退職について

会社の引き止めで転職をやめると後悔する!仕事を辞めるか迷う時は原点に戻ろう

  • 退職願を提出したら強い引き止めにあって悩んでいる
  • 引き止めで好条件の待遇を定時されている
  • 自分では決めることができない

そんな悩みにお答えします。

この記事を読めば、退職願を出して執拗な引き止めにあって悩んでいる場合の考え方が分かってきます。

結論を言ってしまうと、引き止めにあったとしても転職をしたいと思ったその意志を貫き通すことが重要です。

 

多くの会社では退職願を提出すれば、その従業員を引き止めようと甘い言葉で誘惑をしてきます。

中にはその言葉に惑わされてしまい残留をしてしまう人もいますが、そんな人には不幸な未来しか待っていません。

そこでお今回は会社の誘惑に負けてしまって会社に残留した人の末路を反面教師にし、後悔しないようにするためにはどうしたらいいのかを解説します。

 

引き止められるのは優秀な社員である証拠

この記事を読まれている方の中にはすでに会社からの引き止めにあっている人もいるでしょうし、これから退職願を提出するという人もいるでしょう。

これから提出する人にお伝えしておきたい事は「会社は優秀な人材であれば必ず引き止めをする」ということです。

もしその社員が会社にとってお荷物のような存在だったのであれば、軽く「本当にいいの?後悔しないの?」程度しか言われないでしょう。

ただ、仕事ができる社員、経験が長い中堅社員など、優秀な社員であればあるほど強い引き止めを行ってきます。

  • 売上の多くを担っていたエース社員
  • 専門性の高い仕事に従事していた従業員
  • 人望が厚く、若手にも人気のある従業員

こういった人が辞めてしまうと会社としてうまく機能しないようになってしまい、売上減少につながってしまうでしょう。

ある程度の能力の人材を雇おうと思ったらそれなりのコストも必要になります。

それに怖いのは若手社員を中心に、残された社員らが不安になってしまい連鎖退職を発生させてしまう点です。

会社としても優秀な人材が辞めていった際にどうなるかということがわかっているため、優秀であればあるほど執拗な引き止め作戦を決行してきます。

 

会社からの引き止めの際のお決まりフレーズ

退職の話を切り出した途端に高待遇の条件を提示してきたり、希望の部署への異動を認めてくれたりと、「なぜそれをもっと早くに言ってくれなかったのか?」と思うようなことも中にはあるでしょう。

退職や転職を決意した時は強い意志を持っていても、強い引き止めにあい、高待遇の条件を提示された時は少なからず、その意志もグラッと揺らいでしまうものです。

ただその口車にのってしまうと後々で後悔することになる可能性があります。

中には本当に辞める人の事を思って話してくれる人もいるでしょうが、ほとんどの場合の引き止めは会社もしくは上司自身の保身のためでしかありません。

ここでは会社からの引き止め工作で、よくあるパターンとその末路を紹介していきます。

次の査定で昇給や昇格を考えていた

引き止め工作で最も多いのがこのパターン。

昇給を餌にして残留させようとする作戦で、転職先が決まっていたとしても、その意思が翻ってしまい残留するのが最も多いケースです。

ただ残留した人が実際に残って大幅に昇給するということはまずありません。

昇給したとしても基本給に1,000円上乗せ程度だったりします。

年収ベースでも12,000円程度の昇給だったら、残留する意味はまったくありませんよね。

その時点で「騙されたっ!」とわかるのですが、もう後のもくずです。

よく考えてみれば、退職願を提出する上司にそんな権限や力なんていうものはないという事がわかるはずなのですが、自分が悩んでいる時というのはなかなか冷静な判断ができなくなってしまうんです。

こんな単純な騙しにひっかからないようにしないといけません。

せめて後任が見つかるまでもう少しだけ頑張ってほしい

次に多いのがこのケース。

表向きでは退職を認めているけれど、少しだけ猶予がほしいと言って残留させるパターンです。

ここでポイントなのが「もう少しだけ」というのに具体的な期限が提示されていないこと。

こちらは「1、2ヶ月程度」と思っているのに、相手が言っているのは「後任が見つかるまで2、3年は頑張ってほしい」というニュアンスという事だって少なくありません。

上司が考えるのはとにかく退職を「保留」という形にすること。

それさえできれば、話をうやむやにしてズルズルと引き伸ばしができるという作戦なんです。

一見、退職に対する理解を示してくれているように感じるため、それに応じてしまう場合もありますが、この場合は

「少しというのは具体的に何ヶ月ですか?」

という事を聞くようにしましょう。

そんなんじゃ他の会社に行っても後悔するよ

条件提示での引き止めが失敗に終わった場合によく出されるフレーズがこちら。

退職するという人に対して、あたかも裏切り者のように突き放す言い方です。

ただこのような台詞を吐く人間というものは、自分が転職できずにこの会社に残っている事を後悔しているケースが多く、自分のような後悔する人間を1人でも増やしていこうと思っているだけの場合も少なくありません。

もしこのように言われた場合はその上司を憐れみの目で見てあげ、「かわいそうな人だな…」と思ってあげましょう。

それに他の会社に行って後悔するかどうかは、誰にもわかるものではありませんし、むしろ残留した時に後悔するパターンの方が大きいに決まっています。

 

会社からの引き止めを飲んで残留した人の末路とは?

