仕事の悩み

仕事を休みがちの人はうつ病の可能性も!会社に行きたくないという人は要注意

「原因がわからないけどとにかく体調が悪いから、今日は会社休もうかな…」
「会社に行く気持ちが全く出てこない。精神的に疲れたから今日は会社休みたい…」

というような悩みを持っている人も最近は少なくありません。

中にはクセのようになってしまって、仕事を休みがちの人もいるかもしれません。

1日、2日ぐらい休んでリフレッシュして、また仕事を頑張ることができれば良いんですが、それでも全く解決せずに、また同じように会社を休んでしまうというような人はいないでしょうか?

そういう状態が続いてしまうとちょっと危険です。

今はまだいいかもしれませんが、このままだとうつ病になってしまて、何もやる気を起きなくなったり、勤怠不良で会社を解雇になってしまったりする可能性もあります。

今回はそんな仕事を休みがちの方がチェックしていくポイントや、これからどうしていったらいいかという事をお話していきます。

仕事で悩んでいる皆さんへ

会社や仕事の悩みがある方は悩みが小さい内に摘み取っておく事をオススメします。
僕がそうでしたが、人間は限界が来ると何に対してもやる気をなくしてしまい、行動ができなくなります。

そうなる前にリスクマネジメントとして、プロのキャリアアドバイザーに相談をしておきましょう。

リクルートエージェントに相談する

 

仕事をよく休む人の心理

仕事をよく休む人という人のパターンもいくつかあります。

中には、

  • やりたい事があったから
  • 二日酔いで体調が優れないから
  • イヤな仕事がやりたくなかったから

 

みたいな、会社を学校と同じと考えているような人も沢山いますが、この記事を読まれている方はそういった理由ではなく、「会社にいくのが辛い、精神的に苦しい」と思っている方が多いんじゃないでしょうか。

そういった人は、最初に休む時はとても勇気がいりますすし「自分が休んだら迷惑がかからないだろうか?」などと考えます。

その休んだ一日は、仕事や会社の事がちょっと気になりながらも、仕事から解放された気持ちになります。

ただ、翌日会社に行けば、またこれまでの毎日を同じような苦しみが続くようになってしまいます。

そうするとまた、仕事から逃げたい、この苦しみから逃れたいと思って、会社を休んでしまう訳です。

こうなってしまう人というのは、それまでに本当に仕事を頑張ってきた人や真面目な人が多いのが特徴です。

限界を感じながらもそれでも会社のためにと思って仕事に打ち込んできた人が、ちょっとした事がきっかけで今までかかってきたカギが外れてしまって、会社を休みがちになるというパターンが本当に増えてきています。

最初は人目も気にしていたかもしれませんが、それ以上に、会社で仕事をすることの苦しみが大きく、

「会社に行くのが怖い、その苦しみから逃れられるなら、会社を休んでもいい」

というような心理になっていってしまうわけです。

そういう人というのは、上司からのプレッシャーも大きい事がほとんどですし、売上ノルマの追求がはげしかったりと、客観的にみるとものすごい仕事をしている場合が少なくありません。

会社を休みがちになる人はずる休みをしているとか、自分勝手とか思われたりしますが、そうなってしまった原因は、その人ではなく会社にある場合がほとんどです。

会社のために、自分の限界を超えてまで働いてきた人が、会社を休みがちになってしまってしまうのです。

こういった人の特徴や傾向として、以下のようなケースがありますので、これに当てはまる人は特に注意しましょう。

原因がわからずとにかく体調が悪い

特に朝起きるととにかく体調が悪くて、仕事を休みたいと思うケース。

  • ご飯を食べても吐きそうになる
  • 頭痛がする
  • 腹痛がする
  • 体がだるくて動かない

精神的に疲れたから、仕事休みたい

上司からのパワハラやモラハラ、過度のノルマ、顧客からのクレームなどが原因で精神的に疲れてきてしまって、仕事に行きたくないと思うケース。

休日に何できないくらい苦しい

 

読書や映画鑑賞、ゴルフにドライブ。

精神的に苦しくなってくると、これまで熱中できた趣味もやる気が起きなかったり、やっていても全然楽しくなったり熱中できなくなってきたりします。

明らかに会社・仕事が原因という事が自分でも分かっているので、仕事が休めないかという事を考えるようになります。

仕事を休みがちな人が抱えるリスクとは?

