • 死にたいと思うくらいに激しいパワハラ
  • 泣きたい気持ちを抑えながらも働かないといけない苦しみ
  • 上からの圧力と下からの突き上げ
  • その中で達成しないといけない過剰ノルマ
  • クレームは全部回されて、誰も助けてくれない

でも家に帰ったら心配をかけまいと、無理に明るく振る舞っている訳ですよね。

自分がどれだけ苦しみながら仕事をしているかというのは結局のところ、自分しか分からないんですよね。

僕が30代の時、月120時間を越える残業をしていた時期がありました。

パワハラも蔓延っている職場で苦しくて苦しくて、転職したいと嫁に伝えたところ、

「やめときなさいよ、あんたの会社すごくいい会社じゃない。給料の支払いも遅れたこと一回もないし」

と吐き捨てられました。

結局、自分以外は何も分かっていないんです。

でも、20代や30代に比べると転職が楽ではないという事は分かっているので、結局そこで踏みとどまってしまう事が相当多いんじゃないでしょうか。

でもそれってすごくもったいないと思いませんか?

そこで踏み出していれば、年収だってあがる可能性もあるし、キャリアアップができる可能性だってある訳なんです。

それを結局諦めてしまっている訳なんですから。

確かに現実的な事を考えると、40代の転職はかなり考えないといけない点が多いです。

子供の学費や住宅ローン、自分の老後の生活資金なども必要なので、そうそうすぐに踏み出す訳にはいきません。

でもだからと言って今の会社にずっと居続ける事が正解なのかと問えば、そうでもない場合が多いんじゃないかと思います。

  • 上司からのパワハラでうつ病の一歩手前になっている
  • 過度の残業で体がもつかどうか分からない
  • 会社が今後20年間もつかどうかが不安
  • リストラされる可能性もある
  • 役員退職の年齢があり、減収になる予定がある

むしろそういった会社で働き続けるという、選択をしないという選択が間違ったものなんじゃないでしょうか?

 

また40代というと働く期間は残り20年あまり。

50代になっての転職は40代の転職以上に厳しいものがあります。

もし動くとしたら40代が最後のチャンスなので、ここで動いてもいいんじゃないかと思います。

もしあなたが今後20年間、何も変わらなくてもいいと思うのであれば、転職はおすすめしません。

でももしあなたが何かを変えたい、何かにチャレンジしたい、何かを改善していきたいと思うのであれば、最後のチャンスと思って思い切ってチャレンジする事を強くすすめます。

もちろん最小限のリスクでの活動をしないといけませんが、自分自身で自分の未来を切り開いて行くことが大事です。

在職しながらの転職活動

40代で転職をする際は、会社に在職しながら現職のまま転職活動をするのが良いです。

現在は多くの転職エージェントというサービスがあり、どの転職エージェントも完全無料で利用する事ができます。

転職エージェントは企業から依頼された求人情報をもとに、それにふさわしい人材を企業につなげる人材紹介企業です。求人紹介、転職相談、模擬面接などもしてくれます。

まずはこういった転職エージェントに登録してみて、自分が転職できるかどうかを確かめるのが良いでしょう。

ただ転職エージェントでも登録に審査があり、年齢が高い場合はそれなりのキャリアがないと登録を見送られる場合があります。

もしどの転職エージェントからも登録が見送られてしまう場合は、転職のプロが転職成功の可能性が低いと判断したと思い、諦める事も肝心です。

ただ40代まで働いてきた人であれば、それなりのキャリアを積んできているはずですので、登録拒否されたらどうしよう、と考えずにまずは動いてほしいです。

面談は夜間や土曜日でも行ってくれたり、近くのカフェやファミレスで行ってくれたりもしますので、時間がない人でも問題ありません。

企業との面接とは違ってざっくばらんに話せますので気負わなくても大丈夫ですし、カジュアルな服装で大丈夫です。

面接に通る履歴書や職務経歴書の書き方も教えてくれますし、企業との面接のポイントなども教えてくれます。

面談で話した内容を元にエージェントがあなたに合った企業を紹介してくれますので、気になるようであれば応募をしてみましょう。

書類選考が通ったけど、時間が合わなくてどうしても面接が受けれないという場合は面接辞退をすることもできますし、もし意中の会社であれば会社を病欠してでも行った方がいいです。

