ブラック企業・ブラック上司

ブラック上司の特徴5つと対策方法。やっつけ方はあるの?

世間では働き方改革などと、盛んにいわれてますが、一向にブラック企業は日本にまだ多く存在します。

ブラック企業で多いのが「パワハラ」「セクハラ」「長時間の残業」などを平然と行ってくるブラック上司です。

ブラック上司は従業員を人として扱わず、モノのように扱い、ちょっでも自分が気に入らない事があれば恫喝をしたり、怒鳴ってきたり、机をたたいて相手を威嚇したりしてきます。

そしてそれが続けばうつ病、適応障害などの症状が出たり、肉体的にもストレスによって様々な異変が生じます。

僕の場合はパワハラによるストレスで、顔面痙攣や突発性難聴などが起き、今でもその後遺症が残っています。

だからといって、たとえそうなったとしてもブラック企業・ブラック上司は攻撃の手を弱める事なく攻撃してきます。

ブラック上司というのは、血も心もないモンスターでしかないのです。

「いつか改善されるだろう」

僕もそう思って何年も我慢しましたが、この関係が劇的に改善されるという事はまずありません。

そう、ブラック企業・ブラック上司から抜け出す方法というのは一つしかなく、それは転職をする事しかないのです。

今回はそんなブラック上司の特徴と、ブラック上司に対する最善の対処方法を紹介していきます。

僕が出会ってきたブラック上司の特徴5つ

自分が全て正しいと考え、他者を見下す

本来物事というものは、何が正しいか、何が間違っているかは、多方面からの考察が必要で様々な意見がないと見えてきません。

ですが、ブラック上司は「自分が最も正しく、それ以外の考えは頭が悪い人間の考え」と断定してきます。

まさに「我こそが神」という考えです。

意見が異なるのは当たり前ですが、それを否定し自分の考えに従わない人間を徹底的に攻撃しようとします。

その攻撃は執拗であり、相手が屈服しようとひざまずこうと、それでも止むことはありません。

目の前からその存在が消えるまで永遠に終わらないのです。

感情の起伏が激しい

ブラック上司の特徴として、感情の起伏が激しく、それを自分でコントロールできないという特徴があります。

ちょっとした事や些細な出来事ですぐに激怒したり、怒鳴ってきたりしますし、さっきまで笑っていたのに、急に不機嫌になって怒ってくる事も多々あります。

やっかいなのが、感情をコントロールできないため、怒りが冷めると妙に優しくなったりする所です。

「良かった、反省してくれたんだな。これならもうちょっとここで頑張ろうかな」と思ったのも束の間、また何かのキッカケで怒り始めるのです。

パワハラ上司・ブラック上司で悩んでいるにも関わらずなかなか転職に踏み出せない人でこのようなパターンの人が多くいますが、ブラック上司のパワハラが終わるという事はありません。

今は一時的に感情が収まっているだけなので、注意が必要です。

報連相、情報の共有を強要するが、自分が一番できていない

ブラック上司は、自分が知らない事がある事を極端に嫌い、部下に対して「報連相」「情報の共有」という事をとにかく強要してきます。

ただブラック上司は、情報の共有をしたがらず、自分の考えは部下に言わないし、報告連絡相談、何一つしません。

よくあるのが会議の場で最低限の内容しか部下に伝えず、そして話し方も下手で内容さえもよく分からないといったシーン。

部下が上司に聞くと

「さっき話したやろ!」
「そんなんお前が考えるのが仕事やろ!?」

と言い放って何も教えてくれず、そして自分で考えて結果を提出すると、「俺そんな風にやれって言ってないやろ!?」となるパターン。

ここでブラック上司と部下との間でギャップが生じてしまい、結局「お前が悪い」「何でわからんところは聞いてこんのや?」と支離滅裂な事しか言ってきません。

毎日のように報連相と言われているので、途中経過を報告するものの、「あ?、俺忙しいから自分で考えろよそんなこと」と言われたりします。

結局ブラック上司が報連相や情報の共有ができていないため、部下はそれに振り回されるしかないんです。

こういった上司ははっきり言ってクソです!

