【現役人事がオススメ】失敗しない転職サービス!

底辺層から脱出したいなら階級を上げるしかない!人生逆転のチャンスはまだある!

「朝から晩まで身を粉にして働いても手取り月給15万円いかない」
「29歳、もうすぐ30歳なのに、手取り20万なんて夢のまた夢」

格差社会となっている日本で、こういった人がいる事はそんなに珍しい事ではありません。

どれだけ一生懸命働いたとしても給料は増えない。

でも社長はなぜか会社の経費で新車のベンツを買って、毎日のようにゴルフに行く。

それを見て「クソったれ!誰が働いて儲けた金だと思っとるんや?」と思うようなあなたはもしかして「底辺層にいる」のかもしれません。

そういう人は、自分よりも上の立場の人間には弱く、下と判断した人間に対してはとことん見下す傾向があります。

コンビニでタバコを買うとき、番号で言えばいいものをわざわざ「マイセン」、「セッター」などの喫煙者しか知らないような略称で注文して、「はやくしろ!こっちは忙しいんだよ!」「コンビニのバイトなのにそんなもんも覚えとらんのか?アホか?」と言って人を見下すような人は、間違いなくそういった人種です。

コンビニやファミレスなど、客商売のお店は、どんな態度の客にもそれなりの対応をしてくれますがそれを勘違いして、自分はこいつらより上の立場だと思ってしまいますが、他の人からは、「あ~あ、また底辺の人間来た。うざ。マジどっか消えてほしーわ」と思われてます。

もし人並に働いているにも関わらず、同年齢の人よりも低い賃金の人は、既に社会から底辺層というレッテルを貼られてしまっている可能性があります。

もしそうだとすると、あなたは何もしなければ永遠に底辺層から抜け出す事ができません。

今回はそんな底辺層の方がどこに向かっているのか、そしてそこから抜け出すためにどうしたらいいのかという事を紹介していきます。

目次

人はなぜ底辺人間になってしまうか?

誰も望んで底辺人間になろうなんて思っていませんが、なぜか社会はそういった人間を生み出してしまいます。

まずなぜそのような底辺人間が生まれてしまうかを考えていきます。

家庭環境が悪く、モラルに欠けて環境で成長してきた

底辺の人間になってしまう理由で最も多いのがこの理由です。

家庭環境が悪い人間、育ちの悪い人間はモラルに欠けた行動が多いです。

僕が昔レンタルショップでバイトしてた時とかレンタルDVDの延滞をしまくる人がいましたが、遅延損害金は絶対に支払わないし、請求したらいきなり恫喝してきて、何回も踏み倒す人間が何人もいました。

時には店の外の返却ボックスを無理やりバーレルで開けて返却したりと、最悪です。

こういった人間というのは、その親もモラルが低かったり底辺の人間である場合が多いです。

ある程度のレベルの人はそういった人とは付き合わないですし、ある水準以上の会社はそんな人を雇ったりはしませんので、結局低水準の仕事にしか就けなくなってしまうという負の連鎖が起こってしまいます。

自分の考えがなく、影響されやすい

家庭環境が良くても、自分の考えがなく、影響されやすい人間も底辺になる可能性を秘めてます。

特に若い時に底辺の人間に目を付けられてしまい、ズルズルとその沼にハマっていく人は大勢います。

一度沼に入ってしまうと、そこから抜け出す事はかなり難しくなってきてしまいます。

そういった人たちは、底辺層の中でのヒエラルキーも最下層に位置してしまうため、社会の最底辺層になってしまう可能性もあります。

挫折をしてしまい、立ち直る事ができなかった

真面目に勉強や仕事をしていた人も底辺層に転落する事だってあります。

勉強や仕事で挫折を体験し、それがトラウマとなって、ズルズルと転がり落ちてしまう場合。

そして同じような立場の人間を求め、ネットゲームやネット掲示板を見るようになり、そのままハマっていくパターンです。

この場合は引きこもりがちになってしまい、そこから抜け出す事が相当難しくなってしまうため、社会復帰自体が難しくなるケースも少なくありません。

現在40代以上のひきこもりが60万人以上いるという調査が出ていますが、そういった人たちはこのようなパターンが多くなっています。

今底辺層でない人も、突然に底辺層になってしまう可能性もあるという事も知っておかないといけません。

楽な選択をしてしまう

人生というものは必ず何度か分岐点が来ます。

その時に「今は苦しいけど将来のために頑張ろう」と思えるか、それとも「今が楽しければそれでいい」と思うのか。

この選択をどうするかで大きく道は変わってきます。

底辺層にいる人間は、その分岐点分岐点で全て楽な道を選択してしまい、最初の内はまだ引き返す事ができますが、何度も何度も楽な道を選び続けると、最後にはもう永遠に戻ることができない死のロードにたどり着きます。

