【現役人事がオススメ】失敗しない転職サービス!

中途採用は放置プレイされやすい!仕事を教えてくれない時の対処法

こんな悩みにお答えします
  • せっかく中途採用されたけど仕事を教えてもらえず孤立している
  • 先輩社員に聞いても「そんなの後で聞いてよ」と怒鳴られる
  • 入社1日目で既に会社に行くのが辛い・苦しい

この記事を読めば、中途採用で放置プレイされ、仕事を教えてくれない時の考え方や、対処法が分かるでしょう。

実際のところ中途採用の場合、ほとんどの会社は数ヶ月かけて仕事を覚えていってくれればいいと思っていますので、そこまで心配する必要はありません。

僕もこれまで7回転職をしてきてますので、中には放置プレイをされる会社も数社はやはりありました。

ケイ

その時に感じたことや実践したことも踏まえて、今回の記事を書いてみました。

中には悪質な会社や従業員がいることもありますので、よく見極めることも大切なことです。

目次

中途採用が放置されがちな会社のパターン

中途採用が放置されがちな会社というのは、それなりの特徴があります。

まずはここから見ていきましょう。

中途採用の教育に力を入れていない

多くの会社は新人であれ中途採用であれ、教育期間を設けてその期間内で徐々に教育をしていくということをしていますが、放置プレイをされがちな会社というのはそういった教育システムが全くなかったりします。

「誰かが教えればいい」ぐらいに適当にしか考えていない場合が多いのですが、社員自体も「誰かが教えてくれるんじゃね?」と思ってしまっており、結局誰も何も教えてくれないということになってしまうのです。

行き当たりばったりで採用をしてしまう会社

中途で採用されるという場合、

  • 事業を拡大するために優秀な人材を確保したい
  • 事業が順調なので今後のために人員を確保したい

こういった理由が多いのですが中には「急激に売上規模が大きくなったためとにかく採用をしたい」というパターンもあります。

通常は教育できる時間がある閑散期のタイミングで採用をして教育をするのですが、こういった場合はいきなり繁忙期に入社する事になってしまうわけです。

そうなると誰もが忙しく自分の仕事をまわすのに精一杯で、教育をする暇がなくなってしまいます。

計画性がない会社ではこのような事がよく起きるのです。

従業員の出入りが激しい企業

常に従業員の募集をしているような会社、社員の出入りが激しい会社は、基本的に誰も仕事を教えてくれません。

このような会社は入社してもすぐに辞めていってしまう社員が多く

お悩みマン

仕事を教えたところで、どうせすぐに辞めるだろうから

という考えが社員の中に蔓延してしまっている場合もあります。

中途採用は放置されがちな理由

それではさらに現場レベルで中途採用の社員を放置する原因・理由を考えていきましょう。

仕事が忙しいから放置されてしまう

繁忙期に従業員を採用してしまった、最小人員で仕事を回しているというような場合は自分の仕事だけで精一杯で、中途入社の社員に対して教育をするということ自体が難しくなってしまいます。

たとえ教育係が付いたとしても何かを教えている途中に急な仕事が入ればそちらを優先するのが当然なので、必然的に放置プレイをされることになってしまいます。

お悩みマン

何をすればいいでしょうか?

と聞いたところで「後にしてもらえる?」と言われるのが目に見えてます。

妬み・嫉妬のため放置プレイをされる場合

男性よりも女性の場合に起こることが多いのですがが、妬み・嫉妬でわざと放置プレイをするパターンもあります。

  • 自分よりも若い
  • 自分よりも男性社員に人気
  • 社長から気に入られている

といったようなどうでもいいような事で嫉妬して、何を聞いても

 

そんなこと聞かなくてもできるでしょ?

 

そんなこと自分で調べてよ!?

と、何も教えてくれません。

その裏では会社に長年棲みついているお局の存在があることが多く、彼女に目をつけられた場合は相当厄介なことになっていきます。

放置プレイの中ではちょっと悪質なものと言えるでしょう。

できると思われて、放置されている

妬み・嫉妬に近いものとして男性社員の焦りなどが原因で放置プレイされる場合もあります。

中途採用社員に対して「できる人間」と思っている場合。

特に採用された人が自分と同じようなポジションの場合はこのような傾向が強くなってきます。

こういった人間は「芽は若いうちに潰す」というような考えを持っているのでかなり攻撃的になり、わからないことを聞いたとしても

 

そんな事も分からずに入ってきたの?

