仕事の悩み

転職3ヶ月で仕事に慣れない、馴染めない!慣れるまで辛い時の対処法

  • 転職して3ヶ月たつけど雰囲気や人間関係に慣れない…
  • 仕事についていけなくて、周りの目が気になる…
  • このまま馴染めないならいっそ再転職した方がいい?

そんな悩みにお答えします。

この記事を読めば、転職した会社になかなか馴染めないという人が、どのように会社に慣れていけばいいのかということがわかるはずです。

 

僕も何度も転職をしており、その度毎に新しい職場に慣れていかないといけません。

これまで経験した事がない仕事の場合はわからない事だらけで、何かあれば先輩社員に聞かないといけないのでそれが苦痛に思う時もありました。

ただこの辺りは誰もが通過しないといけない期間ですので、できる限り早めに人間関係を構築してスムーズに仕事ができるような状況を構築しておきたいですね。

ただそれでも上手くいかない場合も、もしかしたらあるかもしれません。

今回は転職3ヶ月経っても職場に慣れずに悩んでいる人が馴染んでいく対応方法、そして対応をしても難しいケースなどを解説していきます。

転職して数ヶ月は慣れなくて当たり前

転職した直後の数ヶ月は誰もが慣れない日々を送るのが普通です。

むしろすぐに慣れてしまい、もう何年もそこにいたかのように振る舞うような人の方が異常といってもいいでしょう。

1日の大半を過ごす環境を大きく変えるものなので、とまどう事も多くて当然。

家を出て向かう方向が別だったり、家を出る時間が変わったり、私服勤務だったのがスーツ着用の仕事に変わったり、転職した会社などによって大きく変わってきます。

ただこういったものはルーティン化されていきますので、最初は戸惑っていても1ヶ月も続ければ慣れていくんじゃないでしょうか。

大きい問題は

  • これまでと違う会社の考え方や雰囲気
  • 自分の周りをとりまく人間関係
  • 仕事のレベル・スピード

これらに慣れていかないといけないということです。

いきなりこれだけのものが変わっていくわけですので、そこに順応していこうと思ったらある程度の時間はかかります。

ただ転職をしたからにはいつかは慣れていかないといけないものですし、人にもよりますが大体1~2ヶ月もすればある程度は慣れてくるのが普通です。

そういった意味で3ヶ月経過しても全く馴染めていないというのはちょっと問題があるのかもしれませんが、徐々にであっても慣れていかないといけません。

この3つに慣れていくためにはある程度、自分からの働きかけなども必要になってきます。

そうしないと3ヶ月たっても仕事に慣れずに、段々と会社での居場所がなくなってしまったりしますので、注意が必要です。

それではもう少し具体的に見ていきましょう。

会社の雰囲気になれない時の対処方法

転職をした経験がある人ならわかると思いますが、会社の考え方・雰囲気は、会社一つ一つによってかなり変わってきますよね。

これまでの会社が、

  • 一人ひとりが仕事に責任を持つ
  • 仕事中の話は一切しない
  • 一つ一つ逐一報告をしないといけない
  • 社員のプライベートは一切干渉なし

というような雰囲気だったのが、いきなり

  • コミュニケーションを重視する職場
  • 仕事中も会話をしながら仕事を進めていく
  • ある程度自分の裁量が与えられている
  • 飲みに行ったり、同僚でバーベキューに行ったりする

というような会社に転職すれば、これまでの会社の雰囲気とは全く違うため、とまどう事もあるでしょうし、慣れるまでには時間がかかってくるはずです。

まずは会社のルールや考え方を知るところから

人間だれしも違う考えを持っているのですから、その人間が集まって構成されている会社も当然、考え方や方針は変わっていきます。

100社の会社があるとすれば、そこには100通りの会社の考え方があるでしょう。

その会社の考え方が、自分の考え方にマッチするしないという問題もありますが、まずはどんな考え方なのか、どんなルールがあるのか、ということはまず頭の中に入れておかないといけません。