ただそれでも、会社や同僚からしてみたら、会社を休みがちという人に対してはあまり良い印象を抱かないというのが実際の所です。

その人がそんなに苦しんでいるとか、どれだけ悩んでいるとか、そういった事が全く分かっていないからそれも当然の事です。

会社からしてみたら、「高い給料払ってるんだから、つらくても会社に出てくるのが当然」という言い分もあるでしょうし、同僚も「こんなに会社休んでもオレたちよりも高い給料もらってるから割にあわないな」と思われたりします。

また、会社を休みがちになってくると、その休んだ一日一日はいいかもしれませんが、どんどん会社での居心地が悪くなっていってしまいます。

その結果、自分から会社を辞めるという判断をしないといけなくなったり、会社から勤怠不良のレッテルを押され、解雇という判断をされてしまう場合あるので注意をしないといけません。

会社に行くのが辛いなら、うつ病の診察を受けてみましょう

会社を休みがちになってしまった理由が正当性のないものであるなら話は別ですが、もしその理由が仕事の辛さや会社からの過大な要求やノルマからくるものであれば、一度心療内科の受診を受ける事をオススメします。

うつ病とは

誰でもいやな事や悲しい事、気分が沈んだりやる気を起きなかったりします。
うつ病はそのような一時的な気分の落ち込みでありません。
うつ病になると言葉では表現できないほどの気分の低下、喜びや熱意の喪失を一日中、しかも毎日続いていき、それが仕事や日常生活に支障をきたすようになっていきます。

ひどくなると、常に強い不安感、焦りを感じるようになり、仕事の結果を出せないのは自分のせいだと自分を責めるようになり、さらに落ち込んでいきます。
そうして自分に対する嫌悪感を抱くようになり、さらに症状が進んでしまうと、この世から消えてしまいたい、死んでしまいたいと思い込み、自傷行為に走ってしまう事も少なくありません。

またうつ病に似た症状の「適応障害」という病気もあります。

以下の項目で5つ以上当てはまるものがあれば、早めの受診を受けるのをオススメします。

  • 体がだるく疲れやすい
  • 騒音が気になる
  • 気が沈んだり、気が重いことが多い
  • やる気がおきない。特に朝は無気力になる
  • 無意識になぜか涙がでてくる事がある
  • 議論に熱中できない
  • 仕事でのミスが増えた
  • 夜寝付きが悪く、いつまでも眠れない
  • 夜途中で起きたり、朝早く起きたりする事が増えた
  • 食事の味がしない、吐きそうになる。
  • 食事を食べ過ぎるようになり体重が3キロ以上増えた
  • テレビを見ていても楽しくない
  • いつも胸が苦しく、息がつまる
  • 自分の人生がつまらなく感じる
  • 何をするのもめんどくさい
  • 趣味をしていても楽しくない。熱中できない
  • 自分は何をしてもダメだと思う
  • 自分がいない方がいいと考える

もし心療内科での診察で、「うつ病」「うつ病の一歩手前」「適応障害」というような診断を受けた場合は、一旦仕事をするのをお休みしてもいいと思います。

先生によっては「ドクターストップ」がかかる場合もあります。

仕事を休みがちになって、会社や同僚から責められるのであれば、休職をしてみてこれからどうするのかという事を考えるのも一つの方法だと思います。

休職であれば、最長1年6ヵ月間の期間は傷病手当金が支払われますので、それほどお金の心配をする事なく会社を休む事ができますし、これからの将来の事について考える事もできるようになります。