車一台しか通れないような延々と続く細い道を永遠に走っていくような、戻るにも戻れないという状況に陥ってしまったら、もうそこから抜け出す事は相当な困難になります。

ギャンブルに走る

底辺の人間は、楽にお金を稼ぐ事に必死になり、パチンコ、競馬、競艇、競輪などのギャンブルに深入りします。

上級階層の人達はそれがお金をドブにすてるようなものという事をよく知っており、逆にそのお金がお金を生むという事を知っています。

100万円のお金があればそれを年5%の利回りで運用すれば10年後には163万円、20年後には265万円にまで膨れ上がるという事を知っているのでギャンブルなどには手を出しません。

それに底辺層の人間のそのような習性を知り尽くしているのでむしろそういった人たちがギャンブルに手を出させるように仕向け、搾取しまくります。

この流れが世の中の構造であり、常に自分たちが搾取されているという事を底辺層は知らないでいるのです。

自分自身をコントロールできない

これも家庭環境と関連してくる部分も多いですが、底辺層の人間は感情的になりやすい性質を持っており、ちょっとでも気に入らない事があれば怒鳴ったり、暴力をふるったりします。

そんな人達に対しては、世間の人も「あの手の人種と口を聞くと、犯罪にまきこまれる可能性がある」という考えになり、どんどんと社会から隔離されていってしまい、最後にはそういった人達が集まるコミュニティにしか属す事ができなくなってしまいます。

底辺人間を待ち構える末路とは?

これが底辺層の人間に対する世間一般層の人からの見え方です。
まとめると以下のような特徴・性質を持った人が底辺層の人間の特徴と言えます。

  • 勉強をしてこず一般的な知識がなく、一般常識に欠ける
  • しっかりとモラルを教えてもらえず、モラルが低い
  • 自分をコントロールできず、すぐに感情をあらわにする
  • 誰でもできる仕事しかできず、最低賃金しかもらえない
  • 実は世の中で最も搾取されているという事に気付いてない

果たしてこのような底辺層の人間に未来というものはあるのでしょうか?

これまでの内容でも分かる通り、底辺層はさらに底辺層を製造し、そのコミュニティを広げていきます。

人間という存在は自分よりも下の存在がいるとそこに安心感を感じてしまうため、その狭いコミュニティの中でさらに最下層ヒエラルキーを作り、自分自身が上に上に立とうとするのです。

そして最下層の中で権力を持った人間が、俺は力があると勘違いをして一般社会で上に立とうとするため、

アパレルショップでちょっと気に入らない事があったら店員を土下座させて謝らせたり、

コンビニでちょっと気に入らない事があったら怒鳴りまくったり、

飲食店でちょっとお茶が熱かったというだけで店員を何時間も説教したり、

高速道路で進路を妨害したから相手の車を止めて暴行したとか、

こんなような事件がが起きてきてしまうのです。

はっきり言って一般層からしてみれば、迷惑以外の何者でもありません。

そして最下層の中でも権力を持つ事ができなかった場合は何をやっても無気力、無関心という、諦めの境地に入ってしまい、一切のやる気、気力をなくしてしまうしかありません。

そういった人は、最低賃金に近い時給で働くか、アルバイトをするしかなくなります。

結婚をして安いボロアパートで最低限の貧しい生活をしながらも、外でいきがるようなヤンキー夫婦になるか、結婚、マイホームなどはもうに諦め、50歳になっても一人で食事をし、ネットで掲示板を見て毎日を過ごすというような生活をする、というような両極端な生活をするしかなくなります。

結局そういった人達は上級階層の人から見れば、この世の中で最も搾取しやすいカモにしか過ぎないのです。

自分が変わらなければ、底辺人間は永遠に底辺で生きるしかない

底辺層にいるのであれば、自分自身が変わらない限り、この状況から抜け出す事は絶対にできません。

でもどうやってここから抜け出せばいいのでしょうか?

それは自分が今よりも上の立場に行くしかないのです。

「どうせオレが今さら何をやっても無駄だから…」と思ったりするかもしれません。

でもそんな風に思う必要はありません。

もし今の生活を脱却したいという思いがあるのであれば、ちょっとだけ知識や情報があれば、今からだって上に登っていくことだって可能なんです。

これまではそういった知識や情報を誰からも教わらなかっただけの事なんです。

これまでの人生の中の分岐点で楽な道ばかりを選択してきたかもしれませんがここにも人生を左右する選択肢があると思って下さい。

そしてそこには「現状を維持する」という楽な選択肢と、「現状を打破するために努力をする」という苦しい選択肢があると思って下さい。

どちらを選ぶかはあなたの自由ですし、強制はしません。

でも、自分の本来の居場所というものは探せば必ずあるものです。

あとはどうやってその居場所を掴んでいくかという少しの知識と情報だけがあればいいのです。

今ここに将来を決定づける最後の選択肢があると思ってぜひ一歩踏み出してみて下さい!

まとめ:底辺層を抜け出すための方法とは?

