転職・転職活動

面接で落ちまくる!転職の面接に落ちる人の特徴と面接官の本音

  • 何度も転職の面接を受けているけど面接に落ちまくり…
  • どうすれば面接に受かるんだろう…
  • 面接に落ちるのはなぜなのかを知りたい!

そんな悩みや疑問にお答えします。

この記事を読めば、転職活動をして何度も面接を受けているにも関わらず、全く面接に受からない、内定をもらえないという人がその理由を知ることができ、内定獲得へ近づくことができるでしょう。

 

僕も転職活動を始めたときはどれだけ面接を受けても全く次に進めないというような状況に陥っていました。

ある時、大企業で人事部長を何年もしていた転職エージェントのアドバイザーさんと会って、「面接官から見た面接に落ちる転職希望者の特徴」を聞いた事により、一次面接を突破する確率が高くなっていきました。

今回はその内容を元にして、面接に受かる人の特徴、面接に落ちまくる人の特徴について解説していきます。

転職の面接で落ちまくる人の5つの特徴

何度面接を受けても、面接に受からない、内定をもらえないという人は以下のような特徴があります。

面接で落ちまくる人の特徴
  • 第一印象が悪すぎる
  • 根拠のない自信家で自分を良く見せようとする
  • これまでのキャリアを自慢しまくる(内容がない)
  • 空白期間の説明が言い訳ばかり
  • 全く企業研究をしていない

詳しく見ていきます。

第一印象が悪すぎる

元・大企業の人事部長だった方が話していた言葉が、

「面接の結果は第一印象がほぼ決まると言っても過言ではありません」

というもの。

どういうことかと言うと、

面接官が入室し、挨拶をするところの第一印象で「この人はこういう人だろう」という事がなんとなく予想でき、面接は質疑応答をしていく中で、その第一印象が間違ったものでないかどうかを確かめていく作業

だということなんです。

「この人はイマイチだな」という第一印象を受けた時点でその人は面接に受かる可能性はほぼなくなります。
ただ第一印象だけだと間違った判断になってしまう可能性があるため、面接で話をしていく中で自分の判断に間違いがなかったかどうかを確認する作業をしていく。

ということです。

つまりこの第一印象が悪いと面接のスタート自体がかなり不利な状態になってしまっていると言うことができます。

これまでのキャリアを自慢しまくる

面接の中で必死に自分を良く見せようとして、これまでのキャリアを自慢気に話す人は面接に受からない可能性が高いです。

そういった人というのはプライドも高い事が多く、注意をしていても面接の場で上から目線での話し方になってしまったり、妙に鼻につくような言い方をしたりするものです。

こういった人は知らずしらずに話を盛ることも多いですが、面接官がそれを見すごすことはありません。

話し方や態度が横柄

転職をする人の中には30代、40代の人もいると思いますが、年代が上の人で多いのが、面接の態度が横柄なもの。

特に歳が下の面接官だった場合、自分の部下に物言いをするような態度で話をしたり、相手を小馬鹿にしたような話し方をする人が多くいます。

たとえ実績や経験があったとしても、そんな人を企業が採用することは天地がひっくり返ってもありえません。

年齢が上である程度の実績があったとしても転職をすればそこでは新人なのですから、プライドが高く、入社しても人間関係でのトラブルが多そうな人はどれだけ面接を受けても落ちまくるのは当然のことです。

ブランク期間の説明が言い訳ばかり

転職をする人の中には退職をしてから転職活動を始める人もいます。

そういった人の中には転職活動がうまくいかずにブランク期間ができてしまったりすることもあるでしょう。

その期間の経歴が何もない場合、100%の確率で面接官はその期間に何をしていたのか?という事を確認してきます。

企業が最も嫌うのはブランク期間です。

仕事に対する意欲が低下していたり、仕事の質にも影響してきますので、そういった人に対しての見方はかなり厳しくなります。

最低限、アルバイトをするなどして、「仕事に対するモチベーションが下がらないような努力をしていた」とういアピールができるようにはしておきましょう。

全く企業研究をしていない

転職を考えている人で「とにかく自分はできる」という自信が強すぎて、企業研究を全くせずに面接を受ける人も多いですが、面接官からしてみると「本当にこの人はやる気があるのかな?」というのが本音のところです。

自信というものは、転職を考えている企業の考え方・仕事内容が、これまでの経験とマッチしていなければ出てくるものではありません。

企業研究をせずして出てくる自信ほどアテにならないものはないということを面接官は嫌というほど知っているのです。

中途採用が新卒採用と違うのは、1人を採用する際にかかってくるコスト。

いきなり500万近い年収を支払わないといけないわけですので、そうやすやすと採用するということにはなりません。

会社に入って活躍してくれそう、というイメージを面接官に持ってもらうことが、面接に受かっていくポイントになります。

面接を通過しやすい転職希望者の4つの特徴

それでは逆に面接に受かりやすい、面接を通過しやすい人というのはどんな特徴を持っているのかを見ていきましょう。

面接を通過しやすい人の特徴
  • 第一印象が良く、挨拶がしっかりできる
  • これまでの経験やキャリアが整理されている
  • 謙虚な姿勢で面接に臨んでいる
  • 企業研究ができており、これまでの経験とリンクしている