というような事を言ってきたりします。

この場合は自分が実力で見返していくか、もしくは自分はあなたの敵ではないということを初期の段階でアピールしていく必要があるでしょう。

教育係が決まっていないため、放置されてしまう

どの社員も役職がなく、横一列になっているような職場では、ある部署に所属はされるものの、全員が無関心で自分の仕事のみを行うようになります。

このようなところでは誰もが

 

誰かが教育してくれるでしょ

 

自分には話しかけないでほしい

などと思っており、一向に仕事を教えてくれるような気配にはなりません。

こんな場合はしっかりと教育係が誰なのかということをまずしっかりと決めてもらう必要があるでしょう。

ブラック企業だから、あえて放置する

中にはブラック企業であるが故に、「こんな会社には来ない方がいい!」と思って、あえて放置プレイや嫌がらせ行為をしていたりする場合もあったりします。

その人のためを思って、あえて放置プレイをして会社に居づらくさせて退職に持ち込もうとするのです。

ケイ

実際僕がそうでした。

中にはそれが原因で辞めていった人も数人はいましたが、ブラック企業に勤めて潰されるよりかは全然マシでしょう。

自分自身の自己満足でしかないかもしれませんが、1人でシンドラーか杉原千畝になったつもりでいました。

十分回っており、本当にやってもらう仕事がない

中には普通に仕事が回っているにも関わらず従業員の増員をしたりする場合もあったりします。

こういった会社は「優秀な社員はとにかくキープしておく」という考え方をしていることが多いのですが、問題なのは仕事がそんなにないにも関わらず、現場の人員を増やされること。

実際の問題としてやってもらう仕事もないですし、仕事を割り振ると今度は自分がやる仕事がなくなってしまうということになってしまうのです。

こんな職場だと雑用などしか指示をされなかったり、「何をすればいいですか?」と聞くと「う~ん」と悩んでしまったりする場合もあります。

中途採用で放置プレイをされた時の考え方・対処法

せっかく中途採用をされて頑張ろうと思っていた矢先にこんな放置プレイをされてしまった場合、どうやってそれを乗り越えていけばいいでしょうか?

雑用係を極める

まずできることとしては言われた仕事をとにかく極めることです。

「与えられた仕事はどんな小さなものでも仕事」と思って真剣に取り組んでいくこと。

掃除やコピーのような雑用仕事しか頼まれなかったとしても、それも仕事の内です。

その姿勢が認められれば仕事を与えられる事もあるでしょう。

また中途採用された従業員が長時間雑用仕事しかしていない姿を見れば、さすがに会社上層部の人間や社長も「なぜ雑用仕事しかさせていない?」と直属の上司を指導して、改善をしてもらえる可能性だってあります。

まずは完璧に雑用仕事をして、一人前と認めてもらえるように努力していきましょう!

電話を取りまくる

雑用の仕事さえも与えられないというときは、誰よりも速く電話を取って、電話に出まくるようにしてはいかがでしょうか?

お悩みマン

こんな電話かかってきていますが?

 

○○○って伝えておいて~

社員の中には電話対応がイヤだったり苦手だったりする人も少なくありませんので、電話がかかってきた時に

というような関係ができればこちらのものです。

中途採用の場合だと「自分は電話に出なくてもいい」と思っている人も多く、それに対して社員がイラついてしまっていることもありますので、そこで「ちょっとは使える社員」というところまでにはレベルアップすることができます。

それを続けていけば、その内に電話以外の仕事も任されるようになっていくはずです。

忙しそうな人に仕事をもらいにいく

仕事を振られないからと言って何の仕事もせずに過ごしていく、ということは避けないといけません。

たしかに仕事を振られていないという現実はありますが、そのままにしてしまうと今度は「あいつ何にも仕事ないのに、なにしてんだ?」と思われてしまいます。

やることが何もないという場合は、客観的に見て忙しそうな人に「何かお手伝いできることはありませんか?」と聞いて回るのがおすすめです。

ただし、やみくもにお百度参りのように「仕事ないですか?」「やることないですか?」と聞いて回ってもダメですよ。

この時のポイントは以下の2つ。

  • 忙しそうな雰囲気の時に声をかけない
  • 人を選んで声をかけるようにする

忙しくてテンパっている場合や、仕事が多くイラツイている人に声をかけても怒鳴られたり怒られたりするのが目に見えていますよね。

そうすると萎縮してしまって更に声を掛けられなくなってしまいます。

会社の中でも人当たりの良さそうな人を選び、忙しい時間帯ではなく、トイレから帰ってきたタイミングや昼食後の午後イチのタイミングなど、雰囲気を見て話しかけるようにすると、

