退職について

退職前が暇でやることがない!退職日までの過ごし方、耐える方法を紹介

  • 退職前で仕事がない。暇でやることがなくて困っている
  • 引き継ぎも終わって暇すぎる。仕事をサボりたいけどどうなの?
  • 退職日までうまく過ごす方法って何かないの?

こんな質問や悩みにお答えします。

この記事を読めば、退職前でやることがないという時の対応方法が分かるでしょう。

退職前でやることが何もなく困った時の1日の過ごし方、退職日までのスケジュールを具体的に解説しています。

 

やっとのことで退職願が受理されて退職が決まった。

でも、実際のところ退職前というのは、なんとなく居心地が悪いものですよね。

そんな中で引き継ぎも終わって何もする事がないような雰囲気を醸し出していると、

「さっさといなくなってほしーんだけど」

と思われてしまいます。

退職が決まってから退職までの期間はだいたい1ヶ月~2ヶ月程度だと思いますが、退職まで日数が結構残っていたりすると精神的にもかなりきつくなるものです。

そこで今回はそんな時、できるかぎり暇な時間を乗り切って退職日までを過ごしていく方法を解説していきます。

退職前、引き継ぎも終わって「明日から、いったいどうやって時間つぶしをしよう?」なんて考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 

会社を辞めるのは悪いことでも何もありません

会社にもよるかもしれませんが、退職が決まってから最終出社日までの期間というものはかなり気まずい雰囲気が流れる場合が普通ではないでしょうか。

同僚からは裏切り者のような目で見られ、これまで仲が良かった同僚、後輩からも声を掛けられることも少なくなったりと、「オレ何か悪いことでもしたんだろうか?」というような気持ちになってしまったりもするものです。

でも会社を辞めるというのは誰もが持っている権利なのですから、そこに対して負い目を感じる必要は全くありません。

あなたがなぜ会社を辞めようと思ったのかは様々な理由があると思います。

より高みを求めて転職をする方もいるでしょうし、現在の職場での不満や問題を解消するための転職をする方もいるでしょう。

それは会社を辞める人にとっては悪いことではなく、むしろ良いことです。

残っていく人にとっては迷惑行為と感じてしまう事もありますが、その人の事を思って気持ちよく送り出してくれる人こそが本当の意味での仲間ではないでしょうか?

ただ実際残される人たちの気持ちも分からないではありません。

せめて、お互いのわだかまりだけは残らないように、会社を去っていきたいものですね。

 

退職日までやる事がない際の過ごし方を紹介

ただ引き継ぎが終わってしまっている場合、何もせずにボーッとしているような時間帯が多くなってしまうと同僚の反感を買ってしまうというような事が出てきますので、その点は注意をしないといけません。

ここではそんな時の過ごし方を紹介していきます。

毎日のルーティンワークを探す

ここが最も重要なポイントです。

まずは何でもいいので退職日まで毎日行うことができるルーティンワークを見つけるようにしましょう。

これがあるないでは退職日までの心持ちが全く変わってきます。

毎日毎日、

「今日は何をして1日をすごすかな…」

と考えると憂鬱と苦痛しかありませんが、毎日何かしらのやるべき仕事があれば、気持ちも多少は引き締まってきますし、最後まで仕事をやりきったという充足感にも満たされるものです。

  • メールの返信
  • 資料のチェック
  • データ入力

 

