仕事の悩み

仕事ができないのが辛い、迷惑をかけるのが精神的につらいと苦しんでいる際の考え方

「昇進したものの、仕事ができないと前任者と比較されて辛い」
「仕事ができなくて、部署異動されてしまった。自分が情けなくて辛い」
「期待をされてるのに何もできない。みんなに迷惑をかけてて精神的に辛い」

などといった「仕事ができない苦しみ」を感じて悩んでいる方も多いんじゃないかと思います。

自分の中ではもっと仕事を頑張りたいと思っているのに、なぜかうまくいかなかったりして、仕事ができなくなったり。

今回は、仕事ができないのが辛いという方、仕事ができずに周りに迷惑をかけるのが辛いという悩みをお持ちの方が、自分自身をチェックしてみるポイントを話していきたいと思います。

仕事で悩んでいる皆さんへ

会社や仕事の悩みがある方は悩みが小さい内に摘み取っておく事をオススメします。
僕がそうでしたが、人間は限界が来ると何に対してもやる気をなくしてしまい、行動ができなくなります。

そうなる前にリスクマネジメントとして、プロのキャリアアドバイザーに相談をしておきましょう。

リクルートエージェントに相談する

 

「仕事ができない」とつらい人の悩みとは?

僕はこれまで何人も、「仕事ができないのが辛い」という相談を受けてきましたが、仕事ができないのが辛いという悩みと持っている方のほとんどは以下のようなケースに当てはまる事が多いようでした。

仕事でミスばかりして自分が情けないと思う

せっかく入社した会社で頑張ろうと思ったのに、仕事のミスばかりしている。
そのミスも気をつければ問題ないようなケアレスミスばかりで、自分が本当に情けなくなってくる。
そんなミスをする自分が情けない。
何回も教えてもらった仕事内容なのに、本当にこれで合っているのか不安になってしまう。
結局誰にも聞けずに仕事を進めてしまって、同じミスを繰り返してしまう。
そうすると、いっぱいいっぱいになってしまって、また同じミスを繰り返してしまって上司にも呆れられてしまった。
最初は期待されてたのに、期待を裏切ってしまった自分が情けない…。

昇進したものの前任者と比べられて自信をなくす

昇進をして部下を持ったものの、うまく部下や業務をコントロールすることができずに能力不足を感じてしまう。
何かあれば前任者と比べられて「前の人はもっとやっていたけど」「前の方がよかった」などと言われ、自信をなくしてしまう。
自分も頑張ろうと思っているのに、やろうと思えば思うほど、何も手につかなくなってしまう。
もう仕事を辞めたくて仕方がない。

仕事についていけずに、自分に自信が持てない

とにかく仕事が遅くて、周りから「仕事が遅い」とか「まだそんに残ってるの?」と言われる始末。
それでも仕事はどんどん回ってくるから貯まる一方。
一緒に働いている子は高卒の子なのに大卒の私よりも処理が早いし、胃が痛くて仕方がない。
もう自信がなくなってしまった。
仕事が手につかなくなってしまって、「私って病気?」って思えてくる。

このエピソーとを読んでみて、なんとなく傾向が似ていると思いませんか?

そうなんです。

仕事ができなくて悩んでいる人というのは、だいたいこういった共通点があるものなんですね。

仕事ができなくて悩んでいる人の特徴

  • 責任感が強い
  • 真面目
  • 人と比較して劣等感を感じる
  • プライドが高い

この記事を読んでいるあなたももしかしたら思い当たる所があるかもしれませんね。

仕事ができなくても悩んでない人もいる

ここでちょっと一呼吸おいて、ちょっと会社の事を考えてみましょう。

あなた自身は自分の事が「仕事ができない人間」と思っているかもしれませんが、会社の中に仕事ができない人間というのはあなただけですか?

他にも仕事ができない人とかもしかしたらいるんじゃないでしょうか?

僕が勤めていた会社にもいましたよ。

誰もが認める仕事できないランキングNO.1社員が。

でもその人もあなたと同じように悩んでいるように見えますか?

