仕事の悩み

給料が安い・低いから辞めるいう退職理由はあり?転職して年収はあがる?

会社に入って5年もたつのに、

「正社員で毎日遅くまで働いているのに、手取りが20万円ない」
「会社の給料が安くてやってられない!」

という事でお悩みの方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

ほんと、やってられないです!

給料が安い、少ないという事はそれほど珍しい事でもなく、転職理由の中でも、1位のパワハラなどを始めとする人間関係に関するものの次に多い理由となっています。

人間関係というものは当人が努力をすれば改善がされるというケースもありますが、給料というものは劇的に変わるという事はまずありません。

役職に就けば多少変わってくる場合もありますが、役職についた途端に「役員だからこれから残業代なし」というような鬼のような企業もあったりして、部下よりも少ない給料で働かないといけなくなるパターンだってあります。

そのため給料が低いという理由で転職を考え出す人も多くなっています。

でも周りに迷惑がかかるんじゃないかとか、せっかく雇ってもらったのに申し訳ないとか考えてしまったり、いい大学に入れなかったから仕方がない、と考えて、環境を変える事を諦めてしまう方もいらっしぃます。

でもそこで可能性の扉を閉じてしまうのは本当にもったいないです!

今回は、給料が低い、安いという場合は、転職を考えるべきという事を紹介していきます。

また転職の際に目指す年収の目安ということについても考えていきます。

給料は会社があなたに付けている価値の金額

「何年も働いているのにベースアップがなくて、入社時とほとんど給料が変わらない」という方は世の中に大勢いらっしゃると思います。

年齢が25歳ですと年収の最低ラインは275万円程度になり、1ヶ月換算で約23万円となります。

ボーナスの有無によって変わりますが、あなたの今の年収を12で割った数字が23万円を切るような給料ですと、手取りは20万を切ってしまいますのでかなり厳しいイメージがあります。

生活費等を考えてみるとかなりギリギリの生活をしないといけないんじゃないかと思いますし、給料が安いと生活にも響いてきてしまいますので、結構厳しいラインかなと個人的には思います。

もしあなたが、今やっている仕事にやりがいを感じていて、お金に対しても妥当な金額だと思っているのであれば、その会社に残るという事も考えていいと思いますが、これまで仕事をしてくる中である程度成長してきたと思えるのであれば、それに対する対価として今の給料が妥当かどうかという事を真剣に考えるべきだと思います。

給料というものは、会社があなたに対してどれだけの価値なのかという事を目に見える形で表したものなのです。

会社は「それが気に入らないならいつ辞めてもらっても構わないし、代わりはどれだけでもいるよ」と思っているということにも繋がります。

でもよく考えてみて下さい。

あなたは会社からミッションを与えられ、それを遂行するために様々な技術や知識を得てきました。

中にはあなた独自であみだしたノウハウだってあるはずです。

それを安い賃金でいいように使われていいんでしょうか?

その知識、技術やスキルを認めてくれ、もっと高く買ってくれる企業があれば、そのような企業で活躍をした方がいいのではないかと思います。

しっかりした会社は自分達がお金を出して育ててきた人材を手放さないように賃金アップをしながら、会社に定着してもらえるように考えていきます。

こういった会社はやはり成長していきますし、会社の雰囲気が明るい事が多いです。

もしあなたの年収が250万円だとすると、会社があなたに対する価値として考えているのが250万円という事になります。

この250万円という数字に対して、あなたの考えと大きな差があるのであれば転職をするべきだと思いますし、逆にあなたが自分の価値が250万円相当と思うのであれば、転職しない方がいいかもしれません。

「給料は安いけど、仕事が楽だから」という考えは危険

中には

「給料は安いけど、人間関係も悪くないし、残業なしで仕事もラクだし、ある意味オレ勝ち組」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに今の居心地はいいかもしれませんが、10年後、20年後を考えてみて下さい。

結婚をしたり、家庭を持ったりした時に、同じ年代の人がどういう生活をしているか。

  • 長期の休みには家族で海外旅行に行く
  • 戸建て住宅やマンションを購入
  • 貯蓄分のお金は投資信託でまわしてその利益分で十分暮らしていける

それでもまだ、自分が勝ち組だと胸を張って言うことができるでしょうか?