お悩みマン

おっ、コイツわかってるじゃん

と思われるようになっていきます。

自分の前に入った中途採用の社員に聞いてみる

中途採用の場合は入社してすぐに結果を出さないといけないと思いがちですが、実は会社はそこまでは思っていない場合も少なくありません

そんな焦りがあるのであれば一度自分の前に中途採用された人が誰か聞いてみて、その人に入社時の様子を聞いてみてはいかがでしょうか?

きっとあなたと同じような体験をしてきたと思いますが、今は多くの仕事を任されているはずです。

質問の例
  • どれくらいで仕事になれたのか?
  • どうやって過ごしていったか?
  • 仕事を任されるようになったのはいつ頃からか?

そういった情報を聞いて、同じぐらいか少し早いくらいの期間で仕事を覚えていくぐらいの気持ちでやっていった方が気分的にも楽になれますよ。

会社内で孤立しないことが重要

中途採用で一番陥ってはいけないのが会社内で孤独な存在になってしまうこと。

1人になってしまうと誰にも相談をすることもできず、1人で悩むことになり、悪い考えしかできなくなってしまいます。

  • 一緒にランチにいく
  • 同じ趣味があれば積極的に声をかける
  • 飲み会などは積極的に参加をする

こういったことは基本として自分から働きかけていくようにしましょう!

仕事を聞いても教えてくれない時は?

ただ中には裏でお局と呼ばれる存在が糸を引いていたり、完全な嫌がらせで仕事を与えてくれない場合もあったりします。

やるべき仕事がなく聞いたら「忙しいから後にして」と言われたけど、何度言っても何も指示をしてくれない。

電話がかかってきて「ちょっと!早く電話出てよ!」と言われて電話に出たが、返事がわからなかったため「折り返します」と言って切ったが、「そんな事自分で調べて答えてよ!」と言われた。

別の際に電話がかかってきて、自分で調べて答えたところ「何勝手に答えてるの?ちゃんと確認してから答えてよ!」と言われた。

わからない事があり「仕事で教えてほしいことがあるのですが…」と言ったら、「子供じゃないんだから自分で考えろよ」と言われた。

こんなように悪意がある場合も確かにあります。

そのような場合はその上の上司、もしくは社長にその如くに伝えるようにしましょう。

僕なら間違いなく、

ケイ

仕事でわからない事がありましたが、このように言われたので、ここでこれ以上続けていくことはできませんので、退職させてください

と言うでしょう。

そのような場合、嫌がらせは仕事だけない場合に及んでいる場合も少なくありませんし、エスカレートしていくとプライベートさえ邪魔をしてくる可能性だってあります。

そんな人と付き合っていって消耗していくだけなら、早いところ会社を辞めていった方がいいですよ。

もし社長に言って改善されたとしても一時的なものに過ぎませんので、そこで折れてしまったりするのはNGです。

そんな環境にしてしまっている、会社や社長にも責任があるということも、分かってもらわないといけません。

ただし、闇雲に辞めてしまうのはNG!