その人の事はその人でしかないとわかりませんけど、僕の会社にいたそのできない従業員は少なくとも外見的には毎日楽しそうに仕事してましたし、何か悩んでいるとか苦しんでいるというような雰囲気はまったくありませんでした。

逆にその姿を見て、

「こっちが苦しんでるのに、なんでお前はそんなにヘラヘラしとるんや???」

なんて殺意さえ感じてましたよ、マジで。

仕事ができない人は、仕事が出来ない事を認めている

何故、仕事ができない人がそんなに余裕でいれるのかって言うと、「仕事ができない人は自分が仕事ができない事を認めているから」なんです。

それに周りに対しても、

「オレあんまり仕事できないから助けてね」
「○○ちゃんがいないとオレやってける自信がないからよろしくね
「やっぱり情報の分析力は○○君が一番だね。オレにはムリだわ」
「○○さん、ここちょっと分からないから教えてもらっていいー?」

などと、「自分自身ができないから助けてね」というようなアピールを上手にします。

その人自身は、よく見ると自分自身ではほとんど仕事ができなかったりとかしてるんですけど、そうやってうまく人に聞いたりしています。

でも、うまく人に聞いたりできるから、順調に仕事を進める事ができるんです。

こんな人みたいに仕事ができたら楽になるのにって思ったりしませんか?

それではそんな辛い時にどうやって乗り越えていくか、その方法を紹介していきます。

辛い時どうやって乗り越える?辛い時の2つの対処法

完全主義をやめて、気を楽にする

もう一度繰り返しますけど、仕事ができなくて悩んでいる人というのは、本当に真面目な人や責任感が強いんですね。

それは悪い事ではないですし、むしろ良いことだと思います。

でも、それが邪魔してしまって自分自身に自信を持てなくなってしまったりする場合もあるという事も知っておいて下さい。

真面目な人というのは仕事を完璧にこなさないといけないと思ったりする人も沢山います。

60点のものでいいのに、自分は100点でないとダメっていう考えなんですね。

しかもそれを全部自分一人でやらないといけないと思ってしまって、結局仕事が遅くなってしまったりして、失敗してしまいます。

僕の大学時代の友人で完璧主義の人がいました。

もうすぐ卒業という時に、卒論の提出をしないといけないのですが、その期日が迫っても「これだと優の単位は取れないから」と言って提出をせずに締め切りギリギリまで粘ってました。

提出日の期限は翌日のお昼までだったのですが、徹夜が影響してしまって寝坊をしてしまい、結局卒論の提出もできずに留年になってしまいました。

7割、8割できていれば優の単位はとれなくても、良の単位はとれたはずなのに、完璧を求めたばかりに可の単位さえも取れなくなってしまいました。

完璧主義が悪いとは言いませんが、そればかりを追い求めていくと失敗することも多くありますし、完璧を求めれば求めるほど、その失敗によって受ける精神的ダメージも比例して大きくなっていきます。

もし、あなたもその会社で

「この会社のために頑張らないといけない」
「絶対に期待に答えないといけない」

なんていう思いを持っているのなら、一旦その考えを捨ててみてはいかがでしょうか?

仕事ができないと思われたっていいじゃないですか。

仕事で分からない事があってもいいじゃないですか。

仕事が遅いんだったら、「自分は仕事が遅い」という事をアピールすればいいんじゃないでしょうか。

周りの人だって気を使ってくれるようになるし、「こうすれば早くできるよ」っていう事を教えてくれたりもするはずですよ。

どうせ期待されてない、と思って仕事をしていった方が気持ち的には楽ですし、自分ができないのなら人に頼っていけばいいだけの話です。

そっちの方がうまく仕事が回ることが多いし、人間関係だってうまくいくことの方が多いですよ!

開き直って仕事をする

もう一つの方法は、開きなおるという方法です。

あなたは、何も仕事をしていない訳じゃないですよね。

誰よりも一生懸命仕事をして、期待に答えようと悩み苦しんでいる訳です。

仕事をせずにネットサーフィンをしている訳でもないですし、仕事中に遊んでいるわけでもありませんよね。

であれば、そこに自信を持ってください!