どちらが真の意味での勝ち組なのかは一目瞭然ですよね。

ベースアップがなかなかない会社というのはその考え方も、会社の発展という事ではなく、如何に会社を維持していくかどうかという事しか考えてないのです。

このように人間関係が良くて仕事も楽というような会社は経営自体に問題があるという可能性もありますので、その辺りもしっかりと見据えて考えていく必要があります。

許容できる年収の最低ラインの計算方法

給料が低い場合は転職をしても全く問題ないという話をここまでしてきましたが、果たして自分がもらっている給料が高いのか低いのか、安いのかそうでないのか、これはどうやって判断すればいいでしょうか?

それを解決するために、僕の経験から目安となる金額を算出してみました。

以下がその目安となる数字となりますので、今のあなたの年収と比べてみて下さい。

各年代の基準となる年収

各年齢の年収の目安(※カッコ内は最低ライン)

25歳 300万円(275万円)
30歳 360万円(330万円)
35歳 420万円(385万円)
40歳 480万円(440万円)
45歳 540万円(505万円)


各年齢の目安の年収:年齢×12

※上記より年齢の数字を引いた金額までは許容範囲

考え方としては、年齢×12が基準となる年収となります。

またそこから年齢分をマイナスした金額までが許容範囲になり、その金額が最低ラインとなります。

25歳なら275万円までならちょっと少な目ではありますが、ギリギリ許容範囲ではないかと思います。

40代であれば、440万円までが許容範囲かと思います。

実際この数値は一般的に発表されている平均年収よりも下の数字になっていますので、この数値よりも少ない場合は、あきらかに搾取されていると考える事ができます。

その場合は転職をする事によって、最低でこの基準の年収アップをする事が期待できますので、自信をもって行動をした方がいいです。

現在は未経験であっても入社可能な企業も増えてきており、癖の強い経験者よりも真っ白な状態の未経験者を求めるというところも多いですので、ぜひチャレンジしてみてほしいと思います。

逆に上記の数字と同じかそれ以上もらっている場合ですは、会社の規模にもよりますが、自分ではそんなにもらっていないと思っていても、世間から見ると意外にいい給料をもらっているという場合もあったりします。

特に中小企業で上記の水準を越えていれば、そこまで給料が低いという事ではありませんし、会社としては精一杯あなたに対して価値を認め、その対価を支払ってくれている可能性が高いので、もしそれ以外の理由がないのであれば、一度しっかりと考える事が必要です。

うまく一部上場企業などの大企業に転職できればいいですが、中小企業となると同じ水準かそれ以下の水準となってしまう可能性もありますので、ここはしっかりと見極める事が大事ですよ。

この金額は転職の際に目標とする年収額にも使えますので、この数字を目指して考えていくといいでしょう。

その際はマイナス年齢分は考えずに挑戦していきましょう。

退職の際の理由は正直に言った方がいい?

また退職の際の理由をどうするかも重要ですが、個人的には退職理由として「収入に不安があって転職を考えた」とはっきり伝えてしまっていいと思います。

もう辞めようとしている会社ですし、従業員に安定ではなく不安を与えるような会社に気を使う事はありません。

それにたまに辞めるという話をすると給料の上乗せの話をされる事があります。

それが本来あなたがもらうべきはずだった給料で、実はあなたにはそれだけの金銭的価値があったという事が分かるんです。

「だったら早くそ給料出しとけよ!」

と思ったりしますが、搾取する会社というのはそんなものです。

でもそれによって、実は自分にはそれだけの価値があったという事がわかれば自信になりますし、次の転職先を見つける際の給料の目安にもなりますので、給料が低い事が理由で転職をする際は、正直に会社に言っても問題ないと思います。