もし悪質な放置プレイをされていて転職をしようと思った場合ですが後先考えずに会社を辞めてしまうことはやめておきましょう。

その場合は失業保険がもらえない上、保険料の支払いなども必要になるため、後々に後悔してしまう可能性があります。

まずは会社でおとなしくしているフリをしながら同時に転職サービスに登録をして、働きながら転職活動を開始するようにしましょう。

これは焦ってしまって妥協した転職先に入社してしまうことを防ぐことにも繋がります。

転職で気をつけないといけないことは、失敗してしまうと人間関係がギスギスで、労働環境も最悪の「ブラック企業」に転職してしまう可能性もあるということ。

どうやって転職をするかということが大きなポイントになってきますので、慎重な選択が必要になります。

もし今回転職した際に転職エージェントを利用しなかったという人は、再び失敗しないために転職エージェントを使った転職活動をするのがいいでしょう。

僕もこれまで何度か転職をしていますが、転職エージェントを活用して行った転職先は待遇もいいですし、何もかも納得できるものでした。

転職エージェントについては「転職エージェントとは?リクナビネクスト、ハローワーク、マイナビ転職との違いや仕組みを解説」の記事で詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。

あわせて読みたい

転職エージェントについては以下の記事で詳しく説明していますので、こちらも参考にしてみて下さい。

転職エージェントは転職のプロがその人の適正やキャリア、求める条件に最も適した仕事を紹介してくれるサービスで、完全無料で利用することができます。

また転職に至った経緯なども聞いてくれるため、紹介する企業とのミスマッチがありません。

そのため、満足度の高い転職ができるようになっています。

転職は会社を退職しないとできないように思う方もいらっしゃいますが、会社を辞めなくても転職活動はできますし、不安な方は今の仕事をしながら転職活動をして、条件や雰囲気を比較して決めればいいだけです。

転職は在職中に行うのがオススメです。

詳しくは「転職活動は在職中に!退職後は後悔する!転職エージェントを使って2回転職した僕の体験談」の記事を参考にしてみて下さい。

すぐ転職しなくても登録だけしておいて、良い条件の求人があれば考える、といった使い方もできます。

転職エージェントでは定期的に企業訪問もしているため、企業の雰囲気や考え方も熟知しており、その情報ももらえますので、自分に合っているかどうかということが応募前に分かるというのがメリットです。

残業時間がどれくらいか、パワハラなどがあるのかなど、ブラック企業なのかどうかも事前に分かりますし、そもそも転職エージェントに求人の依頼をしている企業でブラックなところはありません。

ケイ

それに今の会社にバレたりする事もありませんので、安心して利用をして下さい。

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しておきます。

どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

【これで失敗しない!】実際に利用してよかった転職サイト3選

僕が実際に転職活動で使った転職サービス系サイトの中で登録して本当に良かったと思ったのが以下の3つです。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントのポイント
  1. 国内NO.1の実績を誇る転職エージェント
  2. 優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 求人20万件以上!非公開求人も10万件以上!

リクルートエージェントは国内で最も実績のある転職エージェントです。

求人件数20万件以上もあるので、必ずあなたにぴったりの求人があります。

一般転職サイトに掲載されていない非公開求人も10万件以上あり、好条件の求人も多く、その中から転職アドバイザーがあなたにぴったりの求人をみつけてくれるでしょう。

また面接の質問の傾向なども教えてもらえるので、対策もしっかりした上で面接に臨むことができますよ。

リクルートエージェントに登録することで、転職成功の確率がぐんと上げることが可能です。

\簡単5分で登録/

≫リクルートエージェントの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

2位:doda(デューダ)

doda(デューダ)
dodaのポイント
  1. 10万件以上の求人からアドバイザーが最適の企業を紹介してくれる
  2. 各業種の専門アドバイザーがいるので、どんな業界への転職も安心
  3. アドバイザーの質が高く、転職成功者の満足度が高い

次に紹介するのは、リクルートエージェントと双璧をなす転職エージェント「doda(デューダ)」です!

公開求人だけでも10万件以上あり、さらに豊富な非公開求人とあわせた求人の中からあなたにぴったりの求人をキャリアアドバイザーが探してくれます。

求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれた転職エージェントがdodaです。

リクルートエージェントと一緒に登録しておけばほとんどの求人は網羅できますよ!

\簡単5分で登録/

≫dodaの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

3位:リクナビNEXT(リクナビネクスト)

リクナビNEXT
リクナビNEXTのポイント
  1. 自分のペースで求人検索ができる
  2. 年収、残業、働き方など細かい条件まで検索可能
  3. あなたの強みが見つかる「グッドポイント診断」が受けられる

リクナビNEXT(リクナビネクスト)」は転職エージェントではなく、検索型の転職サイトです。

細かい条件で検索をすることができ、転職エージェントでは紹介されない案件もあるので、登録して情報収集にとても役立ちます。

転職エージェントと転職サイトの両方を上手に使いこなすことによって失敗しない転職成功率がアップ!