自分が悪い事を認めず、逆ギレする

ブラック上司は仕事ができない人間が多いです。

だから人一倍失敗しますし、物忘れもひどいです。

大した仕事もしてないのに、大事なアポとかもすぐに忘れます。

それに自分が間違った選択をしたとしても、平気でそれを部下になすりつけます。

僕が勤めていた会社で新オープンの店舗の案件を任されていた時の話ですが、市場調査等をし設備投資費を算出したのですが、ブラック上司から「この商圏は絶対売れるからもっと経費投入しろよ。そんな事わかるだろ」と言われ経費を2倍以上に増やした事がありました。

しかしオープンしたものの、結果は見込みがハズレて大失敗。

その時、さらに上の上司が経費の件で突っ込んできたのですが、ブラック上司は「こいつの判断が甘かったんですよ。俺は止めといた方が良いと思ったんですが」とその責任を僕になすりつけてきました。

もう「ハァ?」ですよ。

そしてその後、「お前のせいで俺の評価下がったらどうしてくれるんや、あ?」と逆ギレされる始末です。

自分さえ良ければ他人なんかどうでもいいというのが、ブラック上司の性質の一つです。

ささいな事が気になる。自分が嫌わる事に対しては人一倍神経質

ブラック上司はとにかくどんな小さな事でも神経質です。

「アイツにはバレンタインのチョコあげとったけど俺にはくれんかった」
「お茶を出す順番がアイツよりも俺の方が遅かった」
「裏でアイツが俺の事を嫌いと言っとるらしい」

上のようなささいな事に関しても、ブラック上司は人一倍敏感で、神経質です。

ちょっとでも自分が優先されていなかったり、気に入らない事があれば、ひがみ、ねたみ、イライラなどにつながり、最終的に恫喝、怒鳴る、モノに当たる、などの行為に及んできます。

特に「自分が嫌われているんじゃないか?」という事に特に敏感で、少しでもそのような素振りを見せると一気に感情を爆発させてきます。

だから何をするにもブラック上司ファーストにしないといけないですし、ブラック上司に対する悪口を会社で話す事なんてご法度中のご法度。

僕の会社なんてブラック上司の鶴の一声で会社内に監視カメラが設置され、上司のパソコンから全てを監視されるようになりました。

そんな会社で仕事をしていたとしても、生産性はあがりませんし、常にブラック上司の顔色だけをうかがって仕事をするようになってしまいます。

ブラック上司にうまく対応する方法や仕返しする方法はあるのか?

ブラック上司に対応する方法、仕返しする方法もあります。

実際僕が勤めていた会社退職する前は言い返した事もありますし、退職後には残業代請求・パワハラによる慰謝料請求もして数百万円の金額を手に入れる事ができました。

しかし、その結果が出るまでのストレスは相当なもので、円形脱毛症にもなりながら裁判を戦っていきました。

そんな僕が出す結論はは「ブラック上司がいる会社で仕事をして精神的・肉体的苦痛があるのであれば、すぐに転職をするべき」という事です。

ブラック上司と働いていても良いことは何一つありません。

もしあなたがその会社での仕事が楽しくてやりがいがある等、ブラック上司がいても我慢できる位の価値があるのであればその会社で働き続けるのが良いかもしれません。

でもそうでないのなら、何か問題が起きる前に転職活動をしていった方が手遅れにならないと思います。

実際僕は転職した事により、ブラック上司とは別れる事ができ、また残業も少なくなって自分の趣味などもできる時間ができました。

転職は悪いイメージがあるかもしれませんが、実際はそうではありません。

むしろあなたが幸せになるための手段と考えてください。

「転職して後悔しないかな」

そう感じるかもしれませんが、むしろ

「後悔しないために、転職をするんだ」

という気持ちで前に進んでいってほしいと思います。

転職エージェントを活用すればブラック企業・上司と出会う事もありません

ブラック企業・ブラック上司と決別するためには、転職エージェントを利用した転職活動をオススメします。

転職エージェントは完全無料で利用できる転職希望者向けのサービスで、登録をすると面談を行ってくれ、それをもとにしてあなたにふさわしい求人案件を紹介してくれます。

面談でこれまでのキャリアや転職に至った理由なども聞いた上で、それを解決できるに足りる企業を紹介してくれますので、「またブラック企業だったらどうしよう」と思う心配はありません。