ただそれを転職しようとする企業の面接でそれだけを言ってしまうと、さすがに「こいつは金しか考えてないのか?」と思われがちですので、実際の給料がいくらだったのかという事実を伝えながらも、「御社でこれまでのスキルを生かしていきたいと思った」という内容を盛り込んでいくようにしましょう。

事実が分かれば正直な印象を受けますし、またそれだけでなくこれまでの経験を生かしていってもらえると思ってくれれば、それにふさわしい対価が与えられるようになります。

少しでも金銭的に得をして会社を辞める方法

仕事に対して十分な対価をもらえず、搾取され続けてきた方は、最後会社を辞める時にはできる限り会社からお金を搾り取って辞めましょう。

ここで3つのポイントをお伝えしますので、参考にしてください。

ボーナス支給の直後に辞める

まず基本となるのがボーナス支給の直後に辞める事です。

給料が少なかったとはいえ、「これまで世話になったのにいいのかなあ」と思うかもしれませんが、いいんです!

会社はこれまであなたが本来もらうべき給料よりも少ない給料しかあなたに支給してなかった訳ですから、それくらいのものはもらう権利がありますよ。

それに特に8月のボーナス後というのは転職市場が活性化する期間になります。

あなたと同じように他の人達もボーナスをもらって辞める人がたくさんいるのです。

その時期はいい人材を確保しやすいため、企業側も求人を積極的に出す事が多いので、この時期を狙うのがオススメです。

残業時間を増やす

また残業時間を増やす事によっても金銭的に得をします。

転職活動を在職中に行うか、それとも離職後に行うかによって変わってきますが、離職後に転職活動をする場合は、退職前6ヶ月間の給料の合計によって雇用保険(失業手当)の金額が決まってきますので、なるべく多くの残業をしておきましょう。

また慢性的に長時間の残業があった場合は、退職前6ヶ月間の中で

  • いずれか3ヶ月で毎月45時間以上
  • いずれか2ヶ月で毎月80時間以上
  • いずれか1ヶ月で月100時間以上

の残業時間がああれば、それを証明できる証拠があれば、ハローワークに申請する事により退職理由を自己都合退職→会社都合退職に変更する事ができ、失業手当の受給金額、受給日数を大幅に増やすことができます。

タイムカードのコピーや写真を撮影する事が必要ですが、かなり金額が変わってきますので、できればこれもやっておきましょう。

残業代請求をする

また慢性的に長時間の残業が行われており、数ヶ月分のタイムカードのコピーなどの証拠があれば、過去2年間の残業代請求をする事ができ、かなりまとまった金額を手に入れる事ができます。
この場合はいくつか注意点があります。

  • 弁護士に依頼するため、訴訟費用が必要(約20万円~)
  • 残業代が確定するまでに長期間かかる場合がある(最長1年)

上記の通り、この場合は弁護士に依頼して訴訟を起こし、裁判をするため、結審までに時間がかかってしまいます。
訴訟の際の費用も高額ですし、結審までに時間がかかりますが、残業時間によっては400万円以上もの未払い残業代を手に入れることができますので、本気の人は実行してみてもいいと思います。

完全成功報酬型の依頼が可能な場合もありますので、金銭的に余裕がない場合はそのような弁護士事務所に依頼するのも一つの方法です
(この場合は弁護士へ支払う報酬が多少高めになります)

まとめ:会社の給料が水準以下ならば搾取されている可能性が高い

いかがだったでしょうか?

今回は、給料が安い場合の転職は退職理由となり得るかという点、それが転職により年収アップにつながるかどうかを紹介してきました。

お金というものはあるものを買う時に、その値段が自分自信が考えている価値とイコールになった時に支払われるものです。

会社もそれと同じで、あなたにはそれだけの価値しかないと思っているからその金額しか出していない訳です。

残念な事ですが、現代は自分の価値を年収で見られる事も多く、その会社にとっての価値観ががあなたの価値となってしまうのです。

でも本来のあなたの価値がもっと高いとしたらどうでしょうか?

  • 今よりもワンランク上の服やファッションを身にまとう事もできる
  • ワンランク上のレストランで食事をすることもできる
  • 婚活などの場でもワンランク上の女性に好意をもたれる

それがあなた本来の姿なのかもしれないのですよ!