ミスをして叱られるのであれば、「自分をここに配置した会社が悪いんじゃね?」というぐらいの気持ちを持ちましょう。

「気に入らないんならクビにすれば?」ぐらいの気持ちでやっていけば、これまでよりもずっと楽な気持ちで仕事に向かうことができるはずですよ。

ただ注意しないといけないのは、上記の言葉は必ず、

心の中の声にしてくださいね!

実際に声にして言ってしまうと、逆にあなたの立場が悪くなる事もありますので、注意して下さい。

降格願いや部署異動願いを提出するのも一つの方法

「でもそうは言っても、今の立場があるからなぁ…」という人もいるかもしれません。

そうであるなら、降格願いや部署異動願いを提出してみるのも一つの方法だと思います。

人によってはその仕事が向いていない場合だってあります。

野球でも「名選手必ずしも名将になれず」という言葉もあります。

それと同じで会社でも「プレイヤーとしては良かったけど、管理職になると急に何もできなくなった」という話もよくある事です。

もし自分がそれまでにプレイヤーとしてうまくやってこれたのであれば、現場でやっていきたいと言うことを進言してもいいと思います。

ただ一つ知っておきたいのは、従業員には人事権はないという事です。

降格願いや部署異動願いを出して減給になる場合ももちろんあると思います。

でもそれでも今の苦しみから脱却したいと思うのであれば、一つの方法だと思いますし、もし現在の給料の額は維持したいという場合は別の方法を考えていかないといけないかもしれません。

今の生活レベルを下げたくないなら転職も一つの方法

今の生活レベルを落とさずに環境を変えたいと思うのであれば、転職を考えてみるのも一つの方法です。

ぶっちゃけ言ってしまうと、仕事なんて自分に合うかどうかの問題なんですよね。

でも最初に入った会社が自分にマッチするなんて事はものすごく天文学的な数字になるんじゃないかなって思います。

自分自身の力でやろうとすると、何回か転職をしてそれでやっと、「ここなら自分自身がまだ納得できる会社かな」ってなるのが普通なんじゃないかなって思います。

でも実際は転職なんて何回もできるものじゃないですよね!(僕は7回しましたけど)

そういう方は転職エージェントを使って転職活動をすることも検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは「転職のプロ」のアドバイザーが相談にのってくれ、これまでの経験、キャリアに合った企業や仕事を紹介してくれるというサービスです。

何よりもその人が最も転職で実現したい事が何かをしっかりと受け止めてくれて、それを実現していける企業を紹介してくれるので、転職に失敗するという事もありません。

転職エージェントは、企業に人材を入社させることによって、その年収の何割かを成功報酬としてもらうというビジネスモデルですので、求職活動者の利用料は完全無料になります。

経済的な負担は完全にゼロでし、求職者のこれまでの経験や、その人がどんな強みや弱みを持っているかも踏まえて、企業の紹介をしてくれますので、安心して頼っていけばいいですよ。

転職のプロに任せて、ベストマッチする仕事を見つけよう

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しておきます。

どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

国内NO.1エージェント
リクルートエージェント
国内最大手の転職エージェント。非公開求人20万件以上と圧倒的な情報量。年齢層、業界も幅広く、誰にでもおすすめできる転職エージェント

業界NO.2 サービスに定評
doda
業界第2位の転職エージェント。非公開求人も10万件以上と多く、かつサービスにも定評があります。求人件数、サービスの質のバランスが最も取れた優良転職エージェント

20代の方・未経験職におススメ
マイナビエージェント
新卒の就職に強いマイナビが運営する転職エージェント。特に20代の方、未経験職への転職に強い。優良中小企業、トップベンチャーの求人も多く若手のキャリアアップを応援しています。