何でもいいので、1日の仕事の中で数時間ぐらいかかるような仕事を見つけるところから始めていきましょう。

逆に言ってしまうと、こういったルーティン仕事がないと退職までの期間が相当苦痛になってしまうことが予想されます。

自分のまわりでの仕事がないのであれば、同僚や上司に聞いて、退職日まで継続できる仕事で1日2、3時間ほどかかる仕事がないか聞いて回りましょう。

できれば毎日午前中いっぱいかかる仕事であればベストです。

午前中は他の同僚たちも仕事を多く抱えており、神経がピリピリしていることが多いことが大半。

そんな時に暇そうにしているあなたを見ると、腹が立つのも当然のことです。

午後からは比較的余裕ができる場合もありますので、まずは午前中しっかりと仕事をしているのであれば、そこまで冷たい視線を浴びせられることも少なくなるでしょう。

引き継ぎの資料を作成する

何とか午前中を乗り切ったならば、多少気分も楽になってくるでしょう。

午後からは自分のペースで仕事をしていけば大丈夫です。

まず行うべきは引き継ぎの資料作成です。

口頭での引き継ぎは終わってしまっているかもしれませんが、1回だけの説明だとしっかりと相手が理解してくれていないという場合もあります。

それに引き継ぎは基本的には1対1で行うため、他の同僚にとっては又聞きとなってしまって、間違った内容が引き継ぎされてしまう可能性もあるでしょう。

そういった事を防止することにも繋がりますし、引き継ぎ資料があればそれはそれで残った同僚にとっては助かるものになります。

ただ一気にやってしまってはいけません!

スピーディに行えば短い期間で作成が終わってしまうかもしれませんが、作成資料のボリューム感、そして退職までの残り日数とを比べて毎日少しずつ行うようにしていくようにしてください。

早く作成が終わってしまえば、また翌日からはやることがなくなってしまい苦痛を感じるようになってしまいます。

今日はこの内容とこの内容、明日はあの内容、というような感じでセクション分けをして、そのスケジュールに沿った作成をしていきましょう。

既に退職が決まっているのですが、仕事はゆったりやっても構いません。

スピーディにやってしまうとすぐに終わってしまう可能性もありますので、一つ一つの内容をできる限り詳しく、できれば画像なども挿入して誰でもが分かるような素晴らしい資料作りをしていきましょう。

取引先への挨拶まわり

お世話になった取引先が多いのであれば、挨拶まわりをすることもオススメです。

挨拶まわりをする際のポイントですが、これも1~2日で終わらせようとしないということです。

集中して行えば1日で何社も訪問して数日で終わらせてしまうことができると思いますが、1日に2社程度に留めておきましょう。

会社から取引先に赴く時間、帰社する時間も必要になりますので、こうすることによって多少時間を稼ぐこともできますし、途中で多少の休憩をはさむこともできるかもしれません。

これまでのメールの整理

メールのやりとりが多かった人はメールの整理をするのもいいでしょう。

中にはこれまで一切メールの振り分けや整理をしていなかった人もいるかもしれません。

  • 必要なメールと不要なメールの仕分け
  • メールルールを作成しての自動振り分け
  • 別の社員が使用するのであればメール設定

これだけでもかなりの時間がかかってくるはずですよ。

そしてちょっとだけ、過去の自分の仕事ぶりを思い出したり、取引先、お客さんとのやりとりを思い出したり、思い出にひたったりして、ノスタルジックに時間を過ごしてみましょう。

困っている人がいたら積極的に声がけ

1日の中でなんのトラブルや困り事が出ない会社というのはそれほど多くはありません。

業務中に何らかの問題が発生したりすることもよくある話です。

これまでは自分の仕事が忙しくて無視をしたり、あえて干渉をしてこなかったかもしれませんが、

「うわ、どうしよう!」

「あれ、これどうやるんだったっけ?」

「これ急ぎのやつなんだけどなあ…」

なんていう声が聞こえたら、即座に

「どうしたんですか?」

と声をかけるようにしてみましょう。

どんな些細なことでも大丈夫です。

  • コピー用紙が切れて急ぎで必要になった
  • 社用車にガソリンを入れてこないといけない
  • お客さんの所に急ぎで届けたいものが出てきた
  • インターネットやパソコンの調子がおかしい

 

ある意味、退職が決まった人というのは何でも屋とおなじ立場です。

困っている人を助けるのが何でも屋の仕事。

仕事がなくて暇でやることがない人は、いつ人助けをすればいいんですか?

今でしょ!

という感じで、自ら進んでその役目を買って出てあげてください。

それは感謝される仕事ですし、それなりに時間を費やすこともできますので、ぜひとも積極的に行動するようにしましょう。

資料の整理・廃棄

1日の終業時間が近づいてきたら、これまでに溜まった資料の整理をしてみてはいかがでしょうか?