とある方が退職の際の引き止めを受けて残留した人がその後たどった末路のお話をしたいと思います。

その方は転職エージェントを利用し転職先から内定が出ていましたが上司に「次回の査定時に昇給を進言し、絶対に認めさせるから!」と言われ、その上司には親切にしてもらっていたため、その言葉を信じて残留しました。

ただ査定の際に、その上司が会社に対して昇進・昇給の話をしたところ、不審に思った上司や人事が上司や残留した本人を追求するようになり、退職の意思表示が会社に明らかになってしまい、次の異動時期に地方に左遷されてしまい、結局退職をすることになってしまいました。

 

このケースですが、内定先からは当時の年収の130%の提示をされていたにも関わらずそれを断って残留したのですが、結局その年収も現在の立場も奪われる結果となってしまったのです。

実際にこのような話は表立っては出てきませんが、実際には日常茶飯事のように行われています。

もし会社からの提示を受けて残留したとした場合、それがどんなケースであっても幸せになるということはありません。

  • 出世コースから外れる
  • リストラの優先候補になる
  • 人間関係がぎくしゃくする

こんな未来が簡単に予想されます。

こんな悲劇が起きないよう、退職は強い意志をもって臨むようにしないといけません。

 

引き止めにあった際の考え方と対処法

なぜ転職しようと思ったのかを思い出す

いくら転職が世間に浸透して珍しいことではなくなった現在でも、これまで働いてきた会社を辞めるということはそんなに簡単なものではありません。

それを決意するまでには相当の時間と強い意志が求められたはずです。

もしそうであるならば、何を言われても決して揺らぐ事がない覚悟を持つことが大事です。

引き止めにあってその気持ちが揺らいでいるのであれば、もう一度会社を辞めると決心した時の気持ちに立ち返って、自分自身に問いかけてみましょう。

もし仮に条件を飲んで会社に残留したとしても、そこには悲劇しか待っていませんし、未来というものはこれっぽっちも存在しません。

会社からの引き止めにあうということは、それだけあなたが優秀な証拠でもありますし、他の会社でも十分にやっていく力があると認めらたことになります。

目の前にチャンスがあるのであれば、それを掴んでいく事が大事なんじゃないでしょうか。

客観的な意見を聞いてみるのもありです

もしどうしても自分自身で決断をすることができないのであれば、客観的な意見を第三者に聞いてみるのもおすすめです。

ただ奥さんの意見は絶対に聞いてはいけません。

会社での状況やあなたの気持ちを知らない状況にも関わらず、「今の生活が変わるのはイヤだから残れば?」と軽く言われるだけです。

もちろん会社の同僚なんていうのも論外ですし、どれだけ信頼できてお世話になった上司がいたとしても退職の話は言うものではありません。

意見を聞くのであれば、転職のプロの意見を聞くのが一番です。

現在は無料でできる転職エージェントがたくさんありますし、全て無料で転職に関する相談も可能です。

実際に転職エージェントを利用せずに、相談するだけでも問題ありませんので、そういったプロによる客観的な意見を聞いてみて決断するのもいいでしょう。

 

おすすめできる転職エージェント

以下に僕が実際に利用した転職エージェントを紹介します。

アドバイザーの方も優秀な人が多く、これまでの経験なども多くあるため、きっと参考になる意見がきけるはずです。

登録や相談も無料でできますし、転職サービスを受けなくても全く問題ありませんので、気軽な気持ちで相談の申し込みをするといいと思います。

他にも転職エージェントでは以下のようなサービスも行っています。

  • 履歴書・職務経歴書の作成サポート
  • 面接対策・模擬面接
  • 年収・面接日の調整・交渉

転職支援サービスを受け、企業に応募する際は担当のコンサルタントが推薦状を付けてくれるので書類選考通過率も高く、転職サイト一本で活動している人より一歩も二歩も抜き出る事ができます。

紹介される求人も現在の収入をベースにしているため、大幅な年収アップの可能性も視野にいれる事が可能ですし、こういったサービスを全て完全無料で受けることができ、一切料金がかかるという事はありません。

登録したからといって最終的に転職エージェントから紹介された以外の企業に転職しても全く問題ないですし、利用をしなくても大丈夫です。

その際も料金は一切かかりませんので、安心して利用ができます。

以下が、僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントですので、ぜh登録してください。

 

現在転職エージェントは多数ありますが、登録するべきなのは国内の2大転職エージェントの「リクルートエージェント」と「doda」です。

「リクルートエージェントは」国内最大手の転職エージェントで、非公開求人20万件以上と圧倒的な情報量を誇ります。

年齢層、業界も幅広く、誰にでもおすすめできる転職エージェントです。

 

リクルートエージェントに今すぐ登録する


 国内NO.1転職エージェント!