ぜひ今回の年収の基準なども参考にしながら、自分自信の価値を認めてくれる会社に出会っていって下さい!

転職エージェントを活用し、自分の価値がどれくらいかを確認しよう

「でも自分の価値を分かってくれる会社を探すにはどうしたらいいんだろう」と思うかもしれません。

そこは心配することはありません。

そんな方には、転職までのサポートをしてくれる転職エージェントを活用するのがオススメです。

転職エージェントのアドバイザーは転職のプロですので、これまでのあなたの経験やキャリア、あなたの強みを理解してくれ、その価値が最大限に評価される企業の求人を紹介してくれます。

これまで安い給料で働いていた人の中には大幅な年収アップを実現し、100万円以上の年収アップをした方もいらっしゃいます!

利用料は全て無料ですので、登録して相談だけしても問題ありません。

自分の本来の年収はどれくらいなんだろう、どれくらいの年収の企業に転職できるんだろう、そういった疑問に感じている事があればどんどん聞いていって下さい。

それを聞いてから転職活動をするかどうか決めても全然問題ありません。

絶対失敗しない転職エージェント選び

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しておきます。

どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

リクルートエージェント 国内NO.1エージェント
国内最大手の転職エージェント。非公開求人20万件以上と圧倒的な情報量。年齢層、業界も幅広く、誰にでもおすすめできる転職エージェント
doda 業界NO.2 サービスに定評
業界第2位の転職エージェント。非公開求人も10万件以上と多く、かつサービスにも定評があります。求人件数、サービスの質のバランスが最も取れた優良転職エージェント
マイナビエージェント 20代の方・未経験職におススメ
新卒の就職に強いマイナビが運営する転職エージェント。特に20代の方、未経験職への転職に強い。優良中小企業、トップベンチャーの求人も多く若手のキャリアアップを応援しています。

 

転職エージェントを使うメリットは以下のように数えきれないほどあります。

また最近は中小の転職エージェントも増えてきましたが、上記は全て大手エージェントになり大手ならではの強みがあります。

転職エージェントを利用するメリット

  1. 利用料は全て完全無料(企業が成功報酬として負担をしている)
  2. 専任のアドバイザーが付き、適正に合った求人を紹介してくれる
  3. 現在の年収をベースにしてくれるため年収アップの可能性が高い
  4. 休日、残業時間、通勤時間など希望にあった条件で探してくれる
  5. 検索をする手間がないため、時間を有効に使い活動ができる
  6. 履歴書・職務経歴書の作成サポートもしてくれる
  7. アドバイザーの推薦状が付くため、書類選考が通過しやすい
  8. 面接日程の調整、年収交渉なども行ってくれる

大手エージェントならではのメリット

  1. 非公開求人、独占案件が多く、経験、年齢に関係なく利用できる
  2. 土日や平日夜間の面談、相談も可能
  3. 大手企業のため、取引先企業も信頼ができ、ブラック企業がない
  4. 優秀なアドバイザーが多く、自分に合った担当を見つけられる
  5. 企業の内情を知っており、企業に合った面接対策ができる

以上のように大手の転職エージェントはそのメリットを多く受けられます。

「転職は絶対に失敗したくない!」

そう思っている方こそ登録するべきです。

また転職に成功している人はいくつかの転職エージェントをかけもちしている人がほとんどです。

転職エージェントの実力は一般の転職サイトに掲載されていない「非公開求人」が何件あるか、そしてさらに大事なのがそのエージェントだけに企業が依頼をしている「独占案件」がいくつあるかによります。

この独占案件は各企業がもっとも信頼している一エージェントにしか出していない求人のため、条件がとてもいいです。

この独占案件の数が多ければ多いほど転職の成功にもつながりますので、余裕がある分だけは登録しておきたいです。

転職が初めての人は不安な点もあると思いますが、心配する事はありません。

転職エージェントは転職のプロですのでしっかりとあなたをサポートしてくれますし、今のあなたのキャリアで転職が成功するかどうかの判断もしてくれますので、成功する事はあっても失敗する事はありません。