こちらも詳しく見ていきます。

第一印象が良く、挨拶がしっかりできる

面接に受からない人の特徴でも述べたように、第一印象というのは面接の際にかなり重要なポイントになります。

このたったの30分~1時間という時間で自分自身の人生が変わる可能性もあるわけですからそこにどれだけの姿勢で臨んでいるかというのはとても大事な事です。

そしてその姿勢や考え方は、当然面接官にも伝わりますし、相手に対して良い第一印象を与えることができれば、面接通過に大きく前進するはずです。

実際のところ、「おっ、この人はちょっと違うな」という第一印象を受ける人というのはそれほど多くない、というのが面接官の本音です。

逆に言えば、そこで良い第一印象を与えることができれば大きく転職成功に前進していきます。

  • 表情
  • 服装
  • 身のこなし
  • 挨拶
  • 自信にあふれた雰囲気

こういったものが自分に備わっているかどうかを面接前には必ず確認するようにしましょう。

これまでの経験やキャリアが整理されている

面接に自信を持って臨むために必要なものは自分自身の経験とキャリアです。

ただその肩書きだけで転職成功できるかと言えば、それは甘い考えです。

  • どんな経験を積んで、どんな成功体験をしてきたのか?
  • 転職して、どんな活躍をすることができるのか?
  • 転職して何をしていきたいのか?

こういった点が自分の中で整理されており、面接の中でアピールできる人というのは面接の通過率は間違いなく高くなります。

この中でも特に重要なのは「成功体験の体験談」です。

この話をすることで面接官がグイッと話に引き込まれ、

「そこの辺りもうちょっと聞かせて」

「それでそれで?」

「他には他には?」

というような質問をしてきた場合は、かなりの好印象を与えていると考えて間違いありません。

そんな相手が興味を持つような体験談、エピソードをいくつも作ってストックするようにしておくと良いでしょう。

企業研究ができており、これまでの経験とリンクしている

ただし、どれだけ体験談が面白くても、面接を受ける企業や仕事内容と全くマッチしていなければそれは意味を成しません。

経験談は必ず面接を受ける企業でも再現ができるような内容でないダメです。

そのためには企業研究が絶対的に必要になってきます。

転職というのは結局自分自身と企業のマッチングの割合がどれだけ高いかによる部分が大きいものです。

そして自己分析、企業分析をした上でこの2つをつなげていくのが「体験談」そのもの。

それができていれば、志望動機を聞かれたときにモゴモゴしてうまく言えない、なんてことはなくなりますよ!

この作業なしでは転職成功はありえませんので、しっかりと準備をしていくようにしましょう。

謙虚な姿勢で面接に臨んでいる

そしてどれだけ経験、実績、自信があったとしても、人間性やコミュニケーション能力に問題があれば、全ては無駄に帰してしまいます。

面接官はその人が会社に入った後、同僚とうまくやっていけるか、誰と組ませたら能力を発揮していくことができるか、という事まで面接の中でイメージをしていきます。

その時にトラブルメーカーになってしまう可能性がある場合は、どれだけ能力が高くても内定が出ることはありません

そしてそういったその人が持つ本性は何気ないところからにじみ出てしまうものです。

面接の質疑応答の中での言葉尻、態度、語気などで、簡単に面接官に見破られますので、普段の生活の中から謙虚な姿勢、言葉遣いをしていくように心がけていきましょう。

最も効率よく行う転職活動の方法とは?

今回の記事を通して、面接を通過して内定を獲得するには、

  • 第一印象・面接に臨む姿勢
  • 自分のキャリア・成功体験の整理
  • 企業研究

こういった内容が必要になってくるということがわかったのではないかと思います。

こういった内容を自分自身で行うこともできますが、自分で「これでいいかな?」と思っても面接官の視点で見てみたら、全然足らないという場合も少なくありません。

そんな非効率な転職活動をしていては、いつまで経っても転職の成功はないでしょう。

結論からお話すると、転職エージェントを利用することで、上記全てが解決し、圧倒的に内定をもらいやすくなります。

転職エージェントでは以下のような転職支援サービスを受けることができます。

  • 転職のプロによる転職相談
  • あなたの適正・条件に合った求人の紹介
  • 提出書類のアドバイス・添削
  • 面接対策・面接を受ける企業の過去の面接質問例
  • 面接日程・給料交渉

また本番を想定した模擬面接や面接力を向上させる「面接力向上セミナー」などの実施もしていますので、確実に面接突破の力がついていきます。

そして求人紹介を受ける企業は、労働環境が整ったところばかりですので、ブラック企業で悩んでいる人は絶対に使うべきサービスと言えるでしょう。

転職エージェントではこれら全てのサービスを完全無料で受けることができますので、これを使わないという手はありません。

アドバイスを受けながら活動をしていけば、自分と企業のつなげ方がわかってきますので、効率的な転職活動をしていくことができるようになっていきますよ!

社畜からの脱出のための転職エージェント・転職サイトはこの4つ なんとかして今の社畜状態から抜け出して条件のいい会社に転職したいけど、どの転職エージェントを使えばいいのか教えてほしい。 ...
パワハラ・ブラック企業からホワイト企業に転職。再び笑えるようになった成功体験談ブラック企業の社畜生活から抜け出し、ホワイト企業で人間として生きることができるようになった「けい」といいます。 このサイトでは僕の...

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!