仕事の悩み

仕事に行きたくない、家にいたいと苦しい時に。うつ病になる前にまず考えるポイント

「朝が来て、会社に行くのが怖い」
「いっその事、会社に行かずに家にいようか…」
「会社に行くのがどうしてこんなにつらいんだろう…」

という悩みをかかえながら毎日朝を迎えて、会社に行きたくないにも関わらず、仕方なく会社に行く準備をしている人も多いと思います。

「会社に行っても今日もパワハラを受け、ノルマの達成度を追求されるだけ…」
「今日も仕事ができず周りの人に迷惑をかけて、陰で悪口を言われるんだろうな…」

そんな事を考えるだけで、憂鬱になっちゃいますよね。

僕も同じような思いを何年間もいただきながら会社に通ってました。

毎日毎日会社についた途端にお腹が痛くなって、毎朝の日課がトイレに行くことになってた時期もありますが、本当に毎日毎日が地獄のようで、拷問のようでした。

会社に行きたくなく、家にいたいと思って、ギリギリまで家を出る時間を遅らせていました。

この記事を読まれている方の中にも同じような経験をしている方もいるんじゃないかと思います。

今回は仕事に行きたくない、このまま家にいたいと思った時に、自分自身をチェックするべきポイントを話していきたいと思います。

仕事で悩んでいる皆さんへ

会社や仕事の悩みがある方は悩みが小さい内に摘み取っておく事をオススメします。
僕がそうでしたが、人間は限界が来ると何に対してもやる気をなくしてしまい、行動ができなくなります。

そうなる前にリスクマネジメントとして、プロのキャリアアドバイザーに相談をしておきましょう。

リクルートエージェントに相談する

 

「仕事行きたくない」「会社行きたくない」という事は誰もが思うこと

「仕事に行きたくない」と考える人は結構多いですよね。

学生だった頃はこんな考えが出てくる事自体なかったのに、社会人になったら急に「仕事に行きたくない」とか「会社に行きたくない」とか思いはじめて、「なんか病気なんじゃない、私?」などと思ったりする事もあるかもしれません。

安心してください。

本国民のほとんどの働く人が「会社に行きたくない」って思ってます。

「毎朝、会社行きたくないよなー」

って言えば、

「オレもオレも」「えー、やっぱりー?私も私も!」

なんて言われますよ。

あまり口にしないかもしれませんが、誰もが会社に行くのは嫌ですし、できれば家で好きなことをして過ごしていたいですよね。

でもそれだと生活していくことができないから、仕方なく会社に行って仕事をしてお給料をもらわないといけない訳です。

ここまでの話で「やっぱりそうだよねー。みんな同じ事思ってるよねー」と言えるのであれば、全く問題ありません。

そんな方は会社に行けばそれなりに楽しく仕事をして、それなりにやっていけると思います。

でも中には、そんな言葉では片付けられないくらいに悩んでる人がいるんです。

判断基準は会社に行っても苦しいかどうか

「会社に行きたくない」「家にいたい」というのには2つのタイプあって、

  • まだ大したことない人
  • 早く対処しないと大変な事になる人

この2つに分けられます。

これを明確に分ける基準は、「会社に実際に行った時にどう感じるか?」です。

実際に会社にいけばなんとか一日を過ごせるような場合は、特に問題がないというか、ある意味普通です。

そういった方の中には

  • 仕事いかずにゲームやりてー
  • 昨日夜ふかししたからもっと寝てたい
  • 週末遊びすぎて仕事モードにならない
  • スーツ着るのがめんどくせー

 

という理由で会社に行きたくないとか、家にいたいとか思う人も多いんじゃないかと思います。

問題なのは、会社に行っても一日中、苦しい思いをしながら仕事をしている人たちです。

そういった方は、早めの対処をしないと手遅れになってしまう場合もあります。

大事なのは悩みのレベル。泣く、腹痛などの身体的症状が出ている人は注意

本当に「会社に行かずに家にいたい!」と切実に悩んでる人というのは、「オレもオレもー」「私もよー」なんて言われると、

「アンタたちにこの苦しみが分かるんか???」

って思います。

  • 毎日、朝起きて会社に行く段階になると涙が出てきてとまらない
  • 毎朝、会社に行こうとすると、急にお腹が痛くなる
  • 会社の事を思い出した瞬間に頭痛がする

 