またリクナビNEXTに登録すると、あなたの強みを見つけることができる「グッドポイント診断」を受けることが可能です。

診断結果は転職の方向性を決めるのに役立ちますし、そのまま面接や自己PRにも応用することができますので、受けておいて損はありません!

\簡単5分で登録/

≫リクナビNEXTの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

転職エージェントを使うメリットは以下のように数えきれないほどあります。

転職エージェントを利用するメリット
  • 利用料は完全無料(企業が成功報酬として負担をしている)
  • 専任のアドバイザーが適正に合った求人を紹介してくれる
  • 現在の年収をベースにするため年収アップの可能性が高い
  • 休日、残業時間、通勤時間など希望の条件で探してくれる
  • 検索をする手間がなく、時間を有効に使い活動ができる
  • 履歴書・職務経歴書の作成サポートもしてくれる
  • アドバイザーの推薦状が付くため、書類選考が通過しやすい
  • 面接日程の調整、年収交渉なども行ってくれる

「転職は絶対に失敗したくない!」

そう思っている方こそ転職エージェントに登録するべきです。

また転職に成功している人はいくつかの転職エージェントをかけもちしている人がほとんどです。

転職エージェントの実力は一般の転職サイトに掲載されていない「非公開求人」が何件あるか、そしてさらに大事なのがそのエージェントだけに企業が依頼をしている「独占案件」がいくつあるかによります。

この独占案件は各企業がもっとも信頼している一エージェントにしか出していない求人のため、条件がとてもいいです。

この独占案件の数が多ければ多いほど転職の成功にもつながりますので、余裕がある分だけは登録しておきたいです。

転職エージェントを2社以上かけもちした方がいい理由」でも詳しく書いていますので、こちらも参考にしてください。

転職が初めての人は不安な点もあると思いますが、心配する事はありません。

転職エージェントは転職のプロですのでしっかりとあなたをサポートしてくれますし、今のあなたのキャリアで転職が成功するかどうかの判断もしてくれますので、成功する事はあっても失敗する事はありません。

転職に必要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

これには運やタイミングもありますので、そういった機会を逃さないように登録だけでもしておくのがいいですよ。

正直なところ転職は年をとればとるほど面倒になってきますし、転職するなら若ければ若い方が有利になります。

悩んで歳を取るくらいなら、1歳でも若いうちに動いた方がいいですよ。

ぶっちゃけ転職は、希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

20万件の求人があれば、何件かあなたにぴったりマッチする会社もあるはずです。

ただどんどん採用がされ、募集終了となっていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

登録して、一回面談すれば後はアドバイザーの方があなたに最適な仕事を紹介してくれます。

どうするか迷っているのであれば、登録して、面談の場で紹介求人を見て決めて下さい。

  • 新卒・中途採用関係なく、しっかりと教育体制が整った会社
  • 今の会社とは比べ物にならない位、労働環境が整った会社
  • 人間関係が良く、ストレスフリーの会社

面談の場では、こんな求人紹介が10件以上紹介されます。

そしてそれはアドバイザーが転職できる可能性がある思って紹介してくれている企業なのです。

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

それから本格的に転職活動をするかどうかを決める事もできます。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

まとめ:放置プレイされ、仕事を教えてくれない時の対処法

今回は中途採用で放置プレイをされている場合の理由や、その会社の特徴、そしてその際の対処方法について解説してきました。

ほとんどの場合は悪意があってそうなっているのではなく、他の社員が忙しかったり、ある程度の期間で慣れていってほしいと思っている場合がほとんどなので、そこまで焦る必要というのはありません。

ただ説明してきたように、中には悪質な場合がたまにあったりします。

こういった場合は早めの対処が必要になってきますので、その場合は無理に戦っていくのではなく、その環境から脱出することを第一に考えていきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ユウのアバター ユウ 10年目人事

5回以上の転職経験を経てブラック企業から脱出。現在はゆる会社で人事を担当。人事の立場から転職のサポートをさせていただきます!
転職によって少しでもあなたの人生が幸せなものになってほしいと願いこのブログを立ち上げてみました!

目次
閉じる