 

「doda」は業界第2位の転職エージェントで非公開求人も10万件以上と多く、かつサービスにも定評があります。

求人件数、サービスの質のバランスが最も取れた優良転職エージェントです。

 

doda に今すぐ登録する

 業界NO.2のエージェント!サービスに定評

 

「リクルートエージェント」「doda」は一般転職サイトに掲載されていない非公開求人を10万件以上もっており、キャリアアドバイザーの腕も確かですので、ぜひ登録して下さい。

また転職に成功した人は複数の転職エージェントに登録しています。

求人内容は各転職エージェントで異なり、それぞれの独占案件も多いので、複数のエージェントに登録する事が転職の成功の近道です。

また利用の際の気になる点もお伝えします。

 

Q:転職エージェントは本当にお金がかからないの?

A:利用料は完全に無料です! 転職エージェントは企業に人材を転職させる事によって、その人の年収の何割かを成功報酬をしてもらうというビジネスモデルですので、一切お金がかかる事はありません。

 

Q:登録するのが面倒では?

A:各転職エージェントともにすぐに登録ができるように設計がされおり、早ければ5分ほどで登録ができてしまいます。
履歴書や職務経歴書などのファイルがあればアップロードするだけで良いですし、会員登録後に簡単に作れてしまう「レジュメメーカー」を利用する事もできます。

 

Q:紹介してもらえる求人はどんな会社? 本当に大丈夫?

A:転職エージェントを利用する会社は、優良企業以外はありません。
ある程度安定した企業でないと転職エージェントは利用できませんし、また企業との信頼関係も重要となり転職後すぐに退職してしまうような会社や、ブラック企業の紹介はありませんので、安心して大丈夫です。

 

Q:履歴書や職務経歴書の書き方、面接など不安なのですが?

A:転職のプロが、それぞれの企業にあった書類の書き方や、具体的な面接対策をしてくれます。
その他、転職サイトには書かれていないようなコツやテクニックなども聞く事ができます。

 

Q:まだ転職するかどうか悩んでいる段階だけど、相談だけでもいいの?

A:転職をするかどうか悩んでいる方こそ転職エージェントを利用する事をオススメします。
現在の状況やこれまでのキャリアを話して、転職ができるかどうか、またできる場合はどういった企業があるのかを聞いてみて判断しましょう。
それから利用するかどうかを決めてもいいですし、利用しなくても全く問題ありませんので、心配はいりません。

 

転職エージェントは最初に登録をして、面談をすれば、後はあなたに合った求人を紹介してくれます。

本当に転職をしないといけないと思った時は、精神的にも参ってしまって何もやる気が起きない状態になってしまっている場合も多くあります。

どれだけ利用してもお金は一切かからないので、登録して面談だけ受けておけば、いざという時にすぐに行動に移す事ができます。

僕がそうでしたが、気力がなくなってから転職サイトや転職エージェントの登録をするのは結構大変でしたし、年齢が上がれば上がるほど転職は不利になります。

重要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

ぶっちゃけ、転職は希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

ただどんどん採用がされ、募集終了となっていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

迷っていたらいつまでたってもそんな企業には出会えません。

自分自身からそのチャンスを掴みにいった人だけが、理想の仕事に出会って、幸せな未来を実現できるのです。

 

登録は数分しかかからないので、まずは登録して、面談の中でどんな求人が紹介されるのかを実際に見て下さい!

  • 従業員の働きをしっかりと評価してくれる会社
  • 評価制度・昇給制度がしっかりしている会社
  • 働きがいがあり、働きやすい会社

どれも僕が面談の際、紹介された求人情報を見て思った事です。

今あなたが踏み出す事によって、今までとは全く異なる幸せを掴んでいく事ができるはずです!

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

\ 国内NO.1転職エージェント /

リクルートエージェントに登録する

 利用料完全無料!

\ 転職者満足度NO.1 /

doda に登録する

 利用料完全無料!

\ 20代の方はこちらも登録! /

マイナビエージェントに登録する

 利用料完全無料!

 

まとめ:会社の引き止めは絶対に受けてはいけない!

今回は会社からの引き止めにあって悩んだ際の考え方や対処法について解説してきました。

記事の内容からもわかった通り、会社からの引き止め条件は100%あなたを会社に居続けさせるためのエサでしかありません。

そして残留をしてしまうともうそこには暗い未来しか待っていないのです。

もしこれを読んでいる方の中で、まだ退職願を出していない人がいたとしたら、

引き止めをされたとしても揺らぐことがない不退転の決意があるかどうか

この1点を確認してから退職願を提出するようにして下さい。

そしてもし悩み、自分自身の力で解決できないのであれば、転職のプロによる客観的な意見を聞いて、懸命な判断をするようにしていきましょう。

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!