転職エージェントを使うメリットは以下のように数えきれないほどあります。

転職エージェントを利用するメリット

  1. 利用料は完全無料(企業が成功報酬として負担をしている)
  2. 専任のアドバイザーが適正に合った求人を紹介してくれる
  3. 現在の年収をベースにするため年収アップの可能性が高い
  4. 休日、残業時間、通勤時間など希望の条件で探してくれる
  5. 検索をする手間がなく、時間を有効に使い活動ができる
  6. 履歴書・職務経歴書の作成サポートもしてくれる
  7. アドバイザーの推薦状が付くため、書類選考が通過しやすい
  8. 面接日程の調整、年収交渉なども行ってくれる

「転職は絶対に失敗したくない!」

そう思っている方こそ転職エージェントに登録するべきです。

また転職に成功している人はいくつかの転職エージェントをかけもちしている人がほとんどです。

転職エージェントの実力は一般の転職サイトに掲載されていない「非公開求人」が何件あるか、そしてさらに大事なのがそのエージェントだけに企業が依頼をしている「独占案件」がいくつあるかによります。

この独占案件は各企業がもっとも信頼している一エージェントにしか出していない求人のため、条件がとてもいいです。

この独占案件の数が多ければ多いほど転職の成功にもつながりますので、余裕がある分だけは登録しておきたいです。

転職が初めての人は不安な点もあると思いますが、心配する事はありません。

転職エージェントは転職のプロですのでしっかりとあなたをサポートしてくれますし、今のあなたのキャリアで転職が成功するかどうかの判断もしてくれますので、成功する事はあっても失敗する事はありません。

転職に必要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

これには運やタイミングもありますので、そういった機会を逃さないように登録だけでもしておくのがいいですよ。

正直なところ転職は年をとればとるほど面倒になってきますし、転職するなら若ければ若い方が有利になります。

特に25歳、30歳、35歳などの区切りの年齢は、その1歳で大きい差が出てきますし、35歳以上の方は1歳ごとに転職が難しくなります。

悩んで歳を取るくらいなら、1歳でも若いうちに動いた方がいいですよ。

ぶっちゃけ転職は、希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

20万件の求人があれば、何件かあなたにぴったりマッチする会社もあるはずです。

ただどんどん採用がされ、募集終了となってていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

登録して、一回面談すれば後はアドバイザーの方があなたに最適な仕事を紹介してくれます。

どうするか迷っているのであれば、登録して、面談の場で紹介求人を見て決めて下さい。

・これまでよりも50万円、100万円年収アップする企業
・今の会社とは比べ物にならない位、労働環境が整った会社
・本当にやりたかった仕事で、未経験OKと言ってくれる企業

面談の場では、こんな求人紹介が10件以上紹介されます。

そしてそれはアドバイザーが転職できる可能性がある思って紹介してくれている企業なのです。

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

それから本格的に転職活動をするかどうかを決める事もできます。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

 国内NO.1転職エージェント
利用料完全無料

転職者満足度NO.1
利用料完全無料

20代・30代に強い
利用料完全無料

 

まとめ:仕事ができなくて辛いのは、頑張ってる証拠です

仕事ができないのが辛い、迷惑をかけるのが精神的につらいと悩んでいる方に向けての考え方やポイントを話してきましたがいかがだったでしょうか。

仕事ができないという人というのは、本当の意味ですごく頑張っている人だなって思います。

誰よりも真面目で、誰よりも真剣に仕事に向き合っていると思います。

人よりも真面目すぎて、責任感が強すぎるから、なかなかうまくいかないだけですので、ちょっとだけ気持ちを楽にしたり、開き直って仕事をすれば、全然世界が変わってくるんじゃないかなと思います。

それでもやっぱりつらいというのであれば、その会社や仕事があなたには会っていないという事なんじゃないかなと思います。

そんな時は転職なども考えて、自分自身にマッチした仕事を探すのが一番いいんじゃないかなと思います。

この記事を読まれた方が一人でも、今の苦しみから解放されて、本来の自分自身の姿を取り戻すことができれば幸せです!

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!