プログラミング・Webデザイン

初心者がWebデザイナーになるにはテックエキスパート一択!【副業にも】

  • Webデザインに興味があるけど、未経験でもなれるの?
  • Webデザイナーになるために必要なスキルとかはある?
  • どうすればWebデザイナーになれるの?

そんな質問や疑問にお答えしていきます。

この記事を読めば、全くの未経験からWebデザイナーになることは可能か、Webデザイナーになるために必要なスキル、そしてWebデザイナーになるためにはどうしたらいいのかがわかるでしょう。

 

僕は独学でHTML、CSS、Photoshop、Fireworksを学習して趣味でホームページの作成に凝っていたこともあります。

履歴書や職務経歴書にもその内容を書いていましたので、何度か転職活動をするときも「Webデザイナーで働いてみませんか?」と言われたことも何度かありました。

その中で感じたことも踏まえていきながらWebデザイナーになるためのポイントなどをお伝えしていきます。

また記事後半で、Webデザイナーになるためのスクールを紹介していますので、すぐに知りたい方は「おすすめのWebデザインスクール」までジャンプして下さい。

Webデザイナーとして必要な知識とは?

Webデザイナーと聞くとどんなイメージを浮かべますか?

「うーん、Photoshopを使ってデザインをする人?」

大体の人がそんな感じじゃないかと思いますが、会社やクライアントによってはそれ以外にも以下のような作業を全般的にやる仕事を思っている場合も少なくありません。

  • Webサイトのレイアウト
  • サイトのコーディング(HTML/CSS)

Webデザイン、HTML、CSSというような知識がある人にとってはそれぞれが全く違う種類のものということを理解できますが、あまり詳しくない人にとってはデザインもHTMLのコーディングも同じものとして映ってしまっています。

ですのでデザインだけでなく、ある程度HTMLやCSSの学習もしておく必要もあるという事を知っておきましょう。

さすがに「Java Script」のようなプログラムまでを求められるケースはまれですが、知っておけば受注できる仕事の枠も広がりますので、そういった面では覚えておいて損はないのかもしれません。

意外と覚えることが多いので、イラストが上手だからといって簡単に始められる仕事じゃないんだね。

 

最も重要なのはデザインスキル

とは言え、やはりWebデザイナーにとって重要なのはデザインスキル以外の何物でもありません。

まず、それを最大限生かすための様々な知識を習得していかないといけません。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • サイトの配色について  など

Webデザイナーとして活躍している人はそれなりに自分自身のデザインカラーがありますが100%自分の思い通りのデザインをするということはまずありません。

クライアントの発注内容通りのイメージでデザインしていくのがやはり重要なことですので、ある程度のコミュニケーション能力も必要になってきますし、クライアントのイメージを汲み取っていく感性も必要になっていくでしょう。

そしてデザインスキルの中でも最も必要ものは、

デザインのセンス

これにつきます!

PhotoshopやIllustratorの使い方などに関しては、覚えるのにそこまでの苦労はないと思いますが、デザインセンスというものは学んでどうこうなるものではありませんので、これはもう何度も何度もデザインをして自分自身の感覚として学んでいくしかありませんよね。

そこの努力ができるかどうかというのがWebデザイナーとして成功していけるかどうかの分かれ道にもなるんじゃないかと思います。

素人はデザインをすることはできませんが、出来上がったデザインを見て良い悪いの判断は可能です。

その時に、

「あちゃ~、こうなっちゃったか~」

となったときにはそのクライアントがリピーターになることはありません。

特にフリーランスでやっていこうと思っているのであればいかに継続して発注をしてくれるクライアントを抱えられるかどうかが勝負ですので、クライアントの期待を裏切らないような成果を出し続けていかないといけないでしょう。

これからWebデザイナー不足の時代が来ます!

ただデザインが好き、イラストを書くことが好きで、フリーランスの仕事を考えているということであればWebデザイナーとしてやっていける素質は十分にあると言えます。

これからWeb業界は今まで以上に伸びていくでしょうし、Webデザイナーはプログラマーと並び人材不足となる時代がやってくるはずですので、興味があるのであれば絶対に挑戦したほうがいいですよ!