急を要する場合は退職してからの転職も検討すべし

でもそんな悠長な事を言っていられないという人だっています。

パワハラでもう精神的に限界。

長時間の残業で体を壊して入院。

などもう肉体的にも精神的にも限界の人も多いと思いますが、そういった人は躊躇せずに行動した方が良いです。

最悪、過労で倒れて入院して、転職活動どころじゃなくなってしまった、というケースもあるので、見に覚えがある方はすぐにでも行動に移すべきです。

また、

  • 明日にはどうなっているかわからないような会社
  • 近々会社移転があり、通勤困難になってしまう場合
  • 部署移転を命じられ、飛び込み営業をする事になった
  • 転勤を命じられた。住宅ローンがあるのにどうしたら?

と理由は様々あると思いますが、そういう人はまず動くべきです。

 

ただいきなり退職するのはリスクが高いので、まず休職ができないかどうかを相談する事が第一にするべき事です。

転職エージェントへの申し込みも忘れずにしておきましょう。

追い詰められて悩んでいる人は病院にいって診断を受ければ、何らかの診断が出ますので、その診断書を持っていけば休職も認められる可能性が高いです。

もしそれができるのであれば、その期間に転職活動を集中して行えますし、転職成功の実現性はかなり高くなります。

また休職ができなかったり、それもできないという場合は、退職をしてから転職活動をするという事も可能です。

以下のような場合は、失業保険も待機期間を待つ事なく、満額支給されますので、安心して退職できます。

  • 長時間の残業(1ヶ月で100時間以上の残業、3ヶ月連続で45時間以上が目安)
  • 会社理由での転勤や部署移転
  • パワハラ、セクハラなどの精神的、肉体的苦痛を受けた場合
  • 会社移転等により通勤困難になった

残業やパワハラ、セクハラの場合はタイムカード、録音などの証拠が必要になります

 

失業保険受給中は、一日の労働時間が限定されますがアルバイトも可能となります。

その日は就業日となりますが、失業手当の支給日数が減る訳ではなく、先延ばしになるだけなので、長く失業保険がもらえます。

失業保険は、機会がなければ使わないのが良いですが、こういう時のための制度なのでそれを活かすようにしましょう。

在宅ワークサービスもうまく利用する

また最近は在宅ワークも増えてきているので、自分の得意分野があるのであればそれを活かして行くこともできます。

以下おすすめのサイトを紹介しておきますので、気になるようであれば登録してみて下さい。

こういった在宅ワークはそれほど人間関係に悩まずに仕事ができるという事がメリットですし、中には意外とお金になり、やる気になれば年間で数百万円稼ぐ事もできます。

職業訓練等で資格を取得してからの再就職を考える

また職業訓練を受けて資格を取得することも再就職への道を開く方法です。

40代であればおすすめはビルメンテナンス関係の講座です。

ビルメンテナンス業界の年齢層も高く、40代以上の方が活躍しているので、この資格と持った方は企業にも重宝されます。

逆におすすめできないのはWEB関係の講座です。

覚える事も多く、またセンスが必要な仕事なので、40代を超えてから勉強するのはハードルが高いですし、企業側も40代で未経験というような人材を採用する事はまずありません。