うつ病という病気が怖いのは、ストレスの原因となる環境が変わったとしても、すぐに症状が改善しないという点です。

たとえ休職したとしても、「会社に戻ったら同じ苦しみを味わわないといけない」というような不安がある場合は、どれだけ休職したとしても、症状が改善しない場合もあります。

いつまでも休職ができるという訳でもありませんので、この1年6ヶ月間の間でしっかりと自分の将来を考えていく事が大事なことです。

仕事を休みがちな人は心が壊れる前に対策を取りましょう

このように会社を休みがちな人というのは、かなり今の会社で働く事に限界を感じてきているんじゃないでしょうか。

もし自分自身を振り返ってみて、「自分も危ないんじゃないか?」と思った人は、転職をして根本的に環境を変えるという行動をできるだけ早めに起こすことが必要になります。

先ほども話したように、うつ病で怖いのは、「そうなってしまった時に何もやる気が起きなくなる」というこの一点です。

実際にうつ病になってしまうと、社会復帰できるまでに人によっては2年以上もかかったりする場合もあります。

そうなってくると休職手当の支給も打ち切りになってしまいますし、経済的にも困る事になってきます。

家族のある方はそれでも奥さんやお子さんを養っていかないといけないですし、ローンがある人もいるかもしれません。

もうどうしようもないという状況になる前、まだ最後の力を振り絞れるこの時点で何かしらのアクションをしていく事が必要です。

仕事を続けながら転職活動ができるのであればそれで大丈夫ですし、もしそれが難しいのであれば診療内科の診断を受け、休職をして転職活動をしてもいいです。

とにかく現在の状況から一日でも早く抜け出す事が何よりも大事ですので、まずはアクションをしてみてください。

どうしようもなくなった時には本当に手遅れですので、どうか早めに行動をして下さい。

今の生活レベルを下げたくないなら転職も一つの方法

今の生活レベルを落とさずに環境を変えたいと思うのであれば、転職を考えてみるのも一つの方法です。

ぶっちゃけ言ってしまうと、仕事なんて自分に合うかどうかの問題なんですよね。

でも最初に入った会社が自分にマッチするなんて事はものすごく天文学的な数字になるんじゃないかなって思います。

自分自身の力でやろうとすると、何回か転職をしてそれでやっと、「ここなら自分自身がまだ納得できる会社かな」ってなるのが普通なんじゃないかなって思います。

でも実際は転職なんて何回もできるものじゃないですよね!(僕は7回しましたけど)

そういう方は転職エージェントを使って転職活動をすることも検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは「転職のプロ」のアドバイザーが相談にのってくれ、これまでの経験、キャリアに合った企業や仕事を紹介してくれるというサービスです。

何よりもその人が最も転職で実現したい事が何かをしっかりと受け止めてくれて、それを実現していける企業を紹介してくれるので、転職に失敗するという事もありません。

転職エージェントは、企業に人材を入社させることによって、その年収の何割かを成功報酬としてもらうというビジネスモデルですので、求職活動者の利用料は完全無料になります。

経済的な負担は完全にゼロでし、求職者のこれまでの経験や、その人がどんな強みや弱みを持っているかも踏まえて、企業の紹介をしてくれますので、安心して頼っていけばいいですよ。

転職はプロに任せて、ベストマッチする仕事を見つけよう

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しておきます。

どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

国内NO.1エージェント
リクルートエージェント
国内最大手の転職エージェント。非公開求人20万件以上と圧倒的な情報量。年齢層、業界も幅広く、誰にでもおすすめできる転職エージェント

業界NO.2 サービスに定評
doda
業界第2位の転職エージェント。非公開求人も10万件以上と多く、かつサービスにも定評があります。求人件数、サービスの質のバランスが最も取れた優良転職エージェント

20代の方・未経験職におススメ
マイナビエージェント
新卒の就職に強いマイナビが運営する転職エージェント。特に20代の方、未経験職への転職に強い。優良中小企業、トップベンチャーの求人も多く若手のキャリアアップを応援しています。