ある程度のスキルがあればかなりの収入を得ることができるでしょうし、HTMLやCSSの知識も持ち合わせたユーティリティプレイヤーになればプログラマー以上の収益を稼ぐことも夢ではありません。

僕はそこまで知識がなく、趣味に毛が生えた程度のことしかできませんが、転職活動のときにWebデザイナーとして入ってほしいと言われたことが何度かあります。

実際の企業はそこまでしてWeb系の人材を欲しがっていますので、若ければ若いほど早く挑戦をした方がいいでしょう。

Webデザイナーになるためのベストの方法は?

先ほどもお話した通り、Webデザイナーになるためには様々な知識が必要になってきます。

これらの内容は独学で学んでいくこともできますが、デザインという点では基礎の部分をWebデザインスクールでしっかりと学んでおいた方が後々のためになります。

Webデザインはただ単に好きなように絵を書くのではなく、サイトに合わせたデザイン、パソコンとスマホどちらでも対応できるデザインの作成など複合的に考えていかないといけません。

特にコーポレートサイトの場合はクライアントの意向に沿ったサイト作りをしていく必要があります。

そういった基本的なところを学んでおくことにより、実践でより活躍をすることができるはずです。

おすすめWebデザインスクール「TECH::EXPERT(テックエキスパート)」

Webデザイナーを目指すなら、国内No.1プログラミングスクールの

TECH::EXPERT Webデザイナーコース」がオススメです。

未経験の段階から、即戦力として活躍できるまでのスキルを最短10週間で集中して学習していきます。

教室での受講、オンラインでの受講どちらも可能なので、集中して学びたい人、お勤めの方、女性の方など、どんな方でも参加しやすくなっています。

教室は渋谷にあり、通いやすい立地です。

 

テックエキスパートの受講生は20代の男女はもちろん、30代の主婦の方の参加も多いのが特徴です。

無料カウンセリングもありますので、興味を持たれた方は軽い気持ちで相談をしてみてはいかがでしょうか。

もちろん勧誘などもありませんのでご安心ください。

その他のTECH EXPERTの特徴
  • 受講開始後14日間は完全返金保証付き
  • 受講後に転職支援サービスを受けることも可能
  • 転職支援サービスで転職ができなかった場合、全額返金制度あり

 

まとめ:Webデザイナーになるための最短ルートはスクールで基礎をしっかり学ぶ事

今回お伝えしたようにWebデザイナーとなるためにはデザイン以外の知識も必要になってきます。

そういった知識を最短距離で学んでいくことができるのがWebデザインスクールです。

またノマドワークをする前に一旦企業で経験や実績を積んでからフリーランスになるという道もあります。

先ほど紹介した「TECH EXPERT」では受講後に転職支援を受けることができ、Webデザイナーとして転職ができなければ全額返金制度を受ける事も可能ですから、そういったサービスを使ってスキルを身に着けていくといいでしょう。

もちろん費用はかかりますが、今よりも月3万~4万円ほど毎月の収入が増えれば簡単にペイができる程度の料金です。

Webデザイナーとして活躍できるようになれば年収100万円アップもそんなに難しいことではありませんので、より未来の姿を描いていき、今すぐ一歩を踏み出してみましょう。

行動なしに成功することはありません。

ぜひ素晴らしい未来を掴んでいって下さい!

TECH::EXPERT(テックエキスパート) Webデザイナーコース 


 まずは無料カウンセリング!
 デザインで自分らしい人生を手にいれましょう

 

【転職をお考えの方へ】
今すぐ行動することが幸せへの第一歩です!

絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト(完全無料)

1:リクルートエージェント
国内最大手転職エージェント。非公開求人数は20万件以上あり、全ての年齢層に対応しています。まずは第一に登録するべきエージェントです!
リクルートエージェントの評判・レビューはこちら!

2:doda
国内第2位の転職エージェントで、非公開求人数は10万件以上。求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれたエージェントです!
dodaの評判・レビューはこちら!

3:パソナキャリア
非公開求人は上記2社に比べると少なめですが、アドバイザーがどこよりも丁寧にサポートしてくれるので初めての転職でも安心。利用者のサポート満足度はダントツNO.1です!
パソナキャリアの評判・レビューはこちら!

4:リクナビNEXT
人気ナンバー1の転職サイトです。自分のペースで転職がしたいという方にはオススメ。気になる求人があれば転職エージェントのアドバイザーに相談して、エージェント経由で応募する裏技も使えるようになります!

 

また以下に僕が月100時間以上の残業、パワハラで苦しんでいたブラック企業から転職をした時の体験談がありますので、こちらもぜひお読み下さい。

元社畜管理人のブラック企業脱出体験談はこちら!