転職エージェントは企業から求人依頼を受け、人材を企業に送ることによってその人の年収の何割かを成功報酬としてもらいます。

そのため求職者は無料で全てのサービスを受ける事ができますが、企業と転職エージェントの信頼問題につながりますので、入ってもすぐに辞めるような人は求人の紹介はせず、本当にこの人なら大丈夫という求人しか紹介はしません。

ですので面談の時に、

「ブラック企業から抜け出したい」
「残業のない企業が希望」
「有給休暇がとれる企業で働きたい」
「年間休日が120日以上の会社に入りたい」

など具体的な希望を伝えるようにしましょう。

転職エージェントはそれ意外にも、以下のような転職活動をする上で悩みそうな内容を解決してくれるサービスがあります。

  • 転職相談
  • 履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイス
  • 面接対策、模擬面接
  • 企業への応募代行
  • 面接日程の調整、年収の交渉

企業に応募する際も、推薦状を付けてくれるので、自分で応募するよりも書類選考通過率も高くなりますし、面倒な面接日程調整や、年収交渉など、自分でなかなかやりにくい事もお願いする事ができます。

転職活動の際に面倒くさい、履歴書や職務経歴書の作成のサポートもありますので、自分一人で書類作成するよりも企業が「この人に会ってみたい」と思うようなものが作る事も可能です。

これらの全てのサービスを全て無料で利用できますし、何よりも転職のプロの意見を聞きながら、一緒になって転職先を探していけるので、これ以上に心強いものはありません。

おすすめの転職エージェントはリクルートエージェントとDODA

転職エージェントは大手、中小合わせるとかなりの数がありますが、リクルートエージェントとDODAの2大転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

どちらも一般転職サイトには掲載されていない非公開求人を多数持っており、面談で聞いた内容を元にそこからマッチングする求人を紹介してくれます。

一般サイトだけに登録しているだけでは見ることができない求人が大量にあるのですからそれだけでも転職エージェントに登録する価値はあります。

転職に成功した人のほとんどが3つ以上の転職エージェントに登録していますので、できればどちらも登録しておきましょう。

そして余裕があれば、もう1社特化型の転職エージェントに登録するのがいいと思います。

この2つの転職エージェントは僕が最も利用したエージェントですので、どちらもおすすめできます。

リクルートエージェントのポイントとしては

リクルートエージェント

  • 業界NO.1企業なので、企業からの信頼も厚い
  • 求人数が圧倒的に多く、幅広い業界、年代の求人がある
  • 面接力向上セミナー、模擬面接なども無料で受けられる

特に面接力向上セミナーは本当に役にたちますし、履歴書の志望動機を書くのに役立つ内容も聞けますのでぜひ一度受けてみてほしいです。

DODAも全体求人が多く、エンジニア、IT系にも強いのでそのジャンルを狙っている方にもおすすめです。

特徴としては、以下のような点があげられます。

DODA

  • エンジニア、IT系、メーカーに強い
  • 10万以上の厳選された非公開求人
  • 利用者の満足度NO.1できめこまかいサービスが受けられる

非公開求人は転職エージェントが会社に合いそうな人にしか紹介しないため、競争率が低めなので、一般サイトを使って転職活動をするよりスピーディに転職をすることができます。

転職や、企業について不安な事や分からない事があったら何でも質問や相談をしてみれば、何でも応えてくれるので、ぜひ転職エージェントを活用して、転職成功を実現していきましょう。

>>リクルートエージェント公式サイトで詳細を見る

>>DODA公式サイトで詳細を見る

 

転職が初めてというような場合は、紹介される求人が自分に合っているかどうかわからない…というような人もいますが、応募して、面接してみると、「この会社けっこういいかも!」と思うことがかなりあります。

転職エージェントを利用して転職に成功した人の多くが「踏み出す前は不安だったけど、一歩踏み出してみたら思った以上にスムーズだった」と言います。

きっとあなたも素晴らしい会社に出会えるはずです。

ぜひ転職エージェントに登録して、エージェントさんとと一緒にすばらしい企業と出会っていってください!

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!