転職までの期間の目安

40代の転職活動は、在職派なら長期間を覚悟、離職派はとにかく短期決戦です。

目安として在職の場合は半年~1年、離職してからの場合は2~3ヶ月を目処にしましょう。

在職派は腰を落ち着けてじっくりやる事をおすすめします。

自分が求める条件が何なのかという事をしっかりと考え、本当にこれだと思った会社があれば積極的に動いていきましょう。

有給休暇も利用限度がありますし、気に入られた会社は、一次面接の後、すぐに二次面接に呼ばれる事が多いです。

あまり手当たり次第に応募していると、本命の会社の面接に行けなかった、という事にもなりかねませんので注意してください。

逆に離職派はとにかくスピードが命です。

こちらが選ぶのではなく、選ばれないといけない立場なので、条件が希望に近く、少しでも気になる企業があればどんどん応募していきましょう。

それほど気にしていなかった企業だけど、応募してみたら、雰囲気や条件も良く、トントン拍子に内定が決まったという話しもあります。

離職しての転職活動は不安になる事もありますが、それでもニーズは絶対にあります。

僕も40代でパワハラや残業が原因で離職してからの転職を経験したので、その不安はよくわかります。

でもあなたを待っている会社が必ずありますので、諦める事なく、転職の成功を実現して、これからの幸せの人生をつかんで下さい。

ラスボス「嫁ブロック」に気をつけろ

もうひとつお伝えしたいのは、転職には家族の理解と応援が不可欠という事です。

先程もお話しましたが、僕は転職前にも嫁に一蹴されましたが、転職で内定をもらった際も、「そんな会社は納得できないからやめて!」と言われる始末でした。

その会社は、年間休日120日、残業時間もそれほど多くなく、年収もアップする事ができましたが、場所が自宅から遠く車でないと行けれないような所にありました。

我が家では車を所有していませんでしたので、「車が必要になる」と言った瞬間に、「そんな話はきいてない!ダメ!ゼッタイ!」と、それ以上はこの転職の話はできなくなってしまい、結局内定も辞退するという事になってしまいました。

内定が出たあとに奥さんから反対されるという「嫁ブロック」は世の中でもよくある話らしいのですが、何がその「嫁ブロック」の原因になるかは分かりません。

意外な存在がラスボスとなってしまう可能性もあるので、まず自分自身が何をしたいと思ってこの転職をしようとしているのか、それを家族と共有していく事が大事だと言うことを覚えておきましょう。

 

まとめ:40代は可能であれば在職中に転職活動をするのがオススメ

40代での転職は20代、30代の転職に比べると少し時間がかかるという点があります。

勢いで退職をしてしまい、経済的に困ってしまった…というような事にならないように、計画的に活動をしていきたいものです。

自分一人でやろうと思うと本当に大変ですので、早期の転職を実現したいと考えているのであれば、やはり転職エージェントの利用は必要不可欠でないかと思います。

アドバイザーの方は、会社の業績、企業風土や社内環境などの情報も熟知しているので、あなたにとって最適の紹介をしてくれますし、しっかりと転職目的、転職で実現したい事を伝えれば転職に失敗するという事もありません。

スキルや資格を獲得してからの転職も悪くはないですが、転職には出会い、運というものが必要になってきますので、いつでもそれをつかめるように今から登録して情報収集をしておくことをオススメします。

最後のチャンスを活かせるかどうかはあなた次第です

ポイントさえつかめば40代の転職も実現可能ですし、経済的な心配を最小限にすることも可能です。

踏み出す前は勇気がいるかもしれませんが、一歩踏み出してみれば、こんなものかと思う事もあります。

あなたが何かを変えたい、何かにチャレンジしたい、何かを改善していきたいと思うのであれば、最後のチャンスと思って思い切ってチャレンジする事を強くすすめます。

転職エージェントを使えば、転職のプロがカウンセリングをしてくれ、あなたに最も合った仕事を紹介してくれますので、失敗しない転職を実現していくことができますよ!

以下に僕が実際に利用した、オススメできる転職エージェントのまとめ記事がありますので、こちらを参考にしてみて下さい。

社畜からの脱出のための転職エージェント・転職サイトはこの4つ なんとかして今の社畜状態から抜け出して条件のいい会社に転職したいけど、どの転職エージェントを使えばいいのか教えてほしい。 ...

 

また僕が壮絶なパワハラを受けていたブラック企業を脱出した体験談まとめがありますので、まだ読まれてない方はぜひ読んでみて下さい。

パワハラ・ブラック企業からホワイト企業に転職。再び笑えるようになった成功体験談ブラック企業の社畜生活から抜け出し、ホワイト企業で人間として生きることができるようになった「けい」といいます。 このサイトでは僕の...

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!