底辺層から階級を上げていけば、おのずと自分自身の立ち位置も変わり、心に余裕も生まれてきます。

世の中を見てみると、イライラしていて怒鳴っているのは最底辺の人間が多く、上の層に行けば行くほどそのような人は少なくなっていきます。

もちろん上の層にも感情的なクソ人間はいますが、圧倒的少数です。

今の会社やアルバイト勤めでは絶対にその階級を上げていく事ができませんが、良い職場に巡り合う事ができれば、簡単に階級を上げて行くことができます。

もしあなたが今よりも階級を上げたいと思ったら、転職をして階級を上げていくしかないのです。

転職エージェントを使って、1ランク上の仕事を求めよう!

ただ自分自身で良い職場を探すということはこの世の中ではほぼ不可能に近い所業です。

「試しに無料タウン誌を見たけど、安い給料の仕事しか載ってなくて、転職は諦めた」なんて思った事ありませんか?

ハローワークや無料タウン誌などに載っている求人は、会社の人間が搾取しやすい人間を探すために使っている媒体なので、これらは使わないほうがいいですよ。

優良企業への転職を求めるのであれば、転職エージェントという、無料で利用できる転職支援サービスを利用する事をオススメします。

転職エージェントとは?

転職エージェントは転職を希望している人に対して、これまでの経歴、経験、適正などを踏まえた上で、その人に最適な求人を紹介してくれるサービスです。

しかも利用料は完全無料です。

最大手の転職エージェントでは一般的な転職サイトには掲載がされていない非公開求人が20万件以上ありますので、たとえ経験が少なかったり、未経験であったとしても、仕事がないという事はありません。

また転職エージェントは企業から依頼された人材を転職させる事によりその成功報酬としてその人の年収の何割かをもらうというビジネスモデルになっており、そのため取り扱っている求人は優良企業のものしかありません。

全て、条件の良い企業ばかりですので、これまでの水準以上の生活ができるようになります。

以下に僕が自信をもってオススメできる転職エージェント、転職サイトを紹介しますので、よかったら参考にしてください。

僕は転職活動の際に20以上の転職エージェント、転職サイト利用していましたが、その中で最も利用してよかったと感じたサイトを厳選してみました。

【これで失敗しない!】実際に利用してよかった転職サイト3選

僕が実際に転職活動で使った転職サービス系サイトの中で登録して本当に良かったと思ったのが以下の3つです。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントのポイント
  1. 国内NO.1の実績を誇る転職エージェント
  2. 優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 求人20万件以上!非公開求人も10万件以上!

リクルートエージェントは国内で最も実績のある転職エージェントです。

求人件数20万件以上もあるので、必ずあなたにぴったりの求人があります。

一般転職サイトに掲載されていない非公開求人も10万件以上あり、好条件の求人も多く、その中から転職アドバイザーがあなたにぴったりの求人をみつけてくれるでしょう。

また面接の質問の傾向なども教えてもらえるので、対策もしっかりした上で面接に臨むことができますよ。

リクルートエージェントに登録することで、転職成功の確率がぐんと上げることが可能です。

\簡単5分で登録/

≫リクルートエージェントの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

2位:doda(デューダ)

doda(デューダ)
dodaのポイント
  1. 10万件以上の求人からアドバイザーが最適の企業を紹介してくれる
  2. 各業種の専門アドバイザーがいるので、どんな業界への転職も安心
  3. アドバイザーの質が高く、転職成功者の満足度が高い

次に紹介するのは、リクルートエージェントと双璧をなす転職エージェント「doda(デューダ)」です!

公開求人だけでも10万件以上あり、さらに豊富な非公開求人とあわせた求人の中からあなたにぴったりの求人をキャリアアドバイザーが探してくれます。

求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれた転職エージェントがdodaです。

リクルートエージェントと一緒に登録しておけばほとんどの求人は網羅できますよ!

\簡単5分で登録/

≫dodaの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

3位:リクナビNEXT(リクナビネクスト)

リクナビNEXT
リクナビNEXTのポイント
  1. 自分のペースで求人検索ができる
  2. 年収、残業、働き方など細かい条件まで検索可能
  3. あなたの強みが見つかる「グッドポイント診断」が受けられる

リクナビNEXT(リクナビネクスト)」は転職エージェントではなく、検索型の転職サイトです。

細かい条件で検索をすることができ、転職エージェントでは紹介されない案件もあるので、登録して情報収集にとても役立ちます。

転職エージェントと転職サイトの両方を上手に使いこなすことによって失敗しない転職成功率がアップ!

またリクナビNEXTに登録すると、あなたの強みを見つけることができる「グッドポイント診断」を受けることが可能です。

診断結果は転職の方向性を決めるのに役立ちますし、そのまま面接や自己PRにも応用することができますので、受けておいて損はありません!

\簡単5分で登録/

≫リクナビNEXTの評判・実際に使ってみたレビューはこちら!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ユウのアバター ユウ 10年目人事

5回以上の転職経験を経てブラック企業から脱出。現在はゆる会社で人事を担当。人事の立場から転職のサポートをさせていただきます!
転職によって少しでもあなたの人生が幸せなものになってほしいと願いこのブログを立ち上げてみました!

目次
閉じる