こんな身体的な症状が出てきた場合は危険信号と思ってください。

ぶっちゃけ僕も苦しかった時に周りの人に相談した事ありますけど、「みんなそうだよねー」、「大変だけどやるしかないよねー」とか言われるだけです。

そんな言葉で解決できるような悩みでもないし、結局、誰に相談しても「こいつに言っても仕方がないな」というような考えになってしまって、結果誰にも相談することもできずに、どんどんと1人の世界に入っていってしまいます。

しかも1人で考えると、悪い方向にしかその考えは進まないので、さらに自分1人で悩んで、生きていることさえ苦しくなってきます。

「明日の朝起きたら、どこか別の世界の誰かになっているといいなー」とか、「明日の朝に電話がかかってきて、上司が交通事故で死んだって連絡が入るといいのに」とか、「永遠に目が覚めなければいいのに」とか真剣に思うようになります。

まずこんな妄想をするようになった人はアウトです。

そんな場合は相当心が傷ついてますし、早くしないと手遅れになる場合もありますよ。

会社に行っても家にいても苦しいだけならもう限界に近い。抑え込んだらだめ

会社に行って苦しいという事はその会社や仕事と自分の間に何らかの問題がある場合がほとんどです。

  • 仕事ができない
  • 仕事をしてもミスばかり
  • 周りと比較されてできないレッテルを貼られる
  • 上司のパワハラ・モラハラが苦しい、耐えられない
  • 過剰なノルマに耐えられない

 

その人その人でいろんな立場があると思います。

その原因を解決できない限り、いつまでも同じ事で悩むことになってしまいます。

それが朝だけ、会社に行った時だけならまだいいですが、怖いのは最終的には一日中その苦しみと戦っていかないといけなくなる事です。

朝も、通勤時間も、会社にいるときも、会社から帰ってきても、休日も会社や仕事のことで悩んでいないといけなくなります。

僕も会社や仕事で悩んでいた時期が長かったですが、末期ではお正月でさえも会社や仕事が辛くて、紅白歌合戦を見ても、年末年始のお笑い番組を見ても一切笑えない時期がありました。

「あーあ、新年になっちゃった。またすぐに仕事にいかないといけないな…」

なんていう憂鬱な思いしかありませんでした。

その原因は何? 仕事ができないのが苦しい? パワハラが苦しい?

ではそのような悩みを持った時に、どうやって対処していったら良いでしょうか?

ただ、そのような状況に陥ってしまうということはそうなった何らかの原因があるはずです。

それが何かをまずはっきりさせる事が大事です。

  • 仕事ができなくて苦しい
  • 仕事が自分に合わなくて苦しい
  • 毎日のパワハラが苦しい

 

その原因をまずはっきりさせることです。

そしてその原因に対して、ひとつずつどうしてなのかという事が突き止めていきましょう。

例えば、仕事ができなくて苦しいという場合なら、

なぜ仕事ができないのか?

経験したことのない仕事を任されている

わからない事が多すぎて、前に進まない

誰かに聞こうにも忙しくて声をかけられない

結果仕事ができずに、叱られる

などとその原因を解明していくと、自分に問題がある場合もあったり、周囲に問題があったり、もしくは双方に問題があったりします。

まずその問題を解決できる方法がないのか、誰かに相談できる事はないのか、という事を考えてみるといいと思います。

難しいとは思いますが、ひとつひとつ、会社に行きたくないという悩みの原因を取り除いていくという努力をする事によって問題が解決する方向に向かう可能性もあります。

どうしても取り除けない原因がある際の対処法

ただ自分がどれだけ努力しても、自分自身の考え方や行動だけでは解決できない事も多くあります。

どちらかというと、自分自身で解決できない場合の方が多いかもしれません。

それでも頑張ろうとしてしまうと、体調もそうですし、心も破壊されてしまう可能性もあります。

もしそこまで苦しみが達しているのであれば、以下のような方向性も考えてみましょう。

  • 部署異動
  • 休職をして転職活動
  • 退職をして転職活動
  • 働きながら転職活動

 