他の先輩社員の動きを見たり、会社の事を話している時に耳を傾けたりすれば、何となくわかってくるものがあるはずです。

「これは報告しておかないと、部長がうるさいからなあ」

「最近残業増えてるから、もうちょっと効率よくやらないとダメだなあ」

などヒントになるような会話は、結構いろんな所で聞くことができますので、そういった情報を入手していき、

  • やっていいこと
  • やってはいけないこと

の線引きができるようにしておきましょう。

これまでの会社のやり方に慣れてしまっていると、会社としての考え方、仕事の進め方、何でもそうですが、ちょっとした反論なんかも出てくるかもしれません。

でも最初からそういった反論をしてしまうと、そこで頑張ってきた先輩社員の心証を悪くしてしまいます。

まずはやりにくい点もあると思いますが、その会社のやり方に従っていき、ある時点で提案をしていったりするのがいいでしょう。

ただ客観的に見ても間違っているというような事があった場合は無理をしない方がいい場合もあります。

例えば普通にパワハラが行われているような場合、その雰囲気に慣れる必要なんかはありません。

社会的に見て間違っている事であれば、早めにその会社からは縁を切っていくのがいいでしょう。

人間関係に馴染めない時の対処方法

そして会社に馴染めなくて悩んでいる人の多くは人間関係にどうしても慣れずに孤立してしまっていたり、悩んでいたりします。

新しく入ってくる社員、特に中途採用の社員に対しては元々いた社員は

「どうせオレらよりいい給料もらってるんだろ?」

「どこまでできるか見てやろうじゃん」

と思われることもありますし、会社の中である程度仲がいい人たちのグループが出来上がってしまっており、そこに入っていくのが難しい、中に入ろうと思っても怪訝な顔をされて冷たくされるということもあります。

一人でいる人がいたので、ちょっと声をかけてみたら、うっとおしいような顔をされて、それ以降声を掛けづらくなってしまったというような事もあるかもしれません。

お昼休みも誰も話し相手がいませんし、いつも寂しく一人でご飯を食べるようになると、ちょっと悲しくもなってきますよね。

仕事に支障がないならそこまで馴染まなくてもいい

個人的に思うのは、仕事さえ円滑にすすめられていればそこまで人間関係は気にすることはないんじゃないかということです。

これまで会社でワイワイやって来たような人だと最初はちょっと寂しさも感じるかもしれません。

ただ前の会社を辞めて転職をしてきたということはそれ以上に何か実現したいものがあったということだと思います。

であればある程度の犠牲というものも必要になります。

前の会社でパワハラで苦しみ、長時間の残業で体を壊してしまった、というような人なら、転職した会社がパワハラもなく定時で帰れるような会社なら、少々人間関係が希薄で寂しくても前の会社に比べれば全然マシじゃないですか?

何もかもマイナス的に考えるのではなく、その時間を読書する時間にしたり、スマホでゲームしたり動画をみたりして自分なりの過ごし方を作ればいいだけです。

仕事さえしっかりしていれば、そのうち信頼されてくるようになりますし、あなたの事を知りたいと思って親しくなる人もできてくるはずですので、気にせずに仕事に打ち込むことに専念しましょう。