転職に必要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

これには運やタイミングもありますので、そういった機会を逃さないように登録だけでもしておくのがいいですよ。

転職エージェントの登録はカンタンです

スマホかパソコンがあれば転職エージェントの登録もすぐにできます。

最近は転職エージェント側でも簡単に登録ができるように工夫をしており、5分かからず登録ができてしまうので、この機会を逃さずに今すぐ登録してしまいましょう。

「幸運の女神の後ろ頭はつるっぱげ」と言います。

運やチャンスはいつ来るか分かりませんし、来た時につかまなかったら、後からつかもうと思ってもツルっとすべってつかめませんので、チャンスを逃さないようにして下さい。

転職エージェントへの登録後はメールや電話で面談の日程の調整をしてもらえますので、あとはエージェントを信頼していけば大丈夫です。

「以前転職したいと思ったけど、いい条件の会社がなかったから今のままでいいや」と思った事のある方や、「自分に転職ができるかどうかが心配」というような方、そういった方こそ、転職エージェントを使って今すぐ転職活動をした方がいいです。

正直なところ転職は年をとればとるほど面倒になってきますし、転職するなら若ければ若い方が有利になります。

10人、20人というマネジメント経験があれば話は別ですが、そうでない場合は転職は年齢を重ねれば重ねるほど難しくなっていきます。

特に25歳、30歳、35歳などの区切りの年齢は、その1歳で大きい差が出てきます。

悩んで歳を取るくらいなら、1歳でも若いうちに動いた方がいいですよ。

ぶっちゃけ転職は、希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

20万件の求人があれば、何件かあなたにぴったりマッチする会社もあるはずです。

ただどんどん採用がされ、募集終了となってていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

登録して、一回面談すれば後はアドバイザーの方があなたに最適な仕事を紹介してくれます。

どうするか迷っているのであれば、登録して、面談の場で紹介求人を見て決めて下さい。

  • 今よりも50万円、100万円年収アップする企業
  • 今の会社とは比べ物にならない位、労働環境が整った会社
  • 本当にやりたかった仕事で、未経験OKと言ってくれる企業

面談の場では、こんな求人紹介が10件以上紹介されます。

そしてそれはアドバイザーが転職できる可能性がある思って紹介してくれている企業なのです。

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

それから本格的に転職活動をするかどうかを決める事もできます。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

 国内NO.1転職エージェント
利用料完全無料

転職者満足度NO.1
利用料完全無料

20代・30代に強い
利用料完全無料

自分のペースで転職先を探したい人は転職サイトを利用しよう

まだそこまで深く転職を考えていない、というような人も転職サイトに登録はしておいた方がいいです。

人間は限界になっていくと、何に対してもやる気をなくしてしまったり気力が起きなくなってしまいます。

そんな時、転職という選択肢があれば、そこから脱却する事もでき、最悪の事態は免れる事ができます。

求人サイトも無料で登録ができますし、条件を入力さえしておけば希望の求人案件がメールで届くようになっております。

この情報を集めておくだけでも有用ですので、今は転職を考えていなくとも登録はしておくべきです。

また転職サイトならではの適性診断があったり、転職に関する有益な情報も発信されていますので、そのような情報を元にして転職するかどうかを検討するのもいいと思います。

転職サイトのオススメはリクナビNEXTです。

新卒用のリクナビを利用した事があるかもしれませんが、その転職者向けサイトです。

リクナビNEXT
(リクナビネクスト)
NO.1転職サイト
国内最大手の転職サイト。求人数も多く、また企業側や転職エージェントから優良求人のオファーが直接届く場合もあります。「グッドポイント診断」では自分の強みや適性を調べる事ができ、これだけでも登録する価値があります。

 

企業からの直接オファーなどが届く場合もありますので、自分のペースで求人情報のチェックもできますので、ぜひ登録して下さい。

登録料無料!
 企業から直接オファーが届く

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!