最も良いのは同じ職場で部署異動をしてもらう事だと思います。

周りの人や上司が変わっただけで、今の苦しみから解放されるというケースも少なくありません。

ただし、

小さな会社や部署異動をしたとしても同じような苦しみが予想されるのであれば、転職を考えてみるのが一番いいと思います。

このまま行くと将来どうなるかを考えよう

中には部署を変えてもらう、職場を変わるという事に抵抗感を感じたり、それさえも難しいと思う方もいるかもしれません。

確かにそうだと思います。

人間誰しも新しい環境でリスタートしようとすると、それに対する恐怖や不安なども出てくると思います。

そんな時に考えてほしいのは、今の会社に残った場合、将来自分自身がどうなっているかです。

今の状況を理解しているあなたであれば、1年後、3年後の自分自身の姿をイメージするのもそんなに難しい事じゃないと思います。

そのイメージした姿というのは、間違いなく1年後、3年後に現実となってあなたを襲っていきます。

もしイメージの中でうつ病になっている自分がイメージされた場合は、真剣にその環境を変えていく決断をして行動をしていって下さい。

実際にうつ病になってしまった時の絶望感、恐怖心に比べたら、今一歩踏み出すぐらいの不安はどうってことありません!

ぶっちゃけ言ってしまうと、仕事なんて自分と合うかどうかだけの問題なんですよね。

合わない仕事も結構あるかもしれないですけど、その人の性格や適正に合った仕事だって沢山あるのでそういった仕事に出会う事ができれば、今の苦しみから永遠に解放されていきます。

一度、自分自身の行動によって環境を変える事ができたという経験さえできれば、今後また似たような環境になったとしても、何とかなるという自信はもてるはずです。

一回しかない人生です。

どうせ生きるなら苦しみながら働いて生きるよりも、自分に合った仕事をしていく方がよくないですか?

転職のプロのアドバイスを受け、自分にふさわしい仕事に出会いましょう

もし転職を考えるという事であれば、転職エージェントを利用して行うのがいいでしょう。

転職エージェントは「転職のプロ」のアドバイザーが相談にのってくれ、これまでの経験、キャリアに合った企業や仕事を紹介してくれるというサービスです。

何よりもその人が最も転職で実現したい事が何かをしっかりと受け止めてくれて、それを実現していける企業を紹介してくれるので、転職に失敗するという事もありません。

転職エージェントは、企業に人材を入社させることによって、その年収の何割かを成功報酬としてもらうというビジネスモデルですので、求職活動者の利用料は完全無料になります。

経済的な負担は完全にゼロでし、求職者のこれまでの経験や、その人がどんな強みや弱みを持っているかも踏まえて、企業の紹介をしてくれますので、安心して頼っていけばいいですよ。

以下に僕が利用して自信をもっておススメできる転職エージェントを紹介しておきます。

どのエージェントも僕が利用したことのある大手の転職エージェントなので安心して利用ができますよ。

国内NO.1エージェント
リクルートエージェント
国内最大手の転職エージェント。非公開求人20万件以上と圧倒的な情報量。年齢層、業界も幅広く、誰にでもおすすめできる転職エージェント

業界NO.2 サービスに定評
doda
業界第2位の転職エージェント。非公開求人も10万件以上と多く、かつサービスにも定評があります。求人件数、サービスの質のバランスが最も取れた優良転職エージェント

20代の方・未経験職におススメ
マイナビエージェント
新卒の就職に強いマイナビが運営する転職エージェント。特に20代の方、未経験職への転職に強い。優良中小企業、トップベンチャーの求人も多く若手のキャリアアップを応援しています。

転職エージェントを使うメリットは以下のように数えきれないほどあります。

転職エージェントを利用するメリット

  1. 利用料は完全無料(企業が成功報酬として負担をしている)
  2. 専任のアドバイザーが適正に合った求人を紹介してくれる
  3. 現在の年収をベースにするため年収アップの可能性が高い
  4. 休日、残業時間、通勤時間など希望の条件で探してくれる
  5. 検索をする手間がなく、時間を有効に使い活動ができる
  6. 履歴書・職務経歴書の作成サポートもしてくれる
  7. アドバイザーの推薦状が付くため、書類選考が通過しやすい
  8. 面接日程の調整、年収交渉なども行ってくれる

「転職は絶対に失敗したくない!」

そう思っている方こそ転職エージェントに登録するべきです。

また転職に成功している人はいくつかの転職エージェントをかけもちしている人がほとんどです。

転職エージェントの実力は一般の転職サイトに掲載されていない「非公開求人」が何件あるか、そしてさらに大事なのがそのエージェントだけに企業が依頼をしている「独占案件」がいくつあるかによります。