ただ「他の同僚に嫌われないようにすること」も重要です。

明るく笑顔で挨拶をするのは何よりも大切ですし、困っている人がいても無視ばかりしているとこちらも無視をされてしまう可能性もあります。

何かあった時は声をかけてあげたり助けてあげるようにしましょう。

人間関係も築いていきたいなら積極的に行動しよう

とは言っても中にはどうしても「一人でご飯を食べるのはいや」という人もいるかもしれません。

そうであるなら積極的に動かない限りは改善していくことはありませんので、自分からアクションを起こしていくようにしましょう。

3ヶ月経っているのであれば職場の同僚の名前は全員覚えていないといけませんし、自分からご飯に誘ったり、「一緒に食べませんか?」という声がけも必要です。

また自分と同じ趣味を持っている人がいないかというような情報を聞き出していき、そういった人に声がけしていったりしてもいいでしょう。

会社の中にはお酒が好きな人もいます。

最近は飲酒運転の取締りが強化されているのと、若い人のお酒離れが進み、一人で飲んでいる人も少なくありません。

そんな人がいたら「一緒に飲みにいきませんか?」と声をかけてあげると喜んでくれるはずですよ。

飲み会などがあれば積極的に参加するようにして、自分の存在をアピールしていくようにしましょう。

タバコを吸わない人なら試してほしい裏技

またタバコが苦手な人もいるので無理にとは言いませんが、タバコを吸う人は吸わない人に比べて会社に馴染むスピードが早いと言われています。

実際僕の会社でも部署間をまたいで難しい調整がある場合などで困ったときに、「ちょっとタバコ吸ってくるわ」と言って喫煙室のコミュニケーションでその問題を解決してくれる頼もしい同僚がいます。

最近は「ケンコス」のようなポータブル水素ガス吸引器具などもありますので、こういったアイテムを使って、

「体を壊したのでタバコは止めてコレ吸ってます」

といえば全然違和感もありませんので、そうやって喫煙室や喫煙所を使って同僚と打ち解ける機会を作っていってはいかがでしょうか。

仕事になれない時の対処方法

これも僕個人の考えですが、職場に馴染めない最も大きな原因は仕事に対するものじゃないかと思っています。

仕事さえ自分に合っており、そこにやりがいを感じていれば、そこまで人間関係や会社の考え方などは気にならないものです。

「仕事はそれなりにこなすことはできるけど、結果がついてこない」という人は全く問題ありません。

地道に仕事をこなしていけばいつか必ず報われる日が来ますので、今の気持ちで継続していくことを心がけていって下さい。

ただ、仕事についていけない、そもそも何をしているのかが全く理解できない、というような場合は、転職の際の企業選び自体が失敗していたかもしれないということを考えないといけません。

この場合はリカバリーが効く場合と全く効かない場合がありますので、自分がどちらのケースに当てはまるのかをしっかりと判断していくようにして下さい。

努力をすれば解決できるのであればリカバリーは可能

仕事に慣れない、ついていけないという人の中には仕事を覚えるスピードが人よりも遅かったり、物覚えが悪いという人もいます。

そういったケースであればその人の努力によって何とかできる場合もあります。

  • まずメモを取るようにして先輩の話を聞きのがさないこと
  • 一度教えてもらったことは二度聞かないようにする
  • わからないことは恥ずかしがらずにしっかりと確認をする
  • 自分でマニュアルを作って早く一人でできる仕事を増やしていく
  • 自宅でも復習や独学を欠かさない
  • 休憩時間なども使って勉強する

こういった努力をしていくことによって徐々にできる仕事が増えていき、また同僚の信頼を得ていくことも可能だと思います。

ただそれでも相当の覚悟が必要ですので、そこは肝に銘じておく必要はあるでしょう。

努力だけでは解決できない場合の対処法

もし努力をしたとしてもすぐに解決できないような場合や、どんな勉強をしていったらいいかさえもわからないような場合、その場合は完全に転職に失敗したという事ができます。

あなたは完全なるミスマッチの企業を選択してしまったということです。

この場合は会社に残ったとしても、いつになっても会社に馴染むこともないでしょうし、逆にどんどん孤立していくだけになってしまいます。

転職は自分自身の適性にあった会社でないとこのようなミスマッチが起きてしまいます。

自分ができる仕事なのかどうか、物覚えが悪い人で未経験職に転職するのなら教育制度がしっかりしている会社なのか、など自分自身の適性に合った仕事、会社を選ばないと、せっかく労働条件のいい会社に入ったとしても、いずれは自分から会社を去っていくようになっていってしまいます。