転職エージェントを使うメリットは以下のように数えきれないほどあります。

転職エージェントを利用するメリット

  1. 利用料は完全無料(企業が成功報酬として負担をしている)
  2. 専任のアドバイザーが適正に合った求人を紹介してくれる
  3. 現在の年収をベースにするため年収アップの可能性が高い
  4. 休日、残業時間、通勤時間など希望の条件で探してくれる
  5. 検索をする手間がなく、時間を有効に使い活動ができる
  6. 履歴書・職務経歴書の作成サポートもしてくれる
  7. アドバイザーの推薦状が付くため、書類選考が通過しやすい
  8. 面接日程の調整、年収交渉なども行ってくれる

「転職は絶対に失敗したくない!」

そう思っている方こそ転職エージェントに登録するべきです。

また転職に成功している人はいくつかの転職エージェントをかけもちしている人がほとんどです。

転職エージェントの実力は一般の転職サイトに掲載されていない「非公開求人」が何件あるか、そしてさらに大事なのがそのエージェントだけに企業が依頼をしている「独占案件」がいくつあるかによります。

この独占案件は各企業がもっとも信頼している一エージェントにしか出していない求人のため、条件がとてもいいです。

この独占案件の数が多ければ多いほど転職の成功にもつながりますので、余裕がある分だけは登録しておきたいです。

転職が初めての人は不安な点もあると思いますが、心配する事はありません。

転職エージェントは転職のプロですのでしっかりとあなたをサポートしてくれますし、今のあなたのキャリアで転職が成功するかどうかの判断もしてくれますので、成功する事はあっても失敗する事はありません。

転職に必要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

これには運やタイミングもありますので、そういった機会を逃さないように登録だけでもしておくのがいいですよ。

正直なところ転職は年をとればとるほど面倒になってきますし、転職するなら若ければ若い方が有利になります。

特に25歳、30歳、35歳などの区切りの年齢は、その1歳で大きい差が出てきますし、35歳以上の方は1歳ごとに転職が難しくなります。

悩んで歳を取るくらいなら、1歳でも若いうちに動いた方がいいですよ。

ぶっちゃけ転職は、希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

20万件の求人があれば、何件かあなたにぴったりマッチする会社もあるはずです。

ただどんどん採用がされ、募集終了となってていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

登録して、一回面談すれば後はアドバイザーの方があなたに最適な仕事を紹介してくれます。

どうするか迷っているのであれば、登録して、面談の場で紹介求人を見て決めて下さい。

・これまでよりも50万円、100万円年収アップする企業
・今の会社とは比べ物にならない位、労働環境が整った会社
・本当にやりたかった仕事で、未経験OKと言ってくれる企業

面談の場では、こんな求人紹介が10件以上紹介されます。

そしてそれはアドバイザーが転職できる可能性がある思って紹介してくれている企業なのです。

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

それから本格的に転職活動をするかどうかを決める事もできます。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

 国内NO.1転職エージェント
利用料完全無料

転職者満足度NO.1
利用料完全無料

20代・30代に強い
利用料完全無料

 

まとめ:会社を休みがちの人は、心が折れる前に行動をしましょう

転職活動をするのであれば、精神的な余裕がある時にやるようにしましょう。

何度も言いますが、精神的に苦しくなってからは何も行動をしたくなくなってしまい、転職活動をしたとしてもそれが失敗に終わってしまう事もあります。

  • 気持ちに余裕がなく、妥協した転職をしてしまう
  • 面接がイヤだから、内定さえもらえればどこでもいいと思ってしまう
  • 転職活動さえをする気力もなくなり、社会復帰が遅くなってしまう

 

上記のような結果になってしまい、また同じ事の繰り返しになってしまったり、最悪の場合は社会復帰さえもできなくなってしまったりする可能性もあります。

だからこそ、早めに行動する事が何よりも大事になってくるという事を知って、一日も早く行動をして下さい!

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!