この独占案件は各企業がもっとも信頼している一エージェントにしか出していない求人のため、条件がとてもいいです。

この独占案件の数が多ければ多いほど転職の成功にもつながりますので、余裕がある分だけは登録しておきたいです。

転職が初めての人は不安な点もあると思いますが、心配する事はありません。

転職エージェントは転職のプロですのでしっかりとあなたをサポートしてくれますし、今のあなたのキャリアで転職が成功するかどうかの判断もしてくれますので、成功する事はあっても失敗する事はありません。

転職に必要なのはとにかく「良い求人と出会う」事です。

これには運やタイミングもありますので、そういった機会を逃さないように登録だけでもしておくのがいいですよ。

正直なところ転職は年をとればとるほど面倒になってきますし、転職するなら若ければ若い方が有利になります。

特に25歳、30歳、35歳などの区切りの年齢は、その1歳で大きい差が出てきますし、35歳以上の方は1歳ごとに転職が難しくなります。

悩んで歳を取るくらいなら、1歳でも若いうちに動いた方がいいですよ。

ぶっちゃけ転職は、希望の企業に出会う事ができるかどうか、その運を掴んでいけるかどうかで決まります。

20万件の求人があれば、何件かあなたにぴったりマッチする会社もあるはずです。

ただどんどん採用がされ、募集終了となってていくため、その会社に出会えるかどうかが勝負になりますので今すぐ動いた方がいいですよ。

登録して、一回面談すれば後はアドバイザーの方があなたに最適な仕事を紹介してくれます。

どうするか迷っているのであれば、登録して、面談の場で紹介求人を見て決めて下さい。

・これまでよりも50万円、100万円年収アップする企業
・今の会社とは比べ物にならない位、労働環境が整った会社
・本当にやりたかった仕事で、未経験OKと言ってくれる企業

面談の場では、こんな求人紹介が10件以上紹介されます。

そしてそれはアドバイザーが転職できる可能性がある思って紹介してくれている企業なのです。

登録自体は5分もあればできてしまうのですから、まずは登録して、紹介求人を見て下さい。

それから本格的に転職活動をするかどうかを決める事もできます。

この5分で自分自身の将来が決まると思ってぜひアクションを起こして下さい!

 国内NO.1転職エージェント
利用料完全無料

転職者満足度NO.1
利用料完全無料

20代・30代に強い
利用料完全無料

まとめ:家にいたい、会社に行きたくないと悩む人が苦しみから解放されるように

家にいたい、会社に行きたくない、という悩みを抱える人は、誰かに相談すると、辞めるのはもったいないとか、辞めるのは甘えとか、辞めるのは逃げとか、言うかもしれません。
そういった事を言う人はそこまで悩んだ事がない人なんだと思います。
当事者にとっては「人間らしく生きていけるかどうか」というくらいに苦しんでいるという事が理解できないんだと思います。

でも、

逃げで良いと思います。
甘えていいと思います。

もしこのまま悩み苦しんで、適応障害やうつ病になってしまったら、よりその苦しみは深くなっていってしまいます。
仕事をする事自体も難しくなってきますし、社会復帰するまでには相当の時間がかかってきます。

そうなるのであれば、自分自信の将来を考えて、今何をするべきかという事を考えるのが大事になるんじゃないでしょうか。

この記事を読まれた方が少しでも今の悩みから解放されて、本来の自分自身の姿を取り戻してくれたら嬉しいです。

 

副業でお金を稼げれば本来の自分自身に出会える

Fラン文系私大卒業、何の資格も持っていなかった僕が、転職をきっかけに副業を始め1年1ヶ月後に副業月収10万円の副収入を得ることができました!

副業開始後1年間は全く収益が出なかった僕でしたが、あるきっかけで収益が出始めて、その後半年で副業収入30万円を達成しました。

会社の人間関係で悩んでいた時期もありましたが、今ではお互いわかりあえる仲間と一緒に楽しく生活しています。

 

またそれによって、本来の自分自身を見つけることができたのも大きかったこと!

人に気を使うこともなく、自分らしく生きていけることがこんなに楽だということを実感しています。

過去の僕は自分に自信がなく、なんの取り柄もありませんでした。

 

でもそんな僕でも、きっかけさえあれば変わることができるということを実感することができています。

僕と同じ様に仕事や人間関係で悩んでいる人が、人生を変えられるようにと思って、この記事を書いてみました。

 

お金を稼ぐ上で一番大事なものは何か?

そして僕がどんな副業をしているか?

具体的にどうやって稼いでいくのか?

 

そんなことを下のページにまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

副業で10万円稼いだら
\ 人生変わった話 /

6桁稼げるノウハウをプレゼント!