仕事をしているといらない資料でも「何か役にたつかも?」と思って廃棄せずに残している場合もあったりしますよね。

そういった資料が溜まりに溜まってとんでもない量になっていたなんてこともあります。

あなたが今座っているデスクも退職後は誰か別の社員が使うようになるものです。

その人が気持ちよく使うことができるように、机まわりもできるかぎりスッキリさせておかないといけません。

不要な資料は整理、廃棄して、重要資料はシュレッダーにかけるようにしましょう。

忙しい時間帯にシュレッダーをかけると他の従業員から「うざい!」「うるさい!」と思われたりしますので、忙しくない時間帯にスピーディに行ったり、そこまで重要でない資料であれば手シュレッダーで細かく破って廃棄しましょう。

身の回りの整理は退職日と前日用に残しておく

身の回りの整理整頓などはできれば退職日とその前日用の仕事として残しておくようにしましょう。

先にそれをやってしまうと最終出社日にやることが全くなくなってしまったり、最終日も仕事をしてやりかけで終わってしまうということになったりします。

あくまでも最終日は身の回りの整理、同僚への挨拶、取引先へのメールなどをする日と最初から決めておくといいですよ。

 

最終出社日までのスケジュールを立てて行動しましょう

ここまで紹介した方法で大体の場合は最終出社日までなんとか耐える事ができるんじゃないかと思います。

特に大事なのは、あらかじめ退職日までの計画性を立てて過ごす、ということ。

何も考えずにやってしまうからやることがなくなってしまって、暇になってしまったり、苦痛を感じるようになったりしてしまうんです。

計画性を立てて、今日はここまで、明日はここまで、というようなスケジュール立てをしていけば、そこまで苦痛を感じるということはなくなっていきます。

ぜひ試してみてください。

 

やることが無くてもサボるのはNGです

中にはそれでも「やることがなくてどうしよう!」という方もいらっしゃるかもしれません。

だからといって、サボったり適当に過ごすのはよくありません。

会社や同僚からの反感を買ってしまいますし、勤務態度によっては処分対象となってしまいます。

退職するまでは一従業員なのですから、何らかのペナルティが課される可能性もあるということを考えて行動すべきです。

もし本当にやる事が全くないということであれば、会社に一度相談してみてはいかがでしょうか?

何かしらの仕事を与えられる場合もありますし、中には最終出社日までの間有給休暇の振替を行ってもらえる可能性もあります。

有給休暇を利用できないという場合は無給での欠勤となってしまいますが、自分自身が感じる苦痛のレベルに応じてどちらを選ぶかを決めてもいいかもしれません。

 

まとめ:退職日までの過ごし方、退職まで耐える方法

退職前はどうしても同僚からの視線が気になってしまったり、会社の居心地が悪くなってしまいがちです。

だからと言って、仕事がない状態で暇そうにしていると、さらに同僚の反感を買ってしまうことになってしまいます。

でもやるべき事はそれほどなかったとしても、出来ることは探せばいくらでもあるはずです。

中には納得できない仕事もあったりするかもしれませんが、それは永遠に続くものではありません。

現在の問題を解決するために会社を辞める事を決意したのですから、退職後、転職した後の未来を想像しながら、頑張ってみてはいかがでしょうか?

【ページを閉じる前に】 転職がまだ決まっていないなら

会社を退職する理由は人それぞれ。

会社でのパワハラ、長時間の残業など、その劣悪な労働環境から脱出したいと思って退職に踏み切った人もいるんじゃないかと思います。

中にはまだ転職先が決まっていないという人もいるかもしれません。

幸い転職業界では現在はまだまだ売り手市場で、人手不足という問題は続いています。

ある程度のキャリアがあってまた活躍したい!というような人であれば、転職はそれほど難しいものではありませんのでそんなに心配する必要はありません。

ただ怖いのは転職活動がうまくいかず妥協してしまい、人間関係がギスギスで、労働環境が今よりも悪い「ブラック企業」に転職してしまうことです。

どうやって転職をするかということが大きなポイントになってきますので、慎重な選択が必要になります。

転職に失敗しないためにするためには、転職エージェントを使って転職活動をするのがオススメです。

僕もこれまで何度か転職をしていますが、転職エージェントを活用して行った転職先は待遇もいいですし、何もかも納得できるものでした。

転職エージェントは転職のプロがその人の適正やキャリア、求める条件に最も適した仕事を紹介してくれるサービスで、完全無料で利用することができます。

また転職に至った経緯なども聞いてくれるため、紹介する企業とのミスマッチがありません。

そのため、満足度の高い転職ができるようになっています。

転職エージェントでは定期的に企業訪問もしているため、企業の雰囲気や考え方も熟知しており、その情報ももらえますので、自分に合っているかどうかということが応募前に分かるというのがメリットです。