そんな人は傷口が大きくなる前に決断をして、自分自身に合った会社に転職をする事をオススメします。

3ヶ月も経てば、これから先に自分がこの仕事を全うしていくことができるかどうかはわかると思いますし、あなた以上に他の同僚たちもわかっているでしょう。

これ以上そこに居ても何の仕事もできず孤立していくしか未来がないのであれば、早めに決断をしていくことが重要です。

転職失敗で再転職だと言っても1回ぐらいの転職ならまだ何とかなりますので、そんなに心配することはありません。

次の転職の際、しっかりと自分とマッチングした会社に入ればいいだけのことです。

一番ダメなのは決断できずに、ズルズルと後回しにしてしまうことだという事を理解しましょう。

失敗のない転職を成功させるには?

会社に馴染めない根本的な理由がミスマッチした会社に転職してしまっていたという事にあり、結局、再転職をするというのはよくある話です。

転職のために必要なことは、

  • 自分自身のキャリアや経験がしっかりとまとめられているか?
  • 自分の適性の仕事を把握しているか?
  • 自分自身の適性にマッチした求人を探せるかどうか?

という点になります。

こういった内容を自分自身で行うこともできますが、自分で「これでいいかな?」と思っても実際入社してみたら全く違う仕事内容だった、という事もあります。

そんな転職活動をしていては、いつまで経っても転職に成功することはできません。

結論からお話すると、転職エージェントを利用することで、上記全てが解決し、圧倒的に自分に合った会社に転職することができます。

転職エージェントでは以下のような転職支援サービスを受けることができます。

  • 転職のプロによる転職相談
  • これまでのキャリア・経験の洗い出しをしてくれる
  • あなたの適正・条件に合った求人の紹介
  • 提出書類のアドバイス・添削
  • 面接対策・面接を受ける企業の過去の面接質問例
  • 面接日程調整・給料交渉

転職エージェントではこれら全てのサービスを完全無料で受けることができますので、これを使わないという手はありません。

一度転職に失敗した人が陥る失敗は、転職を何度も重ねていってしまうこと。

それは上記のような作業ができていないという理由が原因となっている場合がほとんどです。

転職エージェントを使えば、転職のプロがカウンセリングをしてくれ、あなたに最も合った仕事を紹介してくれますので、失敗しない転職を実現していくことができますよ!

まとめ:転職3ヶ月で仕事に慣れない時の対処法

今回は転職をして3ヶ月経っても職場に慣れない時の対処法について解説してきました。

まとめてみますと、

  • 会社の考え方・ルールを早めに覚えていく
  • 仕事が出来ていれば人間関係はそこまで悩まなくてもいい
  • 早く馴染みたいのであれば積極的な行動が大事
  • 仕事についていけない場合は相当の努力が必要
  • どうしてもついていけないなら転職の決意が必要

となります。

まず仕事が自分にマッチしているかどうかを基点に考えて、それが合っていないのであれば傷が大きくなる前に転職エージェントを使って転職をしましょう。

以下に僕が実際に利用した、オススメできる転職エージェントのまとめ記事がありますので、こちらを参考にしてみて下さい。

社畜からの脱出のための転職エージェント・転職サイトはこの4つ なんとかして今の社畜状態から抜け出して条件のいい会社に転職したいけど、どの転職エージェントを使えばいいのか教えてほしい。 ...

 

また僕が壮絶なパワハラを受けていたブラック企業を脱出した体験談まとめがありますので、まだ読まれてない方はぜひ読んでみて下さい。

パワハラ・ブラック企業からホワイト企業に転職。再び笑えるようになった成功体験談ブラック企業の社畜生活から抜け出し、ホワイト企業で人間として生きることができるようになった「けい」といいます。 このサイトでは僕の...

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!