残業時間がどれくらいか、パワハラなどがあるのかなど、ブラック企業なのかどうかも事前に分かりますし、そもそも転職エージェントに求人の依頼をしている企業でブラックなところはありません。

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しておきます。

どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

リクルートエージェント 国内NO.1エージェント
国内最大手の転職エージェント。非公開求人20万件以上と圧倒的な情報量。年齢層、業界も幅広く、誰にでもおすすめできる転職エージェント

doda 業界NO.2 サービスに定評
業界第2位の転職エージェント。非公開求人も10万件以上と多く、かつサービスにも定評があります。求人件数、サービスの質のバランスが最も取れた優良転職エージェント

マイナビエージェント 20代の方・未経験職におススメ
新卒の就職に強いマイナビが運営する転職エージェント。特に20代の方、未経験職への転職に強い。優良中小企業、トップベンチャーの求人も多く若手のキャリアアップを応援しています。

転職エージェントを使うメリットは以下のように数えきれないほどあります。

転職エージェントを利用するメリット

  1. 利用料は完全無料(企業が成功報酬として負担をしている)
  2. 専任のアドバイザーが適正に合った求人を紹介してくれる
  3. 現在の年収をベースにするため年収アップの可能性が高い
  4. 休日、残業時間、通勤時間など希望の条件で探してくれる
  5. 検索をする手間がなく、時間を有効に使い活動ができる
  6. 履歴書・職務経歴書の作成サポートもしてくれる
  7. アドバイザーの推薦状が付くため、書類選考が通過しやすい
  8. 面接日程の調整、年収交渉なども行ってくれる

 

また転職に成功している人はいくつかの転職エージェントをかけもちしている人がほとんどです。

転職エージェントの実力は一般の転職サイトに掲載されていない「非公開求人」が何件あるか、そしてさらに大事なのがそのエージェントだけに企業が依頼をしている「独占案件」がいくつあるかによります。

この独占案件は各企業がもっとも信頼している一エージェントにしか出していない求人のため、条件がとてもいいです。

この独占案件の数が多ければ多いほど転職の成功にもつながりますので、余裕がある分だけは登録しておきたいです。

転職が初めての人は不安な点もあると思いますが、心配する事はありません。

転職エージェントは転職のプロですのでしっかりとあなたをサポートしてくれますし、今のあなたのキャリアで転職が成功するかどうかの判断もしてくれますので、成功する事はあっても失敗する事はありません。

転職に必要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

これには運やタイミングもありますので、そういった機会を逃さないように複数の転職エージェントに登録だけでもしておくのがいいですよ。

ぶっちゃけ転職は、希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

20万件の求人があれば、何件かあなたにぴったりマッチする会社もあるはずです。

ただどんどん採用がされ、募集終了となっていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

登録して、一回面談すれば後はアドバイザーの方があなたに最適な仕事を紹介してくれます。

どうするか迷っているのであれば、登録して、面談の場で紹介求人を見て決めて下さい。

  • 自分の働きをしっかりと評価してくれる会社
  • 今の会社とは比べ物にならない位、労働環境が整った会社
  • 人間関係が良く、ストレスフリーの会社

面談の場では、こんな求人紹介が一つのエージェントで10件以上紹介されます。

そしてそれはアドバイザーが転職できる可能性がある思って紹介してくれている企業なのです。

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

\ 国内NO.1転職エージェント /

リクルートエージェントに登録する

 利用料完全無料!

\ 転職者満足度NO.1 /

doda に登録する

 利用料完全無料!

\ 20代・30代に強い /

マイナビエージェントに登録する

 利用料完全無料!

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!